« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月の4件の記事

2015年1月26日 (月)

世界で羽ばたけ!桜の戦士たち!2014-2015 vol.18

 

セレッソ大阪から、海外のクラブへ移籍した、香川真司選手、乾貴士選手、清武弘嗣選手、キムボギョン選手、荻野賢次郎選手、茂庭照幸選手、丸岡満選手、多田大介選手、柿谷曜一朗選手、南野拓実選手。

当シリーズでは、彼らの活躍を願って、試合出場をはじめとするニュースを、概ね1週間ごとに取り上げています。

今回は、アジアカップ出場の日本代表、茂庭選手、キムボギョン選手の契約を中心に書いていきます。

 

《香川真司選手(ドイツ ボルシア・ドルトムント)》

   ※香川選手のオフィシャルサイトはこちら。ツイッターはこちら

日本代表は、1月16日、アジアカップのグループリーグ第2戦・イラク代表と対戦し、1-0で勝利、香川選手は、スタメンフル出場。

1月20日、グループリーグ第3戦・ヨルダン代表と対戦し、2-0で勝利、香川選手は、スタメンフル出場。

1月23日、決勝トーナメント準々決勝でUAE代表と対戦し、1-1(PK4-5)で敗戦、香川選手は、スタメンフル出場。

アジアカップ4試合すべてでフル出場し、1ゴール・2アシストでした。

 

しかし、メディアもネット上も、香川選手に辛らつなものが続々ですね(苦笑)。

日本の10番を背負う選手の宿命であり、決定機をことごとく外したという点においては批判されても仕方ないところではあります。

でも、香川選手の動きそのものは、決して悪くはなかったと思いますけどね~、でも非難している彼らは、パレスチナ戦での活躍とか、もう忘れたんでしょうね~、なんせ、2週間も前ですから忘れたんでしょうね~(嫌味)。

特に、「サッカー」とか「フットボール」という名前を付けているメディアは、刹那主義が色濃いスポーツ紙と違う専門的な観点から書くべきです。

ゴールももちろん大事ですけど、それだけではないトータルのプレーとしてどうだったのか、というのも含めてフラットな目線で、我々素人に伝えてもらいたいですね。

とりわけ、僕は、前々から、フットボールチャンネルのセレッソ関連記事については、非常にムカついております(怒)。

あと、セレッソに戻れ的なのもよくツイートされてますけど、まだマンチェスターUに居たら僕もそうかなと思いますけど、ドルトムントだから大丈夫だと思いますよ。

ともかく、香川選手には、2年続きのこの悔しさを晴らすためにも、シュートに関するいろんな技術、イメージをもう1度見つめ直して、力を磨き上げていってもらいたいです。

気にし過ぎるな!!!がんばれ、シンジ!!!

 

香川選手は、オーストラリアからドイツへ。

まずは、ドルトムントのブンデスリーガ残留のため、そして、チャンピオンズリーグでも頑張ってもらいたいです。

 

ボルシア・ドルトムントは、ブンデスリーガで、17試合を終えて、4勝3分け10敗で勝ち点15で、順位は17位となり、またも自動降格圏に転落。

ブンデスリーガはウインターブレイク中で、ドルトムントの再開初戦は1月31日となります。

 

 〔香川選手の今季出場状況〕

  《ドイツ》
  ○ リーグ戦12試合(スタメン出場9試合・フル出場3試合)、1ゴール・0アシスト
  ○ カップ戦1試合(スタメン出場1試合・フル出場0試合)、1ゴール・1アシスト
  ○ チャンピオンズリーグ5試合(スタメン出場4試合・フル出場1試合)、0ゴール・2アシスト

  《イングランド》
  ○ リーグ戦0試合(スタメン出場0試合・フル出場0試合)
  ○ リーグカップ戦1試合(スタメン出場1試合・フル出場0試合)

 

 

《乾貴士選手(ドイツ フランクフルト)》

   ※乾選手のオフィシャルブログはこちら。ツイッターはこちら

 

グループリーグ第2戦・イラク代表戦では、スタメン出場し、後半18分に交代。

グループリーグ第3戦・ヨルダン代表戦では、スタメン出場し、後半6分に交代。

決勝トーナメント準々決勝・UAE代表戦では、スタメン出場し、前半終了後交代。

アジアカップ4試合すべてスタメン出場、ゴール・アシストはなし。

乾選手は、グループリーグ3試合では、ゴールにつながるスルーパスを供給するなど、随所で効果的なプレーを見せてくれました。

それだけにUAE戦はもっとできたと思いますし、特に、前半立て続けに訪れたチャンスで決めてほしかったです。

今回のアジアカップで存在感を発揮した乾選手には、代表でもスタメンの座をがっちりキープできるよう、これからも頑張ってもらいたいです。

 

乾選手は、オーストラリアから日本に帰国。

フランクフルトから数日間の休暇が与えられているということで、まずはリフレッシュして、再開後のブンデスリーガで、さらなる活躍を期待しています。

 

フランクフルトは、ブンデスリーガで、17試合を終えて、6勝5分け6敗で勝ち点23、順位は9位。

ウインターブレイク後の再開初戦は、1月31日となります。

 

 〔乾選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦15試合(スタメン出場14試合・フル出場7試合)、1ゴール・2アシスト
  ○ カップ戦2試合(スタメン出場1試合・フル出場0試合)、0ゴール・1アシスト

 

 

《清武弘嗣選手(ドイツ ハノーファー)》

   ※清武選手のオフィシャルブログはこちら

 

グループリーグ第2戦・イラク代表戦では、後半18分から出場。

グループリーグ第3戦・ヨルダン代表戦では、後半6分から出場。

決勝トーナメント準々決勝・UAE代表戦では、出場なし。

アジアカップ3試合はすべて後半から出場、ゴール・アシストはなし。

ヨルダン戦でのゴールにつながるパスは、清武選手らしさが見られましたが、シュートチャンスに決められず、パスもイマイチ息が合わなかったのか、決定的な仕事はあまり見られず。

ハノーファーでの好調さからして、代表でも大いに期待していただけにちょっと残念でしたが、次は、もっとゴールに絡むプレーを見せてくれることを期待しています。

 

清武選手は、オーストラリアから一旦日本に帰国し、ドイツへ。

再開後のブンデスリーガで、ゴール&アシストをどんどん決めてもらいたいです。 

 

ハノーファーは、ブンデスリーガで、17試合を終えて、7勝3分け7敗で勝ち点24、順位は8位。

ウインターブレイク後の再開初戦は、1月31日となります。

 

 〔清武選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦17試合(スタメン出場16試合・フル出場6試合)、3ゴール・3アシスト
  ○ カップ戦1試合(スタメン出場1試合・フル出場1試合)、0ゴール・0アシスト

 

 

《キムボギョン選手(イングランド カーディフ・シティFC→退団)》

   ※キムボギョン選手のツイッターはこちら

1月17日のフットボールリーグ・チャンピオンシップ第26節、ノリッチ・シティと対戦し、2-3で敗戦。

1月20日のフットボールリーグ・チャンピオンシップ第27節、ミドルズブラと対戦し、1-2で敗戦。

キムボギョン選手は、両試合ともベンチ外。

カーディフ・シティは、リーグ戦25試合を終えて、9勝7分け11敗の勝ち点34、順位は13位。

 

1月24日のFAカップ4回戦、リーディングと対戦し、1-2で敗戦。

キムボギョン選手は、ベンチ外。

 

カーディフ・シティは、キムボギョン選手との契約について双方合意のもと解消した、と発表しました。

   ○ カーディフ・シティ公式サイト (2015年1月25日)

   ○ サッカーキング (2015年1月25日)

キムボギョン選手は、2012年7月、セレッソから、イングランドのフットボールリーグ・チャンピオンシップ(2部)所属、カーディフ・シティに移籍し、約半世紀ぶりとなるプレミアリーグ昇格に貢献。

2013-2014シーズンは、プレミアリーグで28試合に出場しましたが、チームは1年で降格。

2部に降格した今シーズンは、出場機会がほとんど得られない状況となっていました。

おそらく、まずは、ヨーロッパでの移籍を模索すると思われます。

セレッソに復帰してほしいと思いつつ、現在は外国人選手枠が埋まっているので、例えば、セレッソが契約して他クラブへ期限付き移籍とか、無理ですかね~。

ボギョン選手が移籍する前、南津守で行われた壮行セレモニーに参加した僕にとっては、思い入れの深い選手の1人。

新しい所属チームが早く決まることを願っています。

 

 〔キムボギョン選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦2試合(スタメン出場2試合・フル出場1試合)、0ゴール・0アシスト
  ○ カップ戦3試合(スタメン出場3試合・フル出場0試合)、0ゴール・0アシスト
  ○ FAカップ0試合

 

 

《荻野賢次郎選手(シンガポール アルビレックス新潟シンガポール)》

   ※荻野選手のツイッターはこちら

荻野選手は、2015年、アルビレックス新潟シンガポールで3年目のシーズンを迎えます。

2015年Sリーグの試合日程が発表。

アルビレックス新潟Sの開幕戦は、3月2日となっています。

荻野選手には、開幕に照準を合わせ、年間通じて正GKの座をがっちりキープできるよう頑張ってもらいたいです。

 

 

《茂庭照幸選手(タイ バンコク・グラスFC→セレッソ大阪)》

皆さんも既にご承知のとおり、茂庭選手が、2年ぶりにセレッソ復帰!

セレッソ大阪公式フェイスブックには、茂庭選手からの力強いメッセージが動画でアップされています。

セレッソサポーターとしては、心強い限りですね。

茂庭選手には、守備の建て直しやチームの引き締めなど、セレッソのJ1復帰のため、ぜひとも頑張ってもらいたいです。

 

 

《丸岡満選手(ドイツ ボルシア・ドルトムント)》

   ※丸岡選手のツイッターはこちら

丸岡選手のツイッターによると、リーグ戦再開に向けて、トレーニング。

合宿は、トルコに移動して実施。

丸岡選手には、ウインターブレイク再開後に向けて、これまでのセカンドチーム、U19ではもちろんのこと、トップチーム出場も目指して、ぜひとも頑張ってもらいたいです。

そして、僕の希望としては、期限付き移籍の期間が終わる今年夏には、一旦セレッソに戻ってきて、J1復帰のために一緒に戦ってほしいですね。 

 

ボルシア・ドルトムントⅡは、ブンデスリーガ3部で、21試合を終えて、4勝9分け8敗で勝ち点21、順位は16位。

ブンデスリーガ3部は、第22節の状況にもよりますが1月31日から再開、また、U19ブンデスリーガは、2月8日から再開となります。

 

 〔丸岡選手の今季出場状況〕

  ○ ブンデスリーガ・リーグ戦1試合(スタメン出場0試合・フル出場0試合)、0ゴール・0アシスト
  ○ ブンデスリーガ3部・リーグ戦7試合(スタメン出場4試合・フル出場2試合)、1ゴール
  ○ U19ブンデスリーガ・リーグ戦6試合(スタメン出場6試合・フル出場4試合)、2ゴール
  ○ UEFAユースリーグ2試合(スタメン出場2試合・フル出場1試合)、1ゴール

 

 

《多田大介選手(タイ シラチャFC)》

多田選手は、タイ・シラチャ、パタヤを拠点とするサッカースクール「Cilie Sports Club」の代表としても活動中。

今年も、選手とサッカースクールの双方で、タイサッカーのために頑張ってもらいたいです。

 

 〔多田選手の関連記事〕

  〇 SAMURAI×TPL オフィシャルウェブ

 

 

《柿谷曜一朗選手(スイス FCバーゼル)》

   ※柿谷選手のオフィシャルサイトはこちら。ツイッターはこちら

柿谷選手のツイッターによると、スイスと合宿地のスペインで、トレーニング。

バーゼルの公式サイトを見ると、1月10日から24日までの間に、トレーニングマッチが5試合行われており、16日のデュッセルドルフ戦ではゴールを挙げています。

その日のミーティング風景、そして、いかにも曜一朗らしいゴールシーンは、バーセル公式サイトのこちら

スペイン合宿でのトレーニング、柿谷選手へのインタビューは、同じく、こちら

これらを見ると、ますます、曜一朗、がんばれ!って思いますね。

 

柿谷選手には、まずは、バーゼルで結果を。

リーグ戦、カップ戦、チャンピオンズリーグでのゴールを期待しています。

そして、アジアカップで選出されなかった日本代表に復帰できるよう頑張ってもらいたいです。

 

バーゼルは、スイス・スーパーリーグで、18試合を終えて、13勝2分け3敗の勝ち点41で、現在首位となっています。

スイス・スーパーリーグは、ウインターブレイク中で、バーゼルの再開初戦は2月8日となっています。

 

 〔柿谷選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦9試合(スタメン出場4試合・フル出場1試合)、2ゴール・1アシスト
  ○ カップ戦2試合(スタメン出場2試合・フル出場0試合)、1ゴール・2アシスト
  ○ チャンピオンズリーグ2試合(スタメン出場0試合・フル出場0試合)、0ゴール・0アシスト

 

 

《南野拓実選手(オーストリア ザルツブルク)》

   ※南野選手のツイッターはこちら

SOCCER DIGEST Webでは、ザルツブルクでのトレーニングの様子が掲載されています。

   ○ SOCCER DIGEST Web (2015年1月25日)

そして、練習試合では、1月17日、24日と2試合連続ゴール。

   ○ サッカーキング (2015年1月18日)
   ○ サッカーキング (2015年1月25日)

ザルツブルグのチームの決め事、戦術など、理解していかねばならないことはたくさんあるでしょう。

シーズンが始まって数ケ月経ったチームに途中で入る、しかも、海外で、というのは、もちろん南野選手にとっては初体験であり、相当難しい面もあるでしょう。

ただ、ウインターブレイク期間のあるリーグのチームというのは、リーグ戦を戦っている最中のリーグより、良かったかもしれませんね。

オーストリアのリーグは、再開までまだ3週間近くあります。

南野選手には、この期間で、新たな環境に慣れるとともに、自分を理解してもらい相手を理解して、早く監督やチームメイトに認められるよう頑張ってもらいたいです。

拓実の事は、他の選手と違って、いろんな面で心配していますので(笑)。

 

ザルツブルクは、オーストリア・ブンデスリーガで、19試合を終えて、12勝2分け5敗で勝ち点38、現在首位。

現在ウインターブレイク中で、再開初戦は2月15日となっています。

 

 〔南野選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦 試合(スタメン出場 試合・フル出場 試合)、 ゴール・ アシスト

 

2015年1月23日 (金)

「セレッソ大阪LAB(ラボ)」、2015年1月21日開設。

 

セレッソ大阪スポーツクラブは、「セレッソ大阪LAB(ラボ)」を1月21日から開設しました。(セレッソ大阪オフィシャルサイトのリリースはこちら。)

「セレッソ大阪LAB(ラボ)」は、セレッソ大阪のトップチーム、アカデミーで指導しているスタッフが、会員個々に応じ、健康やコンディショニングの向上をサポートするもの。

プログラム内容は、「アスリートサポート」、「ケアサポート」、「リカバリーサポート」、「コンディショニングサポート」の4種類。

年会費は セレッソ大阪スポーツクラブ会員(アカデミー在籍選手、サッカースクール(子ども・大人)、ランニングクラブ、ヘルスケアサポート各種会員)は無料、LAB会員は2000円(税込、事務手数料含む)。

各種料金は、60分6000円から。

利用は、完全予約制(要電話予約<06-6464-1135>)。

受付時間は、月~金が13~20時、土が9~17時。(定休日:日祝)

場所は、大阪市此花区北港緑地1-2-25セレッソハウス内。

詳細は、セレッソ大阪LABサイトをご覧ください。

 

このセレッソLABの事は、僕は、昨年2月の「ハナサカクラブ」総会の時に初めて聞いて、何月か忘れましたが日刊スポーツにも掲載されたのを見ました。

セレッソスタッフさんの知識・技能が地域住民の健康増進に役立つとともに、セレッソ大阪スポーツクラブの事業展開としても意義あるものだと思います。

興味のある方は、セレッソ大阪LABサイトでご確認の上、問い合わせてみてはいかがでしょう。

 

2015121131156he7ke

 

2015年1月20日 (火)

【追記】セレッソ大阪・新井場徹選手、現役引退を発表。

 

セレッソ大阪・新井場徹選手が、現役引退。

17年間にわたるプロ生活、お疲れ様でした。

でも、今、引退するなんて、とても残念すぎます。

今年も一緒に、セレッソのために戦ってもらえると思っていましたし、新井場選手の力が必要だと思います。

新井場選手が決断したことなので、尊重しなければなりませんが、引退にはまだ早いです。

 

2013年にアントラーズから移籍した新井場選手は、セレッソでは、出場機会はあまり得られず。

特に昨年は、出場しても短い時間だけ、というのも多かったですが、4月のヴィッセル戦では、前線へのロングボールでフォルラン選手のゴールをアシスト。

また、試合に出ていなくとも、チームのために常に考えてくれている、というのを、様々な場面で感じることができました。

 

年末にスポーツ報知の記事が出たとき、誤報であってほしいと思いました。

「戦力外」通告ではなくて、他チームからオファーが来たとか、あるいは、兼任コーチ的なオファーとかもあり得るのでは、と。

それ以降、新井場選手の去就についての報道は、他紙を含めても見なかったですし、今年もピンクのユニホームで戦ってくれるのでは、と期待していました。

昨日の朝、再びスポーツ報知で記事が出たのを見て、さすがにこれは事実なのだろう、と感じましたが、それでも違っていてほしいと願っていました。

その数時間後、セレッソのオフィシャルサイトでリリースが発表されました。

本当に残念です。

2年間、セレッソのために頑張ってくれたこと、本当に感謝しています。

できることなら、新井場選手とともに、タイトル獲得を喜びたかったです。

17年間、お疲れ様でした。

新井場選手の新たなステージでの活躍を願っております。

でも、しばらく経ってから、現役復帰します、というのも、あってもいいんじゃないでしょうか(笑)。

 

新井場選手から、今年のサポーターズコンベンション会場で、サポーターへ挨拶が行われる、とのこと。

それはありがたいことですが、会場に行けないセレッソサポーターや、これまで新井場選手を応援してきたガンバ、アントラーズをはじめとするサポーター、ファンの方も多いですし、改めて引退に際しての会見の場を設定してほしいです。

 

 

最後に、スポーツ報知の記事では、年末にいきなり戦力外通告→その後オファーなし→引退、という流れですが、本当にそうなんでしょうか。

独走で報じてきたスポーツ報知には、本当にセレッソがいきなり戦力外通告をしたというのなら、それを追及すべきですし、そうでないなら、事実関係をしっかりと取材して掲載してもらいたいですね。

 

 

(2015年1月25日追記)

1月21日のBLOGORAで、『[C大阪]引退を発表した新井場徹が練習場へ挨拶に訪れる。「今はまだ実感がない。何が大きく変わったのかはよく分からん(笑)」』という記事が掲載。

この記事では、引退発表の翌々日となる21日に、セレッソ大阪舞洲グララウンドを訪れた新井場徹氏の様子とコメントが掲載されています。

まだ見ていないという方は、ぜひご覧ください。

この中で、『C大阪とは昨年12月28日に舞洲のクラブハウスにて行われた契約更改交渉の以前から、「(契約のことも含めて)色んな話はしていた」(新井場)』とあります。

スポーツ報知の記事では、いきなり戦力外を告げられたかのように書いてましたけど、これを読むと、報知は「誤報」ではないですか。

報知の記者には、しっかりと事実関係を押さえてから書いてもらいたいものです。

 

 

(2015年2月 8日追記)

2月7日、「セレッソ大阪サポーターズコンベンション2015」が開催。

昨季限りで現役引退を発表した新井場徹氏から挨拶。

その内容が、BLOGORAの『[C大阪]サポーターズコンベンションにて、新井場徹が挨拶。「本当に幸せな17年間でした。セレッソでプレーできたこともかけがえのない思い出です」』に掲載されています。

小田尚史さん、いつもありがとうございます。

いかにも、らしい挨拶ですね(笑)。

これからの新井場氏の新たなステージでのご活躍を願っております。 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

2015年1月14日 (水)

世界で羽ばたけ!桜の戦士たち!2014-2015 vol.17

 

セレッソ大阪から、海外のクラブへ移籍した、香川真司選手、乾貴士選手、清武弘嗣選手、キムボギョン選手、荻野賢次郎選手、茂庭照幸選手、丸岡満選手、多田大介選手、柿谷曜一朗選手。

当シリーズでは、彼らの活躍を願って、試合出場をはじめとするニュースを、概ね1週間ごとに取り上げています。

今回は、アジアカップに出場している日本代表を中心に書いていきます。

そして、セレッソから新たにヨーロッパの舞台へ。

南野拓実選手が、オーストリアのFCレッドブル・ザルツブルクへ完全移籍。

南野選手には、セレッソで培ったものをベースに、さらに技術とハートをプラスして、ザルツブルクのサポーターの期待に応えられるよう頑張ってもらいたいです。

 

《香川真司選手(ドイツ ボルシア・ドルトムント)》

   ※香川選手のオフィシャルサイトはこちら。ツイッターはこちら

ボルシア・ドルトムントは、ブンデスリーガで、17試合を終えて、4勝3分け10敗で勝ち点15で、順位は17位となり、またも自動降格圏に転落。

ブンデスリーガはウインターブレイク中で、ドルトムントの再開初戦は1月31日となります。

 

アジアカップに出場の日本代表は、グループリーグ第1戦・パレスチナ代表と対戦し、4-0で勝利。

香川選手は、左インサイドハーフでスタメンフル出場。

前半25分、香川選手が放ったシュートを、岡崎選手が頭でコースを変えて決めて、2点目。

43分には、香川選手がエリア内で倒されPKゲット、これを本田選手が決めて、3点目。

さらに、後半4分、香川選手がエリア内で反転して相手を振り切って中央にクロス、これを吉田選手が決めて4点目。

香川選手は、自らゴールは決められませんでしたが、2アシストなど3点に絡んで、日本の勝利に貢献しました。

 

 〔香川選手の今季出場状況〕

  《ドイツ》
  ○ リーグ戦12試合(スタメン出場9試合・フル出場3試合)、1ゴール・0アシスト
  ○ カップ戦1試合(スタメン出場1試合・フル出場0試合)、1ゴール・1アシスト
  ○ チャンピオンズリーグ5試合(スタメン出場4試合・フル出場1試合)、0ゴール・2アシスト

  《イングランド》
  ○ リーグ戦0試合(スタメン出場0試合・フル出場0試合)
  ○ リーグカップ戦1試合(スタメン出場1試合・フル出場0試合)

 

 

《乾貴士選手(ドイツ フランクフルト)》

   ※乾選手のオフィシャルブログはこちら。ツイッターはこちら

フランクフルトは、ブンデスリーガで、17試合を終えて、6勝5分け6敗で勝ち点23、順位は9位。

ウインターブレイク後の再開初戦は、1月31日となります。

 

アジアカップ、グループリーグ第1戦・パレスチナ代表で、乾選手は、左FWでスタメン出場し、前半終了後交代。

前半8分、乾選手から遠藤選手へパス、遠藤選手が鮮やかなミドルを決めて、日本先制。

乾選手は、このアシストのほか、前への仕掛け、飛び出しなど積極的なプレーを見せました。

この試合で見られた香川選手とのコンビネーションも含め、次の試合でも期待大です。

 

 〔乾選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦15試合(スタメン出場14試合・フル出場7試合)、1ゴール・2アシスト
  ○ カップ戦2試合(スタメン出場1試合・フル出場0試合)、0ゴール・1アシスト

 

 

《清武弘嗣選手(ドイツ ハノーファー)》

   ※清武選手のオフィシャルブログはこちら

ハノーファーは、ブンデスリーガで、17試合を終えて、7勝3分け7敗で勝ち点24、順位は8位。

ウインターブレイク後の再開初戦は、1月31日となります。

 

アジアカップ、グループリーグ第1戦・パレスチナ代表で、清武選手は、後半開始から、乾選手に代わって左FWに入り、途中から右インサイドハーフへ。

清武選手は、終了間際、絶好のチャンスを得るも、シュートはGKに防がれる。

その前のシュートは枠をとらえられず、ゴールに絡むことはできませんでしたが、動きそのものは好調そうなので、次に期待です。

 

 〔清武選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦17試合(スタメン出場16試合・フル出場6試合)、3ゴール・3アシスト
  ○ カップ戦1試合(スタメン出場1試合・フル出場1試合)、0ゴール・0アシスト

 

 

《キムボギョン選手(イングランド カーディフ・シティFC)》

   ※キムボギョン選手のツイッターはこちら

12月26日のフットボールリーグ・チャンピオンシップ第23節、チャールトンと対戦し、1-1で引分け。

12月28日のフットボールリーグ・チャンピオンシップ第24節、ワトフォードと対戦し、2-4で敗戦。

キムボギョン選手は、両試合ともベンチ外。

1月10日のフットボールリーグ・チャンピオンシップ第25節、フルハムと対戦し、1-0で勝利。

キムボギョン選手は、ベンチ入りも、出場なし。

カーディフ・シティは、リーグ戦25試合を終えて、9勝7分け9敗の勝ち点34、順位は11位。

 

1月2日のFAカップ3回戦、COLCHESTER UNITEDと対戦し、3-1で勝利。

キムボギョン選手は、ベンチ入りも、出場なし。

 

引続き厳しい状況が続いていますが、ボギョン選手には、何とかチャンスを掴んでもらいたいです。

 

 〔キムボギョン選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦2試合(スタメン出場2試合・フル出場1試合)、0ゴール・0アシスト
  ○ カップ戦3試合(スタメン出場3試合・フル出場0試合)、0ゴール・0アシスト
  ○ FAカップ0試合

 

 

《荻野賢次郎選手(シンガポール アルビレックス新潟シンガポール)》

   ※荻野選手のツイッターはこちら

荻野選手は、2015年、アルビレックス新潟シンガポールで3年目のシーズンを迎えます。

ツイッターによると、荻野選手はシンガポール入り。

今年は、年間通じて正GKの座をがっちりキープできるよう頑張ってもらいたいです。

 

 

《茂庭照幸選手(タイ バンコク・グラスFC)》

茂庭選手は、バンコク・グラスFCを昨年限りで退団。

スポーツ紙に掲載のとおり、セレッソ復帰となるならば、大歓迎です。

セレッソのオフィシャルサイトに注目ですね。

 

 

《丸岡満選手(ドイツ ボルシア・ドルトムント)》

   ※丸岡選手のツイッターはこちら

ボルシア・ドルトムントⅡは、ブンデスリーガ3部で、21試合を終えて、4勝9分け8敗で勝ち点21、順位は16位。

ブンデスリーガ3部は、第22節の状況にもよりますが1月31日から再開、また、U19ブンデスリーガは、2月8日から再開となります。

ツイッターによると、丸岡選手はドイツ入り。

ウインターブレイク再開後に向けて、コンディションを整えてトレーニングに励んでもらいたいです。

 

1月6日は、丸岡選手の誕生日で、19歳に。

丸岡選手、誕生日おめでとう!!!

 

 〔丸岡選手の今季出場状況〕

  ○ ブンデスリーガ・リーグ戦1試合(スタメン出場0試合・フル出場0試合)、0ゴール・0アシスト
  ○ ブンデスリーガ3部・リーグ戦7試合(スタメン出場4試合・フル出場2試合)、1ゴール
  ○ U19ブンデスリーガ・リーグ戦6試合(スタメン出場6試合・フル出場4試合)、2ゴール
  ○ UEFAユースリーグ2試合(スタメン出場2試合・フル出場1試合)、1ゴール

 

 

《多田大介選手(タイ シラチャFC)》

多田選手は、タイ・シラチャ、パタヤを拠点とするサッカースクール「Cilie Sports Club」の代表としても活動中。

このサッカースクールなどのインタビュー記事が、「アセナビ」(ASEAN WORK NAVI)のこちらの記事に掲載されています。

多田選手には、今年も、選手とサッカースクールの双方で、タイサッカーのために頑張ってもらいたいです。

 

 〔多田選手の関連記事〕

  〇 SAMURAI×TPL オフィシャルウェブ

 

 

《柿谷曜一朗選手(スイス FCバーゼル)》

   ※柿谷選手のオフィシャルサイトはこちら。ツイッターはこちら

バーゼルは、スイス・スーパーリーグで、18試合を終えて、13勝2分け3敗の勝ち点41で、現在首位となっています。

スイス・スーパーリーグは、ウインターブレイク中で、バーゼルの再開初戦は2月8日となっています。

ツイッターによると、柿谷選手は、既にスイス入りしており、現在、スペインで合宿中です。

再開初戦からフルスロットルで入れるよう、ぜひとも頑張ってもらいたいです。

 

1月3日は、柿谷選手の誕生日で、25歳に。

柿谷選手、誕生日おめでとう!!!

 

 〔柿谷選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦9試合(スタメン出場4試合・フル出場1試合)、2ゴール・1アシスト
  ○ カップ戦2試合(スタメン出場2試合・フル出場0試合)、1ゴール・2アシスト
  ○ チャンピオンズリーグ2試合(スタメン出場0試合・フル出場0試合)、0ゴール・0アシスト

 

 

《南野拓実選手(オーストリア ザルツブルク)》

   ※南野選手のツイッターはこちら

ザルツブルクは、10チームで構成されるオーストリア・ブンデスリーガ(1部)に所属。

過去9シーズンで1位が5回、2位が4回と、オーストリアのトップクラブ。

2014-2015シーズンのリーグ戦は、19試合を終えて、12勝2分け5敗で勝ち点38、首位を快走中。

現在ウインターブレイク中で、再開初戦は2月15日となっています。

 

南野選手の契約について、ザルツブルクからも発表され、契約期間は2018年までで1年延長のオプション付き、背番号は18。

ザルツブルク公式サイトのそのリリースには、日本語で「歓迎」の文字も。

南野選手は、オーストリア入りし、既にチームの練習に合流しています。

新たな環境となって、いろんな面で大変だと思いますが、自ら選んだ道。

できるだけ早くチームに馴染めるよう、自分からも積極的に行く努力も惜しまず、日々のトレーニングを頑張ってもらいたいです。

応援に対してはもちろんのこと、移籍への批判に対しても、ザルツブルクでの活躍という結果で返してもらいたいです。

頑張って来い、拓実!!!

 

 〔南野選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦 試合(スタメン出場 試合・フル出場 試合)、 ゴール・ アシスト

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ