« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月の7件の記事

2015年3月31日 (火)

「セレッソ大阪公式ファンサイト」、明日4月1日オープン。

 

「セレッソ大阪公式ファンサイト」が、いよいよ明日2015年4月1日にオープンします。(セレッソ大阪オフィシャルサイトのニュースリリースは、こちら。)

セレッソのリリースによると、「公式ファンサイト」を開設するのは、Jクラブ初、とのこと。

サイトのコンセプトは、「《セレッソ大阪と一緒に夢を見よう!》 ファン、サポーターの皆さんとクラブが、夢を共有できる場所を目指します。」。

そして、「ファン、サポーターの皆さんの「知りたい」「見たい」に常に応えます。」「サッカーの面白さ、素晴らしさを真摯に伝えます」「大阪らしい、楽しく、気安いノリを大切にします。」「クラブの歴史の重み、セレッソに関わってきた人たちの思い、絆を大切にします。」「クオリティ、ボリューム、スピード…オフィシャルの強みを最大限に発揮したコンテンツを提供します。」「ファン、サポーターの皆さんの参加型企画を豊富に盛り込みます。」  とのこと。

イメージ的には、惜しまれつつ廃止となってしまった「J’sGOAL」に近い感じなのでしょうか。

このようなサポーターを巻き込んだ発信・交流コンテンツを積極的に展開していくのは、素晴らしいことだと思います。

最初から完璧なものは出来ないと思いますが、サポーターの意見も取り入れながら、サポーターのセレッソ愛がさらに深まるものとなるように進めていってくれることを期待しています。

明日のオープン、そして、今後の展開を楽しみにしています。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

2015年3月29日 (日)

セレッソ大阪、ホーム連勝!なお、しばらくはツイッター的ブログとなります~。

 

こんばんは~。

帰宅して、晩ごはん食べて、寝転がってます♪

 

電車を降りて、セレッソ大阪の結果を確認。

2-0でセレッソ勝利!!!

アーリア&パブロ、ゴーーール!!!

丹野、シャットアウト!!!

セレッソ勝利、よっしゃーーーーー!!!

 

もっとたくさん書きたいのですが、パソコン不調でタブレットからの更新なので、しばらくは短文更新となります~。

最後に、早希ちゃん、ドラゴゲリオンがんばってね~☆

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

2015年3月12日 (木)

【追記】今日12日のフォルラン選手会見は、僕予想では、ウルグアイ代表の引退表明について。→フォルラン選手、ウルグアイ代表からの引退を発表。

 

セレッソ大阪、ディエゴ・フォルラン選手が、今日12日、「キャリアに関する大切な発表」について会見を行う、とのニュースを見ました。

もちろん今の段階ではわからないですし、いろいろ推測は流れていますが、僕予想は、ウルグアイ代表の引退表明について、だと思います。

代表の中心選手として長年にわたって活躍してきたフォルラン選手ですし、代表での引き際を、母国ウルグアイをはじめ世界のファンにしっかりと伝えたい、ということではないでしょうか。

もしもセレッソ大阪退団、移籍、現役引退だとしたら、セレッソ大阪オフィシャルサイトに会見予定のリリースがされて然るべきですが、この記事を書いている段階で、リリースはされていませんし。

なお、ウルグアイ代表は、今年6月に開催される「コパ・アメリカ」で、大会2連覇を目指しています。

3月28日の国際親善試合・モロッコ代表戦の代表候補メンバー27名は、既に発表。

ブラジルW杯の後、代表に選出されていないフォルラン選手は、今回も選出されていません。

会見予定は11時から、ということなので、昼休みにネットで確認したいと思います。

 

 (2015年3月19日追記)

3月12日、フォルラン選手が会見。

発表内容は、やはり、ウルグアイ代表からの引退でした。

会見内容は、セレッソ大阪オフィシャルサイトのこちら、サッカーキングのこちら

地元ウルグアイをはじめ各国で大きく報じられていることからも、フォルラン選手の偉大さがわかります。

フォルラン選手は、ウルグアイ代表で112試合に出場し36得点、これらはいずれもウルグアイ代表で最多。

皆さんもご承知のとおり、2010年W杯南アフリカ大会では、得点王&MVPに輝き、ウルグアイ代表のベスト4入りに大きく貢献。

また、翌年のコパアメリカ2011でも、決勝で2ゴールを挙げるなど、6大会ぶり15度目の優勝に貢献しました。

代表引退となりますが、もちろん、現役としてプレーを継続するフォルラン選手。

当面、セレッソとの契約は7月末までとなっていますが、シーズン最後までセレッソで戦ってほしいですし、J1復帰のため、素晴らしいゴールをどんどん決めていってもらいたいです。 

がんばれ、ディエゴ!!!

 

以下は、メディアに関して。

まず、講談社のゲキサカ。

フォルラン選手の「キャリアに関する大切な発表」について会見を行う、というコメントを受けて、ゲキサカが3月12日に配信した記事が、こちら、 

 ○ フォルラン退団か…12日に緊急会見へ「キャリアに関する重要な発表」

素人の僕でも、代表引退について、が一番可能性が高いだろうと予想できたのに、サッカー専門サイトが「退団か」と報じているようではアカンでしょう。

代表引退か、あるいは退団か、とか併記されているならまだしも、これは、お粗末すぎます。

それに、やっぱり、記事に記者名、執筆者名は、ちゃんと書かないとダメですね。

 

あと、このフォルラン選手の会見に限らず、様々な会見などでサッカー専門系、スポーツ紙、その他諸々の記者が質問しています。

僕としては、質疑応答の質問のところに、社名を明記してほしいですね。

そうすれば、その社(記者)のレベルがハッキリして良いと思うんですが。 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

2015年3月11日 (水)

フォルランのビューティフルゴールで追いつくも、引分けスタート。~2015年J2リーグ第1節セレッソ大阪vs東京ヴェルディ~

 

「2015明治安田生命J2リーグ」が、3月8日、開幕しました!

昨年、初タイトル獲得を期待しましたが、大痛恨の降格となってしまったセレッソ大阪。

今年は、何が何でも、1年でのJ1復帰を果たさなければなりません。

22チームが所属するJ2リーグでは、毎年、J1昇格3つのイスを巡って厳しい戦いが繰り広げられています。

とりわけ今年は、降格したセレッソ大阪、大宮アルディージャ、徳島ヴォルティス、昨年プレーオフに進出も昇格ならなかった、関塚監督率いるジェフ千葉、名波監督率いるジュビロ磐田、5年ぶりの復帰を目指す京都サンガ、核となる経験豊富な選手を補強したコンサドーレ札幌、ファジアーノ岡山、さらには、柱谷幸一監督率いるギラヴァンツ北九州、高木監督率いるV・ファーレン長崎、ラモス監督率いるFC岐阜、井原監督率いるアビスパ福岡、田坂監督率いる大分トリニータ、柱谷哲二監督率いる水戸ホーリーホックなどなど、J2史上稀に見る激戦が予想されます。

客観的に見れば面白い事この上ないでしょうが、当事者としては、そんな余裕はございません(苦笑)。

J1昇格は、例年どおり、1位、2位が自動昇格、3~6位が昇格プレーオフを戦います。

昇格プレーオフは、一発勝負のトーナメントですから、勝ち上がれるかどうかは、本当にわかりません。

従って、とにかく、自動昇格の2位以内に入りたいところですし、そのためには、数多くの勝ち点3を積み重ねていく必要があります。

まずは開幕戦で勝ち点3を取って、良いスタートを切りたいところです。

 

その開幕戦、J2リーグ第1節で、セレッソ大阪は、東京ヴェルディとアウェイで対戦。

試合結果は、1-1で引分けとなり、2015年は勝ち点1スタートとなりました。

セレッソ大阪オフィシャルサイトの試合記録は、こちら

 

開幕前のトレーニングで、主力組メンバーだったカカウ選手、長谷川選手が、コンディション状況により、メンバー外となりました。

アウトゥオリ監督が開幕スタメンでピッチに送り出したメンバーは、GKキムジンヒョン、DF丸橋、染谷、山下、酒本、MF山口、扇原、関口、FWパブロ、玉田、フォルラン。

サブは、丹野、中澤、椋原、楠神、安藤、橋本、西本。

得点は、後半2分ヴェルディ、34分フォルラン(1点目)。

セレッソの選手交代は、後半27分関口→楠神、43分酒本→椋原。

シュートは、セレッソ11本、ヴェルディ9本。

退場は、後半39分パブロ。

 

僕は、試合時間中は仕事で、ネットの速報も見れなかったので、セレッソの勝利を願って念を送りました、東の空に向かって(笑)。

仕事を終えて解散して、セレッソの勝利を期待してタブレットでチェックしましたが、残念ながら引分け発進。

帰宅後、セレッソオフィシャルサイトやスポーツ紙などのウェブ、ダイジェスト映像などを見ました。

1点を追う後半34分のFK、扇原選手が後ろのパブロ選手へ、パブロ選手が止めたボールをフォルラン選手が、弾丸ミドルを叩き込む同点ゴール。

まさしく、完璧なワールドクラスのビューティフルゴールでした。

しかしながら、ゴールは、この1点のみで、チャンスは多く作るも、決め切れず。

次は、ぜひとも決定力を見せてもらいたいです。

次節出場停止となるパブロ選手ですが、シュートセンスは高いものがあるように感じられたので、大いに期待できそうです。

 

セレッソ大阪の次戦は、3月15日のJ2リーグ第2節、大宮アルディージャと、ホーム・ヤンマースタジアム長居での対戦となります。

ホームでは勝たなければなりませんし、初戦勝利ならなかったこと、さらには、昇格有力候補との直接対決となれば、ここは絶対に勝利が必要です。

パブロ選手が出場停止、カカウ選手、長谷川選手の回復具合も気になるところですが、とにかく全員が勝利に向かって、一丸となってホームでの戦いに臨んでもらいたいです。

ゴール、そして、勝利を!!! 

がんばれ、セレッソ大阪!!!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

2015年3月 7日 (土)

「2015セレッソ大阪展」(@大阪市立中央図書館)を見てきました。

 

昨日、「2015セレッソ大阪展」を見て来ました。

場所は、大阪市西区の大阪市立中央図書館・1階エントランスホールです。

Cimg7474_2

 

セレッソ大阪の写真パネル、選手等身大パネル、ポスター、グッズなどが展示中。

ここでは1つだけ紹介、モリシことセレッソ大阪・森島寛晃アンバサダーです。

Cimg7481

 

開催期間は、2015年4月8日まで。

詳細は、セレッソ大阪オフィシャルサイトのニュースリリースをご覧ください。

セレッソサポーターの方はもちろん、近くに立ち寄りの方も、ぜひどうぞ。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

2015年3月 2日 (月)

世界で羽ばたけ!桜の戦士たち!2014-2015 vol.21

 

セレッソ大阪から、海外のクラブへ移籍した、香川真司選手、乾貴士選手、清武弘嗣選手、キムボギョン選手、荻野賢次郎選手、丸岡満選手、多田大介選手、柿谷曜一朗選手、南野拓実選手。

当シリーズでは、彼らの活躍を願って、試合出場をはじめとするニュースを、概ね1週間ごとに取り上げています。

今回は、各国リーグ戦、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグを中心に書いていきます。

 

《香川真司選手(ドイツ ボルシア・ドルトムント)》

   ※香川選手のオフィシャルサイトはこちら。ツイッターはこちら。インスタグラムはこちら

 

2月20日のブンデスリーガ第22節、シュトゥットガルトと対戦。
香川選手は、スタメン出場し、後半24分に交代。
前半25分、ロイス選手から香川選手、最後はオーバヤメン選手がダイレクトで決めて、先制。
同点とされた後の39分、香川選手がヒールパス、これが相手DFをかすめ、ギュンドアン選手がエリア内に走り込みながら決めて、勝ち越し。
試合は3-2で勝利し、今季リーグ戦初の3連勝。

2月28日のブンデスリーガ第23節、シャルケと対戦。
香川選手は、スタメン出場し、後半31分に交代。
試合は、3-0で勝利し、リーグ戦4連勝。

ボルシア・ドルトムントは、ブンデスリーガで、23試合を終えて、8勝4分け11敗で勝ち点28、順位は一気に5つ上げて10位。

 

チャンピオンズリーグ、決勝トーナメント初戦となるラウンド16は、ユベントス(イタリア)と対戦。
2月24日、第1戦がアウェイで行われました。
香川選手は、ベンチスタートとなり、胃腸炎の影響で出場なし。
試合は、1-2で敗戦。
ホームの第2戦は、3月18日開催となっています。

 

シュトゥットガルト戦では得点に絡み、シャルケ戦でも度々チャンスを作るなど良くなってきており、ここでもう一歩突き抜ければ、復調といえるしょう。

ようやく本来の力を出しつつあるチームの中で、香川選手も、この流れに乗ってゴール&アシストを決めていってもらいたいです。

 

 〔香川選手の今季出場状況〕

  《ドイツ》
  ○ リーグ戦17試合(スタメン出場13試合・フル出場4試合)、1ゴール・2アシスト
  ○ カップ戦1試合(スタメン出場1試合・フル出場0試合)、1ゴール・1アシスト
  ○ チャンピオンズリーグ5試合(スタメン出場4試合・フル出場1試合)、0ゴール・2アシスト

  《イングランド》
  ○ リーグ戦0試合(スタメン出場0試合・フル出場0試合)
  ○ リーグカップ戦1試合(スタメン出場1試合・フル出場0試合)

 

 

《乾貴士選手(ドイツ フランクフルト)》

   ※乾選手のオフィシャルブログはこちら。ツイッターはこちら

 

2月21日のブンデスリーガ第22節、マインツと対戦。
乾選手は、ベンチスタートとなり、2試合連続で出場なし。
試合は、1-3で敗戦。

2月28日のブンデスリーガ第23節、ハンブルガーSVと対戦。
乾選手は、3試合ぶりにスタメンで出場し、フル出場。
前半11分、乾選手のパスを受けたピアソン選手がエリア内で倒されPK、これをマイヤー選手が決めて、先制。
試合は、2-1で勝利。

フランクフルトは、ブンデスリーガで、23試合を終えて、8勝7分け8敗で勝ち点31、順位は1つあげて8位。

 

スタメン復帰の乾選手、動きはなかなか良かったようです。

今後もスタメンをキープして、チームの勝利に貢献していってもらいたいです。

 

ハンブルガーSVでは、昨年セレッソに在籍し復帰したカチャル選手が、ボランチでスタメンフル出場。

開幕当初ケガで出遅れた影響もあり、出場機会が少なかったですが、ここ2戦連続スタメン起用となっており、カチャル選手には、チームがブンデス残留できるよう頑張ってもらいたいです。

 

 〔乾選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦19試合(スタメン出場18試合・フル出場9試合)、1ゴール・3アシスト
  ○ カップ戦2試合(スタメン出場1試合・フル出場0試合)、0ゴール・1アシスト

 

 

《清武弘嗣選手(ドイツ ハノーファー)》

   ※清武選手のオフィシャルブログはこちら

 

2月21日のブンデスリーガ第22節、ケルンと対戦。
清武選手は、ベンチスタートとなり、移籍後初となる出場なし。
試合は1-1で引分け。

2月28日のブンデスリーガ第23節、シュトゥットガルトと対戦。
清武選手は、ベンチスタートとなり、後半16分から出場。
試合は1-1で引分け、これでリーグ戦7戦勝利なし。

ハノーファーは、ブンデスリーガで、23試合を終えて、7勝6分け10敗で勝ち点27、順位は1つ下げて11位。

 

このところ勝ち点3が遠いチームにあって、攻撃の中心としてなかなか得点を生み出せない清武選手としてもここが踏ん張り所。

次こそは、ゴールに直結するプレーで、チームの勝利に貢献する活躍を見せてもらいたいです。

 

 〔清武選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦22試合(スタメン出場19試合・フル出場7試合)、3ゴール・3アシスト
  ○ カップ戦1試合(スタメン出場1試合・フル出場1試合)、0ゴール・0アシスト

 

 

《キムボギョン選手(イングランド ウィガン・アスレチックFC)》

   ※キムボギョン選手のツイッターはこちら

 

キムボギョン選手、移籍後&今季初ゴール!

2月20日のフットボールリーグ・チャンピオンシップ第32節、チャールトンと対戦。
キムボギョン選手は、移籍後4試合目で、初のスタメンフル出場。
試合は、0-3で敗戦。

2月24日のフットボールリーグ・チャンピオンシップ第33節、カーディフ・シティと対戦。
キムボギョン選手にとって早速古巣との対決で、2戦連続スタメンフル出場。
試合は、0-1で敗戦。

2月28日のフットボールリーグ・チャンピオンシップ第34節、ブラックプールと対戦。
キムボギョン選手は、3戦連続スタメンフル出場。
前半ロスタイム、右からの折り返しに、詰めていたキムボギョン選手がきっちり合わせて、先制。
これが、移籍後初ゴール、そして、待望の今季初ゴールとなりました。
試合は、3-1で勝利。
キムボギョン選手のゴールは、ウィガン公式サイトのハイライト動画で観ることができます。

ウィガンは、フットボールリーグ・チャンピオンシップで、34試合を終えて、6勝10分け18敗で勝ち点28、順位は23位と降格圏。

 

残り12試合で降格圏外の21位と勝ち点差9という厳しい状況となっており、残留には、どんどん勝ち点3を取っていかねばなりません。

キムボギョン選手には、起用してくれる監督、ウィガンサポーターの期待に応えられるよう、この後の試合も頑張ってもらいたいです。

 

 〔キムボギョン選手の今季出場状況〕

  《イングランド》
   <ウィガン>
  ○ リーグ戦6試合(スタメン出場5試合・フル出場3試合)、1ゴール・0アシスト
   <カーディフ・シティ>
  ○ リーグ戦2試合(スタメン出場2試合・フル出場1試合)、0ゴール・0アシスト
  ○ カップ戦3試合(スタメン出場3試合・フル出場0試合)、0ゴール・0アシスト
  ○ FAカップ0試合

 

 

《荻野賢次郎選手(シンガポール アルビレックス新潟シンガポール)》

   ※荻野選手のツイッターはこちら

 

アルビレックス新潟Sは、いよいよ今日3月2日、Sリーグ開幕戦を迎えます。

開幕戦は、タンピネス・ローバーズと対戦。

荻野選手には、タイトル獲得に向けて、良いスタートを切ってもらいたいです。

 

 

《丸岡満選手(ドイツ ボルシア・ドルトムント)》

   ※丸岡選手のツイッターはこちら

 

トップチームでは、第22節、第23節ともベンチ入りせず。

 

2月21日のブンデスリーガ3部第26節、ハレシャーFCと対戦。
丸岡選手は、ベンチスタートとなり、出場なし。
試合は、1-1で引分け。

2月28日のブンデスリーガ3部第27節、ケムニッツFCと対戦。
丸岡選手は、ベンチスタートとなり、後半31分から出場。
試合は、1-3で敗戦。

ボルシア・ドルトムントⅡは、ブンデスリーガ3部で、26試合を終えて、4勝12分け10敗で勝ち点24、順位は暫定17位。

 

2月22日のU19ブンデスリーガ第17節、MSV DUISBURG U19 と対戦。
丸岡選手は、スタメン出場し、後半19分に交代。
試合は、1-3で敗戦。

3月1日のU19ブンデスリーガ第18節、 Köln U19と対戦。
丸岡選手の出場状況は、後日追記。→ベンチスタートとなり、出場なし。
試合は、3-2で勝利。

ボルシア・ドルトムントU19は、U-19ブンデスリーガで、18試合を終えて、9勝4分け5敗で勝ち点31、順位は5位。

 

セカンドチームとU-19の両方に出場の丸岡選手。

トレーニングでどんどんアピールして、セカンドチームで、長い時間起用されるよう頑張ってもらいたいです。

 

 〔丸岡選手の今季出場状況〕

  ○ ブンデスリーガ・リーグ戦1試合(スタメン出場0試合・フル出場0試合)、0ゴール・0アシスト
  ○ ブンデスリーガ3部・リーグ戦8試合(スタメン出場4試合・フル出場2試合)、1ゴール
  ○ U19ブンデスリーガ・リーグ戦9試合(スタメン出場9試合・フル出場5試合)、2ゴール
  ○ UEFAユースリーグ2試合(スタメン出場2試合・フル出場1試合)、1ゴール

 

 

《多田大介選手(タイ シラチャFC)》

 

SAMURAI×TPL」によると、今季のディビジョン2は、6地域(北部14クラブ、南部10クラブ、東北18クラブ、中央・東部14クラブ、中央・西部13クラブ、バンコク首都圏14クラブ)に分かれてリーグ戦を実施(2~9月に開催)。

うち12クラブが決勝リーグに進出、6クラブ×2組でリーグ戦を行い、各組1、2位がディビジョン1へ昇格、とのこと。

ですが、ウィキペディアの英語版では、ディビジョン2の所属チームの中に、シラチャFCが見当たらず。

今のところ、それ以上の情報を見つけられていないので、また、いろいろ検索してみたいと思います。

 

多田選手は、タイ・シラチャ、パタヤを拠点とするサッカースクール「Cilie Sports Club」の代表としても活動中。

選手とサッカースクールの双方での活躍を願っております。

 

 〔多田選手の関連記事〕

  〇 SAMURAI×TPL オフィシャルウェブ

 

 

《柿谷曜一朗選手(スイス FCバーゼル)》

   ※柿谷選手のオフィシャルサイトはこちら。ツイッターはこちら

 

2月22日のスイス・スーパーリーグ第21節、ヤングボーイズと対戦。
柿谷選手は、ベンチ外。
試合は、2-4で敗戦。

2月28日のスイス・スーパーリーグ第22節、ファドゥーツと対戦。
柿谷選手は、ベンチスタートとなり、出場なし。
試合は、1-0で勝利。

バーゼルは、スイス・スーパーリーグで、22試合を終えて、15勝3分け4敗の勝ち点48で、現在首位。

 

ウインターブレイク再開後、公式戦5試合連続出場なしと、確かに苦しい状況ではありますが、ここでヘコんでいるようでは、これから勝負することはできません。

強い気持ちをキープして、トレーニングから積極的にアピールして、出場機会をゲットして、出たら一発でチャンスをモノにしてもらいたいです。

がんばれ、曜一朗!!!

 

 〔柿谷選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦9試合(スタメン出場4試合・フル出場1試合)、2ゴール・1アシスト
  ○ カップ戦2試合(スタメン出場2試合・フル出場0試合)、1ゴール・2アシスト
  ○ チャンピオンズリーグ2試合(スタメン出場0試合・フル出場0試合)、0ゴール・0アシスト

 

 

《南野拓実選手(オーストリア ザルツブルク)》

   ※南野選手のツイッターはこちら

 

2月22日のオーストリア・ブンデスリーガ第21節、リートと対戦。
南野選手は、内転筋痛の影響でベンチ外。
試合は、2-2で引分け。

3月1日のオーストリア・ブンデスリーガ第22節、グレーディヒと対戦。
南野選手は、ベンチスタートとなり、後半34分から出場。
試合は、3-1で勝利。

ザルツブルクは、オーストリア・ブンデスリーガで、22試合を終えて、14勝3分け5敗で勝ち点45、現在首位。

 

ヨーロッパリーグ、決勝トーナメント初戦となるラウンド16は、ビジャレアル(スペイン)と対戦。
アウェイの第1戦は、1-2で敗戦。
2月26日、ホームで第2戦が行われました。
南野選手は、スタメン出場でヨーロッパリーグデビューを果たすも、前半終了後交代。
試合は、1-3で敗戦。
ザルツブルクは、2連敗でラウンド16で敗退となりました。

 

チーム全体のサッカーの流れにまだまだ入れてないように感じられますが、それは、まだ仕方の無いこと。

南野選手には、監督の目指すサッカー理解をどんどん深めていくとともに、チームメイトのプレーの特徴も感じ取って、その上で、自分の特徴を出していってもらいたいです。

 

 〔南野選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦 2試合(スタメン出場1試合・フル出場0試合)、0ゴール・0アシスト
  ○ カップ戦  試合(スタメン出場 試合・フル出場 試合)、 ゴール・ アシスト
  ○ ヨーロッパリーグ1試合(スタメン出場1試合・フル出場0試合)、0ゴール・0アシスト

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

2015年3月 1日 (日)

「セレッソ大阪2015シーズン開幕記念イベント」に行ってきました。

 

今日、あべのキューズモールで開催された「セレッソ大阪2015シーズン開幕記念イベント」に行ってきました。

あいにくの雨でしたが、多くのセレッソ大阪サポーターが、会場に駆けつけました。

イベントには、酒本選手、丹野選手、小暮選手、秋山選手、ロビー先生、MC西川さんが登場。

ロビーvsアベーノアベーノPK対決、トークコーナー、質問コーナー、握手会(100名限定)が行われました。

その中で、シャケ(酒本選手)が言っていたのが、「団結力」です。

アウトゥオリ監督、選手、スタッフ、そして、サポーターが一丸となって、1年でJ1復帰を勝ち取りましょう!!!

そのために、まずは、3月8日の開幕戦で勝利しましょう!!!

 

Cimg7386

Cimg7387

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ