« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月の13件の記事

2015年4月29日 (水)

フォルラン選手と契約更新を、そして柿谷選手が戻るのは今夏ではない、と僕は思う。それにしてもスポニチさん走りすぎ(苦笑)。

 

スポーツニッポン、4月22日の記事。

C大阪 フォルラン今夏限りで退団へ 柿谷呼び戻す計画も

しかし、同じくスポーツニッポン、翌4月23日の記事は・・・。

C大阪、フォルランとの更新“未定” 柿谷復帰は「タイミング合えば」

 

まずは、フォルラン選手の件について。

22日の記事では、「クラブ側は(フォルラン選手との)契約を更新しない方針を固めている」ということを、「複数の関係者によると」とまで書いているので、「今夏限りで退団することが決定的となった」には、スポニチさんとして、相当の自信があるのだろう。

が、23日の記事では、大熊強化部長の話として、「契約更新の有無をまだ本人サイドに伝えていない」、「今の段階では決断していない。今後どうするかは未定」、「5月にも代理人を含めて話し合う意向」と掲載。

え!?前日の記事からいきなりトーンダウン、というか、内容が変わってますよ。

そもそも、記事冒頭の「J2C大阪は今夏限りでの退団が決定的な元ウルグアイ代表FWフォルランについて、大熊強化部長は契約更新の有無をまだ本人サイドに伝えていないことを明かした。」は、文章としてもおかしいです。

契約更新の有無をまだ伝えていないのに、なぜ退団が決定的といえるのでしょうか。

「今夏までの契約となっている」が正しいんじゃないですか。

 

僕としては、1年でのJ1復帰のためには、フォルラン選手の力が必要だと思います。

一方で、J2で戦う今年は、入場者数が昨年より下回ることが予想されるなど、クラブ収入の厳しさも看過できないでしょう。

現年俸が本当に半年3億なのかどうかも分からないですが、現在より相当程度減額した上で契約できるよう、フォルラン選手サイドと話し合ってもらいたいですね。

 

続いて、柿谷選手の件について。

22日の記事では、「元エースを呼び戻す新たな計画が明らかになった。」と掲載。

その根拠として、「クラブ関係者は、昨年7月まで在籍した柿谷の復帰について「それは当然、選択肢としてあります」と明言」」と書いています。

これは、昨年末のスポーツ報知の「柿谷復帰へ動く」という記事が出た時にも書きましたが、そもそも強化部は、いろんな可能性を視野に入れて戦力を検討することが大きな仕事の一つです。

従って、「選択肢としてある」は、時期はともかくとして可能性はある、ということだと僕は思いますし、「呼び戻す新たな計画が明らかになった」というほどの事ではないのでは、と思うのです。

23日の記事では、大熊強化部長の話として、「将来は必ずセレッソでやってもらいたい。気持ちのつながりもあるし、お互いにとって良いタイミングがあれば」と掲載。

このコメントを見ると、今夏に戻すというものでは無さそうに感じるのですが。

 

僕としては、柿谷選手は、強い決意をもってセレッソを離れてバーゼルに移籍したわけで、不完全燃焼のまま、今夏、セレッソに戻すのは反対です。

柿谷選手には、今年まだ残り試合はありますけど、今年の経験を生かして、来シーズン、バーゼルで勝負をかけてもらいたいです。

もしも、来年1シーズン、場合によっては半年、バーゼルでやっても今の状況と変わらないならば、その時点で考えればよいと思います。

契約してくれたバーゼル、そして、バーゼルサポーターの期待に応えるため、今年の残り試合できっかけをつかんで、来シーズンこそは、フル回転で活躍できるよう頑張ってもらいたいです。

がんばれ、曜一朗!!!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

2015年4月27日 (月)

楠神2ゴール!全得点に絡む大活躍!ここから連勝を!~2015年J2リーグ第9節セレッソ大阪vsカマタマーレ讃岐~

 

「2015明治安田生命J2リーグ」を戦うセレッソ大阪。

この厳しい戦いを勝ち抜いて、何が何でも1年でのJ1復帰を果たさなければなりません。

開幕から6試合で3勝3分けの後、ホームで痛い連敗。

ここで連敗を止めて、何としても勝ち点3を取らなければなりません。

4月26日のJ2リーグ第9節、セレッソ大阪は、カマタマーレ讃岐とアウェイで対戦。

試合結果は、3-1でセレッソ勝利!

セレッソ大阪オフィシャルサイトの試合記録は、こちら

 

カカウ選手がコンディションにより2戦連続ベンチ外、楠神選手が今季初スタメン起用。

スタメンは、GKキムジンヒョン、DF丸橋、染谷、山下、椋原、MF山口、扇原、長谷川、FW楠神、フォルラン、玉田。

サブは、丹野、池田、パブロ、安藤、酒本、橋本、関口。

得点は、前半1分フォルラン(6点目)、5分楠神(1点目)、15分楠神(2点目)、後半14分カマタマーレ。

セレッソの選手交代は、後半24分扇原→安藤、27分玉田→パブロ、36分フォルラン→関口。

シュートは、セレッソ9本、カマタマーレ3本。

 

昨日は、仕事を終えてからネットでセレッソの勝利を確認。

帰宅後、セレッソオフィシャルサイト&まいど!、ウェブ、ダイジェスト映像などでチェックしました。

楠神選手が、大活躍!

キックオフ直後、楠神選手が左サイドからクロス、中央の長谷川選手のヘディングシュートは相手GKのナイスセーブに合うも、フォルラン選手が詰めて押し込み、先制。

同じく早々に先制した前節は、追加点が奪えず逆転負けを喫したセレッソ。

しかし、ここでは、直後の前半5分、右サイドから椋原選手がクロス、ニアサイドに詰めていた楠神選手が体を捻りながらの難しいヘディングシュートを決めて、追加点。

さらには、15分、フォルラン選手がグラウンダーのクロス、これを楠神選手がスルー、玉田選手が前線へ柔らかなパスを送り、これに楠神選手が飛び込んで合わせて、大きな3点目。

まさしく、試合序盤、電光石火の攻撃でした。

後半、山口選手のパスミスからミドルを叩き込まれて1点を返されるも、試合はそのまま3-1でセレッソ勝利!

 

前節を終えてからの当ブログの記事で「次節、スタメンの変更があるでしょうか。」と書きました。

僕としては、パブロ選手→間に合えばカカウ選手もしくは関口選手か、と思っていましたが、アウトゥオリ監督は楠神選手を起用。

そして、楠神選手が、その期待に見事に応えてくれました。

最大の特徴であるドリブルが魅力の楠神選手、僕のこれまでのイメージは中盤の選手で、なかなか得点が生まれなかったこともあってフィニッシャーのイメージは薄かったです。

しかし、この日見せたゴールは、まさしくストライカー。

コメントからも強い気持ちが溢れている楠神選手、これからの試合でも、ゴールにアシストに八面六臂の活躍を見せてもらいたいです。

攻撃では、後半、パブロ選手、関口選手が入ってから追加点が取れていたら言うこと無しでしたが、次に期待します。

守備は、無得点で終えられなかったのが残念。

パスミスのシーンは、相手からのプレッシャーがあったわけではなく、集中力が欠けたのかもしれませんが、こういうプレーは無くしてもらいたいです。

ゴールを決められた我那覇選手は、昔からのセレッソサポーターはご存知でしょう、2000年1stステージ、勝てば初優勝という試合で、先制&決勝Vゴールアシストを決められた選手です。

我那覇選手と今野選手の名前は、僕にとって一生忘れられないでしょうね、でも、憎いとか恨んでいる、とかではないですので(笑)。

 

セレッソ大阪は、9試合を終えて、4勝3分け2敗で勝ち点15、順位は1つ上げて8位。

次戦は、中2日となる4月29日のJ2リーグ第10節、京都サンガF.C.とホーム・キンチョウスタジアムで対戦。

首位、2位も勝ちましたし、追いかける立場からすれば、今からどんどん勝ち点3を積み重ねていかねばなりません。

そして、ホームですから、勝たねばなりません。

僕は、後半からスタジアム観戦できる予定で、昨日チケットを買いました。

ゴールデンウィークですし、満員のスタジアムでセレッソの勝利を後押しできるよう、みなさんもスタジアムへ駆けつけましょう!

ゴール、そして勝利を!!!

がんばれ、セレッソ大阪!!!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

2015年4月24日 (金)

ホーム連敗。慎重と自信のバランス。~2015年J2リーグ第8節セレッソ大阪vsザスパクサツ群馬~

 

「2015明治安田生命J2リーグ」を戦うセレッソ大阪。

この厳しい戦いを勝ち抜いて、何が何でも1年でのJ1復帰を果たさなければなりません。

続いて、4月19日のJ2リーグ第8節、セレッソ大阪は、ザスパクサツ群馬とホーム・ヤンマースタジアム長居で対戦。

試合結果は、1-2でセレッソ敗戦。

セレッソ大阪オフィシャルサイトの試合記録は、こちら

 

カカウ選手がコンディションによりベンチ外、玉田選手がスタメン復帰。

茂庭選手、中澤選手、藤本選手が負傷により、ルーキー池田選手が初のベンチ入り。

スタメンは、GKキムジンヒョン、DF丸橋、染谷、山下、椋原、MF山口、扇原、長谷川、FWパブロ、フォルラン、玉田。

サブは、丹野、池田、楠神、安藤、酒本、橋本、関口。

得点は、前半2分フォルラン(5点目)、28分、後半39分ザスパクサツ。

セレッソの選手交代は、後半開始パブロ、椋原→関口、酒本、19分長谷川→橋本。

シュートは、セレッソ11本、ザスパクサツ8本。

入場者数は、17,212人。(ホーム平均入場者数14,401人)

 

試合は、仕事のためスタジアムには行けず、セレッソオフィシャルサイト&まいど!セレッソ、スポーツ紙などのウェブ、ダイジェスト映像などで確認。

前半2分、最終ラインからのロングボールをフォルラン選手が頭で落とし、玉田選手がタメてからラストパス、これをフォルラン選手が角度の無いところから流し込む。

セレッソが、開始早々、幸先良く先制。

これで落ち着いて試合を優位に進めて、そして追加点を、といきたいところ。

でしたが、前半に追いつかれると、またも終盤に失点を喫し、痛い逆転負け。

失点シーンは、マークの甘さやズレによるもので、今一度しっかりと意識を徹底しなければなりません。

アウトゥオリ監督は、後半開始から2枚、途中でもう1枚と、6試合ぶりに全ての交代カードを切るも、実りませんでした。

次節、スタメンの変更があるでしょうか。

 

セレッソ大阪は、8試合を終えて、3勝3分け2敗で勝ち点12、順位は9位に後退。

次戦は、4月26日のJ2リーグ第9節、カマタマーレ讃岐とアウェイで対戦。

ホームで2連敗、不甲斐ない戦いぶりには、批判やブーイングは当然であり、選手はサポーターの思いをしっかりと受け止めてもらいたいです。

ここまで8試合戦ってきて、J2での戦いが厳しいということを、実感として感じているのではないでしょうか。

なので、決して相手を格下だと思うことなく、慎重に臨まないといけません。

ですが、一方で、それが過ぎるとネガティブな状況にどんどんハマってしまう可能性もあるので、自信を持って戦わないといけません。

昨年の後半は、上手く行かない状況が続くにつれて、自信も失って、悪循環から抜け出せなかったように感じました。

あまり上手く表現できないですが、相手をリスペクトしつつ、それを上回る自信を持って、強い気持ちで戦い抜いてもらいたいです。

次こそ、セレッソサポーターに勝利を見せてもらいたいです。

がんばれ、セレッソ大阪!!!

 

そして、次のホームゲームは、4月29日(水・祝)、J2リーグ第10節、京都サンガF.C.とキンチョウスタジアムで対戦、17時キックオフとなっています。

僕は、今のところ、後半からスタジアム観戦できる見込み。

みなさんも、セレッソの勝利を後押しするため、スタジアムへ駆けつけましょう!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

2015年4月23日 (木)

今季初の無得点で初黒星。次が大事!だったのですが・・・。~2015年J2リーグ第7節セレッソ大阪vsツエーゲン金沢~

 

「2015明治安田生命J2リーグ」を戦うセレッソ大阪。

この厳しい戦いを勝ち抜いて、何が何でも1年でのJ1復帰を果たさなければなりません。

続いて、4月11日のJ2リーグ第7節、セレッソ大阪は、ツエーゲン金沢とホーム・キンチョウスタジアムで対戦。

試合結果は、0-2でセレッソ敗戦。

セレッソ大阪オフィシャルサイトの試合記録は、こちら

 

キムジンヒョン選手、パブロ選手がスタメン復帰。

スタメンは、GKキムジンヒョン、DF丸橋、染谷、山下、椋原、MF山口、扇原、長谷川、FWパブロ、フォルラン、カカウ。

サブは、丹野、茂庭、楠神、安藤、酒本、関口、玉田。

得点は、前半38分、後半32分ツエーゲン。

セレッソの選手交代は、後半22分扇原→玉田。

シュートは、セレッソ17本、ツエーゲン9本。

入場者数は、10,290人。(ホーム平均入場者数13,464人)

 

試合は、仕事のためスタジアムには行けず、セレッソオフィシャルサイト&まいど!セレッソ、スポーツ紙などのウェブ、ダイジェスト映像などで確認。

試合全体を見ていないので詳しいことはわかりませんが、セレッソのシュート数こそ多いものの、ツエーゲン側がやりたいサッカーをされて、そういう意味では、スコアのみならず内容も「完敗」だったのではないでしょうか。

「まいど!セレッソ」の試合後レビューにある玉田選手のコメント、「相手の想定内のなかでサッカーをやっているというか。それじゃ、やっぱり崩れないし、相手の考えていること以上のサッカーをしないといけない」。

これを選手全員の共通認識として、これからのJ2の戦いに臨む必要があると、僕は感じました。

 

セレッソ大阪は、7試合を終えて、3勝3分け1敗で勝ち点12、順位は5位。

次戦は、4月19日のJ2リーグ第8節、ザスパクサツ群馬とホーム・ヤンマースタジアム長居で対戦。

今季初の無得点で初黒星を喫しましたが、負けることもあります。

負けた次の試合が大事!

しかも、次もホームなので、連敗はできません!

だったのですが・・・。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

フォルラン&カカウ2戦連発!アウェイ初勝利!~2015年J2リーグ第6節セレッソ大阪vsFC岐阜~

 

「2015明治安田生命J2リーグ」を戦うセレッソ大阪。

この厳しい戦いを勝ち抜いて、何が何でも1年でのJ1復帰を果たさなければなりません。

続いて、4月5日のJ2リーグ第6節、セレッソ大阪は、FC岐阜とアウェイで対戦。

試合結果は、2-0でセレッソ勝利!

セレッソ大阪オフィシャルサイトの試合記録は、こちら

 

韓国代表から戻ったキムジンヒョン選手は、この試合もベンチ外。

右サイドには、椋原選手が今季初スタメン。

スタメンは、GK丹野、DF丸橋、染谷、山下、椋原、MF山口、扇原、長谷川、FWフォルラン、カカウ、玉田。

サブは、武田、酒本、茂庭、安藤、橋本、関口、西本。

得点は、後半21分フォルラン(4点目)、37分カカウ(2点目)。

セレッソの選手交代は、後半25分酒本→茂庭、49分長谷川→橋本。

シュートは、セレッソ6本、岐阜9本。

 

試合は、セレッソオフィシャルサイトやスポーツ紙などのウェブ、ダイジェスト映像などでチェック。

後半21分、ロングポールを処理しようとした相手GKとDFが交錯し、転々と転がるボールを最後はフォルラン選手が蹴り込み、セレッソ先制。

そして、37分、ロングボールを相手DFが跳ね返せず後ろへ、こぼれたボールへ走り込んだカカウ選手が、絶妙ループシュートを決めて、終盤に大きな追加点。

試合は、2-0でセレッソ勝利!

 

シュートは6本と少なかったですが、雨によるピッチコンディションを踏まえながら、チャンスを逃さなかったのは良かったです。

そして、前節、相手のスーパーゴールがあったとはいえ4失点を喫した守備でしたが、この試合では、押し込まれる場面もあり、また難しいピッチコンディションの中で、最後まで集中して、今季2度目の無失点に抑え切ってくれました。

アウトゥオリ監督は、後半途中、茂庭選手を、いつもセンターバックではなくDFの前に配置し、この采配が、勝利&無失点という結果につながりました。

そして、普段つかないポジションでもしっかりと仕事ができる茂庭選手、さすがです。 

 

セレッソ大阪は、6試合を終えて、3勝3分けで勝ち点12、順位は4位。

次戦は、4月11日のJ2リーグ第7節、ツエーゲン金沢とホーム・キンチョウスタジアムで対戦。

J2昇格1年目でここまで4勝2敗、5位と好調な相手ではあっても、わがホームでは、もちろん勝利!

といきたかったのですが・・・。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

打ち合いの末、痛み分け。~2015年J2リーグ第5節セレッソ大阪vsジェフ千葉~

 

「2015明治安田生命J2リーグ」を戦うセレッソ大阪。

この厳しい戦いを勝ち抜いて、何が何でも1年でのJ1復帰を果たさなければなりません。

続いて、4月1日のJ2リーグ第5節、セレッソ大阪は、ジェフユナイテッド千葉とアウェイで対戦。

試合結果は、4-4で引分け。

セレッソ大阪オフィシャルサイトの試合記録は、こちら

 

山口選手が、代表戦第1戦出場、第2戦不出場ということもあり、合流即スタメン出場。

スタメンは、GK丹野、DF丸橋、染谷、山下、酒本、MF山口、扇原、長谷川、FWフォルラン、カカウ、玉田。

サブは、武田、椋原、茂庭、パブロ、安藤、橋本、関口。

得点は、後半8分、14分ジェフ、25分フォルラン(2点目)、30分カカウ(1点目)、35分フォルラン(3点目)、37分、38分ジェフ、47分山下(1点目)。

セレッソの選手交代は、後半24分酒本→椋原、48分玉田→茂庭。

シュートは、セレッソ11本、ジェフ16本。

 

試合は、セレッソオフィシャルサイトやスポーツ紙などのウェブ、ダイジェスト映像などでチェック。

なので、試合全体は観ていないのですが、すごい試合だったようですね。

2点を追う後半25分、長谷川選手からフォルラン選手へロングパス、これをフォルラン選手が、走りながらワントラップ、間髪入れず右足を振り抜き、逆側のゴール左隅へ叩き込み、1点差に。

フォルラン選手の一連の動き、まさにワールドクラスです。

30分、ゴール前で長谷川選手が相手と競り合いながら右のフォルラン選手へ、フォルラン選手がダイレクトで逆サイドにクロス、これをカカウ選手が押し込んで、同点に追いつく。

さらに、35分、玉田選手が相手を背負いながら山口選手にパス、これを受けた山口選手が逆サイドへトンピシャクロス、フォルラン選手がきっちり合わせて、セレッソが逆転に成功。

しかし、この後、立て続けに失点し、逆転を許す。

しかししかし、ロスタイム、CKを跳ね返されたボールを丸橋選手がクロス、これを山下選手が頭で押し込み、再び同点に。

試合は、そのまま4-4で引分け。

45分間での8得点は、J2新記録となりました。

 

ジェフの1点目はアンラッキー、2点目、3点目は、相手ながらスーパーゴールでした。

ただ、今季ここまで、後半35分以降の失点が目に付くので、その時間帯をいかにしのぐかが課題ですね。

フォルラン選手は、この試合まで、動き自体はまずまず良かったという僕の印象で、しかしながらフィニッシュがことごとく決まらなかったですが、この2ゴールでゴール量産の予感を感じさせてくれました。

カカウ選手が今季初ゴール、ここからどんどん乗っていってもらいたいところです。

 

セレッソ大阪は、5試合を終えて、2勝3分けで勝ち点9。

次戦は、4月5日のJ2リーグ第6節、FC岐阜とアウェイで対戦。

アウェイ戦3連続引分け中のセレッソ。

ジェフ戦は諦めず土壇場で追いついて勝ち点1を持ち帰ったという点は、一定の評価ができるものの、やはりアウェイでも勝ち点を取っていかないと、J1昇格は厳しくなってきます。

中3日でのアウェイ連戦ではありますが、ここは勝利が求められるこの試合、その結果は・・・。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

長谷川&パブロゴール!今季初無失点!ホーム連勝!~2015年J2リーグ第4節セレッソ大阪vs横浜FC~

 

「2015明治安田生命J2リーグ」を戦うセレッソ大阪。

この厳しい戦いを勝ち抜いて、何が何でも1年でのJ1復帰を果たさなければなりません。

続いて、3月29日のJ2リーグ第4節、セレッソ大阪は、横浜FCとホーム・ヤンマースタジアム長居で対戦。

試合結果は、2-0でセレッソ勝利!

セレッソ大阪オフィシャルサイトの試合記録は、こちら

 

山口選手、キムジンヒョン選手がそれぞれ代表へ、そして、23日、永井選手、秋山選手が期限付き移籍で一旦セレッソを離れることに。

丹野選手は、大分トリニータではレギュラーとして試合に出場していましたが、セレッソでは公式戦初スタメンとなりました。

スタメンは、GK丹野、DF丸橋、染谷、山下、酒本、MF扇原、長谷川、パブロ、FWフォルラン、カカウ、玉田。

サブは、武田、椋原、茂庭、安藤、橋本、関口、西本。

得点は、後半15分長谷川(1点目)、26分パブロ(2点目)。

セレッソの選手交代は、後半36分フォルラン→橋本、45分玉田→関口。

シュートは、セレッソ13本、横浜FC9本。

入場者数は、14,518人。(ホーム平均入場者数15,051人)

 

試合は、仕事のためスタジアムに観戦に行けず。

僕は17時キックオフであれば後半から見れるという現状なので、春秋は観られない試合が多くなってしまいます。

ということで、セレッソオフィシャルサイトやスポーツ紙などのウェブ、ダイジェスト映像などでチェック。

 

チャンスに決め切れなかったセレッソでしたが、後半15分、丸橋選手のクロスを長谷川選手がダイレクトでシュート、これが相手DFに当たりコースが変わってゴールとなり、セレッソ待望の先制点。

26分には、フォルラン選手が左サイドから中央へ絶妙のクロス、これをパブロ選手が足を伸ばして合わせて、追加点。

試合は、2-0でセレッソ勝利!

 

特に前半のプレー内容に課題はあったようですが、ホームで勝ち点3を取れたのは良かったです。

丹野選手のナイスセーブなど守備もしっかりと対応して、今季初の無失点で終わることができました。

J2リーグ戦は、J1リーグ戦と違い、代表日程に伴う中断はありません。

今回のように代表招集選手が離れた時、他の選手たちが力を発揮して遜色ないチームであり続けなければなりません。

逆に言えば、出場機会を得られるチャンスですので、全ての選手が、日頃の鍛錬を怠ることなく頑張ってもらいたいです。 

 

セレッソ大阪は、4試合を終えて、2勝2分けで勝ち点8。

次戦は、今季初の週2試合日程、中2日となる4月1日のJ2リーグ第5節、ジェフユナイテッド千葉とアウェイで対戦。

ここまで首位と好発進、J1昇格争いのライバルとなるであろうジェフを相手に、アウェイであっても勝ち点3が期待されたのですが・・・。

 

最後に、キングカズこと三浦知良選手について。

張本勲氏のテレビ発言を受けた対応で、改めて、スポーツマンとして、人としての器の大きさを見せました。

その半月ほど前となるこの試合、染谷選手のスパイクを受けて流血負傷しましたが、カズは、「こんなケガは当たり前。サッカー選手という感じで逆に充実感が沸いてくる。彼(染谷選手)も生活をかけて戦っている。」とコメント。

さすが、キングカズです。

今年は、出場機会を多く得て、プレーも充実している模様。

一サッカーファンとして、カズのますますの活躍を期待しています。

余談になりますが、張本氏は翌週、カズの対応を受けて「あっぱれ!」と言ったようですが、自分自身に「喝!」と言うべきでしょう(苦笑)。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

2015年4月22日 (水)

パブロ初ゴールで先制も追いつかれ、引分け。~2015年J2リーグ第3節セレッソ大阪vsファジアーノ岡山~

 

「2015明治安田生命J2リーグ」を戦うセレッソ大阪。

この厳しい戦いを勝ち抜いて、何が何でも1年でのJ1復帰を果たさなければなりません。

続いて、3月21日のJ2リーグ第3節、セレッソ大阪は、ファジアーノ岡山とアウェイで対戦。

試合結果は、1-1で引分け。

セレッソ大阪オフィシャルサイトの試合記録は、こちら

 

この試合の前、23日に永井選手、秋山選手が期限付き移籍で、一旦セレッソを離れることに。

スタメンは、GKキムジンヒョン、DF丸橋、染谷、山下、酒本、MF山口、扇原、パブロ、FWフォルラン、カカウ、玉田。

サブは、丹野、椋原、茂庭、長谷川、楠神、橋本、関口。

得点は、後半3分パブロ(1点目)、38分ファジアーノ。

セレッソの選手交代は、後半45分玉田→関口。

シュートは、セレッソ8本、ファジアーノ13本。

 

試合は、セレッソオフィシャルサイトやスポーツ紙などのウェブ、ダイジェスト映像などでチェック。

後半3分、相手陣でボールを奪った山口選手が、素早く左サイドのフォルラン選手へ、これを受けたフォルラン選手の絶妙のクロスに、パブロ選手がダイレクトで合わせて、セレッソ先制。

パブロ選手は、公式戦出場2試合目で、記念すべき移籍後初ゴール。

しかし、その後は、追加点を奪えず。

後半37分、ペナルティエリア内で山口選手がファウルの判定でPK、これを決められ追いつかれる。

このシーンを映像で見ましたが、ファウルなのか、ちょっと疑問でしたが。

試合は、そのまま1-1で引分け。

いろいろ見ていると、試合内容そのものは相手の方が良かったようですが、そういう展開でも、少ないチャンスで決め切る力が求められます。

これでアウェイで2連続引分けとなり、ホームではもちろんのことアウェイでも勝ち点3をもぎ取っていかないと、J1復帰を勝ち取ることはできません。 

 

セレッソ大阪は、3試合を終えて、1勝2分けで勝ち点5。

次戦は、3月29日のJ2リーグ第4節、横浜FCとホーム・ヤンマースタジアム長居で対戦。

2勝1分けと好発進の横浜FCを相手に、ホーム2連勝が期待されたこの試合、その結果は・・・。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

玉田2ゴール!扇原ダメ押しゴール!今季初勝利!~2015年J2リーグ第2節セレッソ大阪vs大宮アルディージャ(生観戦)~

 

「2015明治安田生命J2リーグ」を戦うセレッソ大阪。

この厳しい戦いを勝ち抜いて、何が何でも1年でのJ1復帰を果たさなければなりません。

セレッソの試合の記事更新が滞っておりまして、今日、この第2節から一気に更新していきたいと思います。 

 

2015開幕戦・東京ヴェルディ戦は、引分け。

続いて、3月15日、J2リーグ第2節で、セレッソ大阪は、大宮アルディージャとホーム開幕戦、ヤンマースタジアム長居で対戦。

試合結果は、3-1で勝利し、2015年初白星。

セレッソ大阪オフィシャルサイトの試合記録は、こちら

 

パブロ選手が出場停止、開幕戦でメンバーから外れた長谷川選手、カカウ選手がメンバー入り。

スタメンは、GKキムジンヒョン、DF丸橋、染谷、山下、酒本、MF山口、扇原、長谷川、FW関口、玉田、フォルラン。

サブは、丹野、椋原、茂庭、楠神、安藤、永井、カカウ。

得点は、後半8分玉田(1点目)、39分アルディージャ、45分玉田(2点目)、48分扇原(1点目)。

セレッソの選手交代は、後半開始長谷川→カカウ、33分関口→安藤、47分フォルラン→茂庭。

シュートは、セレッソ13本、アルディージャ10本。

入場者数は、15,584人。

 

ホーム開幕戦は、スタジアム生観戦。

帰宅後、セレッソオフィシャルサイトやスポーツ紙などのウェブ、ダイジェスト映像などで確認しました。 

 

仕事を終えてスタジアムへ、なんとか後半開始から滑り込み。

Cimg7563

 

今回は、南側のホームサポーター自由席。

スタジアムに入ると、選手交代のアナウンスで、カカウ選手が入る、というのが聞こえてきて、「え、リードされてるの!?」と思いましたが、前半を終了して0-0でした。

雨が降っていましたが、最前列へ。

Cimg7570

 

後半8分、玉田選手が先制ゴール!

これが、記念すべきセレッソ移籍後公式戦初ゴールとなりました。

関口選手のパスに反応し、絶妙のタイミングでディフェンスの裏を取っての見事なゴールでした。

Cimg7573

 

終盤、同点に追いつかれてイヤなムードに。

これを吹き飛ばしたのが、玉田選手!

自ら得たFKをゴール右隅に叩き込むスーパーゴールで、勝ち越し!

何度見ても、鮮やか軌道で素晴らしいです。

Cimg7578

 

ロスタイム、セレッソに戻ってきてくれた茂庭選手がピッチに。

サポーターから大声援!

 

そして、直後、扇原選手が、相手GKの飛び出しを見て、左サイドから無人のゴールへロングシュートを放り込み、ダメ押し!

距離もさることながら、角度があまり無いところからの素晴らしいコントロールでした。

Cimg7581

 

試合は、セレッソが3-1で勝利!

Cimg7583

Cimg7587

 

サポーターに挨拶する選手たち。

Cimg7591

 

テレビインタビューを終えた玉田選手が、サポーターに挨拶。

サポーターは、ひと際大きい拍手、声援、コールで迎えました。

Cimg7592

 

場内ヒーローインタビューは、もちろん玉田選手。

昨年まで、玉田選手がセレッソのユニフォームを着るなんて、想像もしていませんでした。

玉田選手、セレッソに来てくれて、ありがとう!

Cimg7598_2

Cimg7605

 

失点シーンは守備のマークに問題がありましたが、とにかく終了間際に勝ち越すことができて良かったです。

昨年だったら、そのまま引分けあるいは逆転という展開も、という雰囲気でしたし、勝ち点3ゲットできたのは、やはり大きいですね。

ちなみに、昨年、僕が生観戦したJ1リーグ戦は、3分け7敗と惨たんたる成績。(ACL2敗、天皇杯2勝。)

Jリーグでは2013年10月ベルマーレ戦以来久々となる生勝利で、とてもとてもとても気分良くスタジアムを後にすることができました。

 

セレッソ大阪は、2試合を終えて、1勝1分けで勝ち点4。

次戦は、3月21日のJ2リーグ第3節、ファジアーノ岡山とアウェイでの対戦。

開幕2連勝と好スタートを切ったファジアーノを破って、さらに勢いをつけてもらいたかったのですが・・・。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

2015年4月11日 (土)

大阪市営地下鉄天王寺駅に「セレッソ大阪応援ブース」が設置。

 

「セレッソ大阪応援ブース」が、大阪市営地下鉄天王寺駅に設置されています。

昨日、御堂筋線に乗車した際に立ち寄って、撮ってきました。

場所は、御堂筋線の改札内コンコース(東改札側)です。

 

Cimg7858

Cimg7861

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

2015年4月 7日 (火)

セレッソ大阪公式ファンサイトオープン!その名は「C'sGOAL」からの「まいど!セレッソ」。

 

セレッソ大阪公式ファンサイトが、2015年4月1日オープンしました!

公式ファンサイトの設置は、Jクラブとしては初、とのこと。

4月1日は、エイプリルフールということで、その名も「C’sGOAL」。

今年3月で閉鎖されたJリーグ公式ファンサイト「J’sGOAL」のスタイルを忠実に再現したデザインに。

翌2日からは、本来のデザインとなり、「まいど!セレッソ~マイセレ~」として、改めてスタートしました。

まいど!セレッソ~マイセレ~」のアドレスは、 http://www.mycerezo.jp/ です。

 

セレッソでは、年明けから公式ツイッターの情報発信力が飛躍的にアップして、サポーターから大好評。

そして、さらに、この「まいど!セレッソ~マイセレ~」オープンと、こうした積極的な取組みは、本当に素晴らしいと思います。

開設初日にサイトを見たとき、まだ初日にも関わらず、この中身の充実ぶりは、感動ものでした。

元セレッソの選手たち、アキこと西澤明訓さん、クルピ元監督などからの多くのメッセージも嬉しい限りです。

これからも「まいど!セレッソ」をはじめサポーター・ファンに向けた様々な展開を、どんどん進めていってほしいです。

セレッソ大阪サポーター以外の方も、「まいど!セレッソ~マイセレ~」をちょっとのぞいていただいて、一度スタジアムへと足を運んでいただけたら幸いです。

 

ヤンマースタジアム長居。

Cimg5020

Cimg5027

Cimg7587

 

キンチョウスタジアム。

Cimg0756

Cimg4372

Cimg2335

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

2015年4月 6日 (月)

2015年試合告知ポスター「For The Top of Dreams」。

 

2015年は、「明治安田生命J2リーグ」で、1年でのJ1復帰を目指すセレッソ大阪。

試合告知ポスターの第1弾は、今年のチームスローガン「For The Top of Dreams」。

写真は、セレッソ大阪のホームスタジアムがある東住吉区の駒川商店街で撮ったものです。

セレッソの次のホームゲームは、4月11日(土)、ツエーゲン金沢とキンチョウスタジアムで対戦、16時キックオフとなっています。

ホーム2連勝中のセレッソ、もちろん、狙うは3連勝です。

ゴール&勝利を!!!

がんばれ、セレッソ大阪!!!

 

20151

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

2015年4月 5日 (日)

【最終】2015年 セレッソ大阪堺レディース&ガールズの試合日程&結果。(2016年1月7日現在)

 

セレッソ大阪の女子チーム、「セレッソ大阪堺レディース」。

2010年に中学生年代でスタートし、自ら育成するというコンセプトのもと、現在、年長者が新高校3年生というフレッシュな選手構成となっています。

 

セレッソ大阪堺レディースは、昨年、昇格2年目の「プレナスチャレンジリーグ」で16チーム中14位となり、残念ながら、今年創設の「なでしこリーグ2部」参入には届きませんでした。

もちろん、今年の目標は、「なでしこリーグ2部」昇格です。

今年の「プレナスチャレンジリーグ」は12チームで構成され、EAST・WEST各6チームに分かれて3回戦総当たりリーグ戦(15試合)を実施。

それぞれ上位2チーム、計4チームが、プレーオフで1回戦総当たりリーグ戦(3試合)を行い、1位が自動昇格、2位が入れ替え戦出場となります。

 

セレッソ大阪堺ガールズは、昨年、昇格1年目の「関西女子サッカーリーグ2部」で見事優勝し、昇格。

今年は、「関西女子サッカーリーグ1部」所属となります。

 

ということで、2015年のレディースとガールズの試合日程について、以下のとおり、まとめてみました。

関西女子サッカーリーグ1部、皇后杯などについては、日程発表後に追記していきます。

サッカーと学業を両立させながら頑張る選手たちに、温かい声援をよろしくお願いします。

 

なお、セレッソ大阪オフィシャルサイトに、「セレッソ大阪堺レディースを応援してくださるファン・サポーターの皆様へ」がリリースされています。

掲載されている内容・趣旨を十分踏まえた上で、彼女たちを応援していきましょう。

 

【2015年日程】

 ※【チャ】はプレナスチャレンジリーグ、【1部】は関西女子サッカーリーグ1部、【皇后杯】は第37回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会、【関西】は関西女子サッカー選手権大会、【U‐18】は第19回全日本女子ユース(U‐18)サッカー選手権大会、【U-15】は第20回全日本女子ユース(U‐15)サッカー選手権大会、【大阪ジュニア】は第22回大阪女子ジュニアユースサッカー大会、

○セレッソ大阪堺レディース

 《4月》

 5日 【チャ】○3-2バニーズ京都SC (J-GREEN堺)
12日 【チャ】○3-0益城ルネサンス熊本フットボールクラブ(J-GREEN堺)
19日 【チャ】○2-1静岡産業大学磐田ボニータ(アウェイ)
26日 【チャ】○1-0JFAアカデミー福島(J-GREEN堺)

 《5月》

 2日 【チャ】○5-1NGU名古屋FCレディース(アウェイ)
17日 【チャ】○6-3JFAアカデミー福島(アウェイ)
23日 【チャ】○4-0NGU名古屋FCレディース(J-GREEN堺)
31日 【チャ】○1-0静岡産業大学磐田ボニータ(南津守)

 《6月》

21日 【チャ】○7ー1益城ルネサンス熊本フットボールクラブ(アウェイ)
27日 【チャ】○2-1バニーズ京都SC(アウェイ)
         ※WEST優勝決定&プレーオフ進出決定!

 《8月》

 2日 【チャ】△3-3バニーズ京都SC(J-GREEN堺)
 8日 【チャ】○2-1益城ルネサンス熊本フットボールクラブ(南津守)

 《9月》

 6日 【チャ】○1-0静岡産業大学磐田ボニータ(アウェイ)
12日 【チャ】△2-2JFAアカデミー福島(南津守)
19日 【チャ】○3-0NGU名古屋FCレディース(アウェイ)
         ※WEST 13勝2分け0敗
23日 【皇后杯(関西大会)】準々決勝●2-3日ノ本学園高 ※準々決勝敗退

 《10月》

< 4日 【皇后杯(関西大会)】準決勝vs未定>
<11日 【皇后杯(関西大会)】決勝or3位決定戦vs未定>

10~28日 【チャ】プレーオフ ※リーグ戦2位以上の場合プレーオフ進出決定!
  第1節 12日●1-3常盤木学園高校(金鳥スタ)
  第2節 17日○5-2静岡産業大学磐田ボニータ(南津守)
  第3節 24日○5-1横浜FCシーガルズ(神奈川)
   ※2位&なでしこリーグ2部自動昇格決定!!!

<入れ替え戦>※プレーオフ2位の場合
 <ホーム&アウェイ 日未定 vsなでしこリーグ2部9位>自動昇格決定!!!

 

 ○セレッソ大阪堺ガールズ

 《4月》

19日 【1部】○5-0宝塚エルバイレLFC
29日 【U-15(大阪府予選)】2回戦○16-0大阪市レディースFC

 《5月》

 4日 【1部】△0-0FCヴィトーリア
 6日 【U-15(大阪府予選)】準決勝○3-2FCヴィトーリア ※関西大会進出決定!
10日 【U-15(大阪府予選)】決勝○2-0スペランツァFC大阪高槻U18 ※優勝!
17日 【1部】○3-1神戸FCレディース
31日 【U-15(関西大会)】グループリーグ
                ○2-0神戸FCレディース
                ○13-0和歌山ユースサッカークラブ

 《6月》

 7日 【U-15(関西大会)】順位決定リーグ
                ●1-2INAC神戸レオネッサU-15
                ○2-1FC VICTORIES
                 ※2位・全国大会進出決定!
14日 【1部】○3-0大商学園高等学校

 《7月》

12日 【1部】○9-2神戸メニーナSC
19日 【1部】○1-0京都紫光SC
25~31日 【U-15(全国大会)】
         25日 1回戦○2-0ジェフ千葉レディースRame
         26日 2回戦○4-0FC.フェルボール.MIMOSA
         28日 準々決勝○0-0(PK4-2)大宮FCエンジェルス05
         29日 準決勝○1-0アルビレックス新潟レディースU-15
         31日 決勝○1-0JFAアカデミー福島
 ※「第20回全日本女子ユース(U‐15)サッカー選手権大会」初優勝!

 《8月》

 8~23日 【ユース(大阪府予選)】
          8日 1回戦○24-0豊津女子FC
          9日 2回戦○12-1FCヴィトーリア
         23日 決勝○7-0スペランツァ大阪高槻U-18
 ※優勝&関西大会進出決定!

15~22日 【大阪ジュニア】
         15日 ○6-0スペランツァ大阪高槻
         15日 ○1-0大阪COSMO.FC
         22日 ○4-1大阪COSMO.FC
         22日 ●1-2FCヴィトーリア ※準優勝

30日 【ユース(関西大会)】○4-0INAC神戸レオンチーナ 

 《9月》

 6日 【ユース(関西大会)】○4-0準決勝vs神戸フットボールクラブレディース
19日 【ユース(関西大会)】○7-1決勝vsFC VICTORIES
 ※優勝&全国大会進出決定!

20日 【1部】○7-1FCテーラ
22日 【1部】△2-2INAXレオンチーナ
27日 【1部】○4-2FC VICTORIES
 ※関西女子サッカーリーグ1部優勝!

 《11月》

1~3日 2015チャレンジリーグ入替戦予選大会(静岡)
  第1節 1日△0-0INAC神戸レオンチーナ
  第2節 2日●2-4オルカ鴨川FC
  第3節 3日△2-2ディオッサ出雲F.C.
 ※3位(入替戦出場ならず)

 《2016年1月》

3~7日 【U-18(全国大会)】
         3日 1回戦○10-1大分トリニータ レディース
         4日 2回戦○15-1クラブフィールズ・リンダ
         6日 準決勝○2-1浦和レッズレディースユース
         7日 決  勝○0-0(PK5-4)日テレ・メニーナ
 ※「第19回全日本女子ユース(U‐18)サッカー選手権大会」初優勝!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ