« 完敗も昇格プレーオフ出場決定。アウトゥオリ監督、せめて4-3-3はやめてください。~2015年J2リーグ第40節セレッソ大阪vsツエーゲン金沢~ | トップページ | 「日刊サイゾー」にセレッソの記事。さすが「日刊うさんクサイゾー」もしくは「日刊ゲンダイ大師匠の劣化版」!(苦笑) »

2015年11月14日 (土)

パスの質低過ぎ。シュート枠に飛ばず。玉際の厳しさ感じられず。攻め方不徹底。交代のピントずれ過ぎ。落ちる所まで落ちたがとにかく何としても上げていくしかない!~2015年J2リーグ第41節セレッソ大阪vsV・ファーレン長崎~

 

「2015明治安田生命J2リーグ」を戦うセレッソ大阪。

この厳しい戦いを勝ち抜いて、何が何でも1年でのJ1復帰を果たさなければなりません。

前節のツエーゲン金沢戦に敗れ、3位の可能性も完全消滅、その一方で他チームの結果により昇格プレーオフ出場が決定しました。

残り2試合、セレッソとしては、昇格プレーオフ準決勝をホームで戦える4位をキープしたいところ。

11月14日のJ2リーグ第41節、セレッソ大阪は、V・ファーレン長崎とアウェイで対戦、その結果は、0-2で連敗。

セレッソ大阪オフィシャルサイトの試合記録は、こちら

 

山口選手が代表へ、扇原選手が出場停止、丸橋選手が前節に続いてベンチ外、田代選手もベンチ外ですがコンディションに問題があったのでしょうか。

システムは、今季、試合途中からはありましたが、スタートからは初となる3バックで、3-5-2。

秋山選手も負傷離脱しておりボランチが橋本選手のみということで、橋本選手をワンボランチに置くこのシステムに。

まずは4-3-3にしなかったことは評価したいと思いますし、山口選手が戻った後も、4-3-3はやめてもらいたいです。

ということで、スタメンは、GKキムジンヒョン、DF茂庭、中澤、山下、MF田中、橋本、小暮、パブロ、関口、FW玉田、エジミウソン。

サブは、丹野、椋原、楠神、酒本、岡田、阪本、沖野。

得点は、後半11分、22分V・ファーレン。

セレッソの選手交代は、後半20分中澤→沖野。

シュートは、セレッソ7本、V・ファーレン11本。

 

試合は、skyA sports+で最初から最後まで観戦。

このところホーム戦は仕事のため行けず、スカパー!にも加入していないので、ダイジェストのみで、試合をフルで観たのは久々でしたが、ここまでヒドい状態とは・・・・・・。

 

前半、守備は、中澤選手のイージーパスミスから招いたピンチはキムジンヒョン選手が止め、それ以外は大きなピンチは無し。

一方、攻撃は、ボールを持った時は3バックの両側がワイドに開きサイドバックが高めの位置を取る形。

しかし、ボールが前に運べなくなると、関口選手、さらには玉田選手も下りてくるため、前線に人数が少ない場面も多くなり、チャンスは関口選手の2本のシュートくらいでした。

 

後半早々、キムジンヒョン選手の無理な飛び出しでゴールがガラ空きとなるも、中澤選手がシュートをブロック。

ただ、防いでくれましたが、その前にああいう形で中澤選手が裏を突かれると厳しいところではあります。

続くミドルは、キムジンヒョン選手がナイスセーブ。

しかし、山下選手のパスミスから、セレッソの右サイドを突破されると、あっさりと逆サイドへのクロスを許し、ファーサイドで合わされ失点。

その後も、度々攻め込まれ、劣勢が続く。

アウトゥオリ監督は、第15節以来の出場となる沖野選手を入れて、4バックに変更。

点を取るために守備の枚数を減らして攻撃的選手を入れるなら、小暮選手の守備ではなおさら厳しいのでは、ならば同時に右サイドを椋原選手に変えるべきでは。

と思っていたら、システム変更が落ち着かないところを左右に振られてあっけなく失点。

その後、攻めるも、決定的なチャンスを作ることはできず。

CK、FKを多く得ても、得点に結び付けられず。

V・ファーレンに余裕を持ってゲームを進められ、スコア以上の惨敗に終わりました。

 

とにかく、パスの質があまりに低過ぎ、パスミスも多過ぎ。

シュートは、ことごとく枠に飛ばない。

さらには、玉際の厳しさが感じられません。

サイドバックを高く上げても、中央に枚数を置いて早めにクロスを入れるとか、サイドバックに前の選手たちが絡んでさらに深くエグるとか、どう攻めるのかの攻め方が不徹底。

そして、交代のピントがずれ過ぎ。

先に愛媛が負けているわけで、ここで勝ち点1を取れば、得失点差からしてほぼ4位を決めることができたのに、1点ビハインドとはいえ、あんなに慌てて守備を薄くして攻撃に比重を置く必要はなかったのでは。

その割には、2点目を取られた後も、フレッシュな攻撃的選手を投入することなく、結局カードを2枚残したまま終えてしまいました。

チーム状態は、落ちる所まで落ちてしまいました。

でも、ここで落ち込んでいたところで、何も生まれませんし、何の解決にもなりません。

何としても、上げていくしかありません!

 

落ちる所まで落ちましたが、幸いにもプレーオフ進出を決めており、まだ今なら間に合います。

考えようによっては、ここ9試合でわずか1勝、わずか勝ち点7で、この位置に居るというのは、まだツキがあるとも言えます。

とにかくネガティブになっては絶対ダメ、前を上を向いていきましょう!

最終戦までの中8日、いかに気持ちを建て直すか、強い気持ちを持てるか、全ての面においてプレーの質を戻せるか、高められるか。

今一度、選手全員が自分を見つめ直し、絶対にJ1に復帰するんだという意思を前面に出して戦ってもらいたいです。

そして、システムをどうするかも大きな問題です。 

山口選手が代表から戻るも、扇原選手が次節も出場停止。

僕は4-3-3では前がかりになった時にスペースが開き過ぎて失点の可能性が高いと思うので、やめてもらいたい派です。

4-4-2が良いとは思いますが、今の守備の状態では、枚数をかけてまずは守りから入る、という考え方も必要では、と思います。

ということで、3-4-2-1or3-4-1-2。

3バック自体は悪いとは思わないので、プラスダブルボランチにして、サイドが上がった際にもすぐフォロー、カバーできるように。

前の3人は、田代選手が大丈夫なのであれば、田代選手、玉田選手、パブロ選手or楠神選手でスタートしてもらいたいですね。

 

そうそう、セレッソ側ゴール裏に黒ドクロの旗が掲げられてますけど、ドクロって縁起悪いな~、やめてほしいな~、って思うのは僕だけでしょうか。

 

セレッソは、41試合を終えて、17勝13分け11敗で勝ち点64、得点55・失点40・得失点差+15、順位は4位で変わらず。

5位愛媛FCも敗れて勝ち点62と変わらずも、愛媛もプレーオフ出場決定。

V・ファーレン長崎が60に伸ばして6位浮上、引分けた東京ヴェルディが58で7位に上がり、敗れたジェフ千葉が57で8位に、とプレーオフ争いはここまで。

また、2位ジュビロ引分け、3位アビスパ勝利により、両チームが勝ち点で並び、自動昇格争いは最終節までもつれ込むことに。

ということで、セレッソ目線で行くと、昇格プレーオフ準決勝は、4位をキープした場合がホームで5位愛媛orV・ファーレン、5位に落ちた場合はアウェイ戦で4位愛媛となります。

そして、アルディージャが勝利し、J2優勝とJ1復帰を決めました。

 

セレッソの次戦は、レギュラーシーズン最終戦、11月23日のJ2リーグ第42節、東京ヴェルディとホーム・キンチョウスタジアムでの対戦となります。

勝てば文句なく4位、引分けで愛媛が勝っても得失点差からして4位キープが濃厚です。

4位で終えると、プレーオフ準決勝をホームで戦えるのに加えて、引分けでも決勝に進めます。

今から消極的な事を言うのは如何なものか、というのはありますが、決勝に上がれば「勝ち」、決勝に上がらなければ話になりませんから。

とにかく4位をキープしよう!!!

がんばれ、セレッソ大阪!!!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

« 完敗も昇格プレーオフ出場決定。アウトゥオリ監督、せめて4-3-3はやめてください。~2015年J2リーグ第40節セレッソ大阪vsツエーゲン金沢~ | トップページ | 「日刊サイゾー」にセレッソの記事。さすが「日刊うさんクサイゾー」もしくは「日刊ゲンダイ大師匠の劣化版」!(苦笑) »

セレッソ大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 完敗も昇格プレーオフ出場決定。アウトゥオリ監督、せめて4-3-3はやめてください。~2015年J2リーグ第40節セレッソ大阪vsツエーゲン金沢~ | トップページ | 「日刊サイゾー」にセレッソの記事。さすが「日刊うさんクサイゾー」もしくは「日刊ゲンダイ大師匠の劣化版」!(苦笑) »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ