« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月の11件の記事

2016年3月30日 (水)

世界で羽ばたけ!桜の戦士たち!2015-2016 vol.21

 

セレッソ大阪から海外のクラブへ移籍した、香川真司選手、乾貴士選手、清武弘嗣選手、キムボギョン選手、南野拓実選手、長谷川アーリアジャスール選手、平野甲斐選手(期限付き)、山口蛍選手。

彼らの選手たちの活躍を願って、試合出場をはじめとするニュースを掲載しています。

vol.21の今回は、3月22日から3月29日までについて書いていきます。

 

日本代表では、清武選手が、W杯アジア2次予選・アフガニスタン代表戦で1ゴール&2アシストを含む4得点に絡む大活躍!

今日のシリア戦は、ベンチスタートが予想されますが、出場チャンスが回ってきたら、今日もゴール&アシストを決めてもらいたいです。

U-23日本代表では、南野選手が、国際親善試合・前回五輪王者のU-23メキシコ代表戦で貴重な追加点を決める!

リオ五輪本番まで約4か月、さらに力を磨き上げていってほしいです。

そして、今日、湘南ベルマーレから、長谷川選手の加入が発表!

セレッソ復帰は現在の中盤の選手層からして無さそうかなと思っていましたが、新たなチームが決まって良かったです。

がんばれ、アーリア!!!

 

《日本代表》

3月24日のW杯アジア2次予選で、アフガニスタン代表と対戦。

清武選手はスタメンフル出場、香川選手は64分から出場、山口選手は出場機会なし。

清武選手は、先制ゴールをアシスト、2点目となるゴール、4点目の吉田選手のゴールをCKでアシスト、さらには5点目にも絡んで、レギュラー獲りへ大きくアピール。

試合は5-0で勝利、これにより、日本はアジア最終予選進出が決定。

 

《U-23日本代表》

3月25日の国際親善試合で、U-23メキシコ代表と対戦。

南野選手は、スタメン出場、65分に交代。

33分、中島選手からのパスを受けた久保選手が絶妙ヒールパス、右サイドに走り込んでいた南野選手がきっちり決めて、追加点。

試合は、2-1で勝利。

 

3月28日の練習試合で、スポルティングB(スペイン2部)と対戦。

南野選手は、スタメン出場、前半終了後交代。

試合は1-1で引分け。

 

 

《香川真司選手(ドイツ ボルシア・ドルトムント(日本語))》 背番号23

   ※香川選手のオフィシャルサイトはこちら。ブログはこちら。ツイッターはこちら。インスタグラムはこちら

 

ドルトムントは、ブンデスリーガ27試合を終えて、20勝4分け3敗の勝ち点64、順位は首位バイエルンと勝ち点差5の2位。

 

 〔香川選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦22試合(スタメン20試合・フル出場9試合)5ゴール・6アシスト
  ○ カップ戦4試合(スタメン2試合・フル出場0試合)1ゴール・2アシスト
  ○ ヨーロッパリーグ11試合(スタメン7試合・フル出場4試合)3ゴール・2アシスト

 〔香川選手の関連記事〕

  〇 スポーツニッポン 香川選手関連記事
  ○ 日刊スポーツ 香川選手関連記事
  〇 サンケイスポーツ 香川選手関連記事
  〇 ブンデスリーガ公式サイト(ドルトムント)

 

 

《乾貴士選手(スペイン エイバル)》 背番号8

   ※乾選手のオフィシャルブログはこちら。ツイッターはこちら。インスタグラムはこちら。エイバル公式ツイッターはこちら

 

エイバルは、リーガ・エスパニョーラ1部30試合を終えて、10勝8分け12敗の勝ち点38、順位は9位。

 

 〔乾選手の今季出場状況〕

 (スペイン)
  ○ リーグ戦22試合(スタメン15試合・フル出場5試合)3ゴール・3アシスト
  ○ カップ戦2試合(スタメン1試合・フル出場1試合)0ゴール・1アシスト

 (ドイツ)
  ○ リーグ戦1試合(スタメン1試合・フル出場0試合)0ゴール・0アシスト
  ○ カップ戦1試合(スタメン1試合・フル出場0試合)0ゴール・0アシスト

 〔乾選手の関連記事〕 

  〇 スポーツニッポン 乾選手関連記事
  〇 サンケイスポーツ 乾選手関連記事

 

 

《清武弘嗣選手(ドイツ ハノーファー)》 背番号10

   ※清武選手のオフィシャルブログはこちら

 

ハノーファーは、ブンデスリーガ27試合を終えて、5勝2分け20敗の勝ち点17で、順位は18位、勝ち点差は残留圏の15位、プレーオフ出場の16位、さらには同じく自動降格圏の17位といずれも10。

 

 〔清武選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦15試合(スタメン14試合・フル出場8試合)3ゴール・5アシスト
  ○ カップ戦0試合(スタメン0試合・フル出場0試合)0ゴール・0アシスト

 〔清武選手の関連記事〕  

  〇 スポーツニッポン 清武選手関連記事
  〇 サンケイスポーツ 清武選手関連記事
  〇 ブンデスリーガ公式サイト(ハノーファー)

 

 

《キムボギョン選手(韓国 全北現代モータース)》 背番号13

   ※キムボギョン選手のツイッターはこちら

 

全北現代モータースは、Kリーグクラシック2試合を終えて、1勝1分けの勝ち点4。

 

 〔キムボギョン選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦0試合(スタメン0試合・フル出場0試合)0ゴール
  ○ ACL2試合(スタメン2試合・フル出場0試合)0ゴール

 

 

《南野拓実選手(オーストリア ザルツブルク)》 背番号18

   ※南野選手のツイッターはこちら

 

ザルツブルクは、オーストリア・ブンデスリーガ28試合を終えて、15勝9分け4敗の勝ち点54で、首位。

 

 〔南野選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦26試合(スタメン17試合・フル出場7試合)9ゴール・2アシスト
  ○ カップ戦4試合(スタメン3試合・フル出場1試合)2ゴール・1アシスト
  ○ チャンピオンズリーグ0試合(スタメン0試合・フル出場0試合)0ゴール・0アシスト
  ○ ヨーロッパリーグ2試合(スタメン2試合・フル出場1試合)1ゴール・1アシスト

 〔南野選手の関連記事〕

  ○ スポーツニッポン南野選手関連記事
  ○ サンケイスポーツ南野選手関連記事

 

 

《長谷川アーリアジャスール選手(未定)》 背番号

   ※長谷川選手のツイッターはこちら

 

今年1月をもって、スペイン2部・サラゴサを退団となっていた長谷川選手。

今日29日、J1・湘南ベルマーレから長谷川選手の加入が発表されました。

ベルマーレのニュースリリースは、こちら

レギュラーの座を勝ち取って、チームの勝利に貢献できるよう頑張ってほしいです。

 

 〔長谷川選手の今季出場状況〕

 (スペイン)
  ○ リーグ戦8試合(スタメン5試合・フル出場1試合)0ゴール
  ○ カップ戦1試合(スタメン1試合・フル出場0試合)0ゴール

 〔長谷川選手の関連記事〕

  ○ サンケイスポーツ長谷川選手関連記事 

 

 

《平野甲斐選手(タイ アーミー・ユナイテッド)》 背番号19

   ※平野選手のツイッターはこちら

 

アーミー・ユナイテッドは、タイ・リーグ4試合を終えて、1勝3敗の勝ち点3で、順位は17位。

 

 〔平野選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦1試合(スタメン1試合・フル出場0試合)1ゴール
  ○ カップ戦 試合(スタメン 試合・フル出場 試合) ゴール

 〔平野選手の関連記事〕

  ○ タイプレミアリーグへ行こう!

 

 

《山口蛍選手(ドイツ ハノーファー)》 背番号16

   ※山口選手のオフィシャルブログはこちら。ツイッターはこちら

 

ハノーファーは、ブンデスリーガ27試合を終えて、5勝2分け20敗の勝ち点17で、順位は18位、勝ち点差は残留圏の15位、プレーオフ出場の16位、さらには同じく自動降格圏の17位といずれも10。

 

 〔山口選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦6試合(スタメン6試合・フル出場3試合)0ゴール・0アシスト

 〔山口選手の関連記事〕

  〇 スポーツニッポン 山口選手関連記事
  〇 サンケイスポーツ 山口選手関連記事
  〇 ブンデスリーガ公式サイト(ハノーファー)

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

2016年3月27日 (日)

ブルーノ&杉本ゴールも土壇場で追いつかれ引分け。~2016年J2リーグ第5節セレッソ大阪vsツエーゲン金沢~

 

「2016明治安田生命J2リーグ」を戦うセレッソ大阪。

昨年J1復帰を逃したセレッソとしては、今年こそはJ1復帰を勝ち取らねばなりません。

前週のモンテディオ山形戦では土壇場で田代選手が決めて、4戦連続1-0で開幕4連勝。

 

続いて3月26日のJ2リーグ第5節、セレッソ大阪は、ツエーゲン金沢とホーム・キンチョウスタジアムで対戦しました。

J1復帰に向けてさらに勝ち点3を積み上げたいこの試合でしたが、結果は2-2で引分け。

セレッソ大阪オフィシャルサイトの試合記録は、こちら

 

スタメンは5戦連続同じメンバー、サブはインフルエンザなどにより変更。

スタメンは、GKキムジンヒョン、DF丸橋、茂庭、山下、松田、MFソウザ、山村、ブルーノ メネゲウ、柿谷、FW杉本、リカルド サントス。

サブは、北野、田中、中澤、扇原、関口、、玉田、澤上。

得点は、4分ブルーノ(1点目)、26分ツエーゲン、63分杉本(1点目)、94分ツエーゲン。

セレッソの選手交代は、67分杉本→関口、80分茂庭→中澤、83分リカルド サントス→澤上。

シュートは、セレッソ10本、ツエーゲン13本。

入場者数は、11,482人。

 

仕事のためスタジアムには行けず、仕事を終えてから結果を確認、帰宅後、セレッソオフィシャルサイト、まいど!セレッソ~マイセレ~、ダイジェスト映像などでチェック。

 

開始早々、山村選手のロングパスをブルーノ選手がナイストラップ、相手GKが出てくるのを見ながらアウトサイドで押し込んで、先制。

こちらもJ2今週のベストゴール候補に選ばれるくらいのファインゴールでしょう!と思っていたら、やべっちFCのサブイボに選んでいただけたようで、さすが、やべっち!

これまでの4試合で惜しいシュートがありましたが待望の初ゴール、高い能力を持っているのは試合を見ていて十二分に感じられるので、さらにさらに期待大です。

26分、相手CKにジンヒョン選手が飛び出すも触れず頭で合わされ、同点に追いつかれる。

これが今季初失点、前半は1-1で折り返し。

 

後半、エリア内に入った柿谷選手が倒されるも、審判はPKを取らず。

相手DFは裏を取られて後ろから倒してますから、これは明らかに決定機阻止でPKでしょう!

63分に待望の勝ち越し点、相手のパスミスから杉本選手がミドルシュートをゴール右隅に決める。

相手が寄せてこなかったのを見逃さずナイスゴール、セレッソ復帰後初ゴールがJ2今週のベストゴール候補に。

リカルド選手が右に流れた相手DFを引きつけた動きも良かったです。

この後、当然もう1点取りたいところでしたが、ゴールは生まれず。

ロスタイム、クリアボールを詰めに行った関口選手が相手を倒したとの判定でPK、これを決められ追いつかれる。

詰めに行くのは当然ですが、思いのほか相手のダッシュが早かったというのもあったのでしょう、残念ではありますが、これはまだやむを得ない部類でしょう。

というか、これがPKなら、柿谷選手が倒されたのもPKでしょう!

終了間際、ブルーノ選手が相手GKをかわしてシュート、決まったか!?と思われましたが、相手DFにブロックされて勝ち越しならず、そのまま2-2で終了。

 

今季初の複数得点となりましたが、やはり勝ち越してからさらに追加点が欲しかったところ。

守備は、PKはともかくとして、セットプレー対応をしっかりと確認し直してほしいです。

 

この試合で負傷した茂庭選手は全治3週間の診断、早くピッチに戻れるよう願っています。

この穴を中澤選手をはじめ皆でカバーできるよう、ぜひとも頑張ってもらいたいです。

 

セレッソは、5試合を終えて、4勝1分けの勝ち点13、得失点差により2位。

スポーツ紙は「首位陥落」とか書いてますが、まだ5試合目で「陥落」は大げさです(苦笑)。

 

セレッソの次戦は、4月3日(日)の第6節、ジェフユナイテッド千葉とホーム・キンチョウスタジアムで対戦。

ジェフとの昨年の対戦成績は、2引分け。

前節勝てなかったホームで今度こそ勝利を!!!

そして、J1昇格争い直接対決ですから、突き放すのと並ばれるのでは大違い。

もちろん突き放すのみ!!!

勝ち点3しかあり得ない!!!

がんばれ、セレッソ大阪!!!

 

 

セレッソ大阪U-23は、この前日となる4月2日(土)のJ3リーグ第3節、FC琉球と対戦。

こちらも同じく、ホーム・キンチョウスタジアムにて。

こちらも頑張れ!!!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

2016年3月22日 (火)

世界で羽ばたけ!桜の戦士たち!2015-2016 vol.20

 

セレッソ大阪から海外のクラブへ移籍した、香川真司選手、乾貴士選手、清武弘嗣選手、キムボギョン選手、南野拓実選手、長谷川アーリアジャスール選手、平野甲斐選手(期限付き)、山口蛍選手。

彼らの選手たちの活躍を願って、試合出場をはじめとするニュースを掲載しています。

vol.20の今回は、3月15日から3月21日までについて書いていきます。

 

乾選手が、引分けに持ち込むナイスアシスト!

平野選手が、ビューティフルゴール!

ハノーファーは、残留争い直接対決に敗れてさらに窮地に追い込まれましたが、気持ちを切らさず最後まで戦い抜いてもらいたい!

 

3月17日、香川選手の27歳の誕生日。

シンジ、誕生日おめでとう!

 

W杯アジア2次予選に臨む日本代表メンバーに、香川選手、清武選手、山口選手が選出!

ポルトガル遠征を行うU-23日本代表メンバーに、南野選手が選出!

日本の勝利のために頑張れ!

 

《香川真司選手(ドイツ ボルシア・ドルトムント(日本語))》 背番号23

   ※香川選手のオフィシャルサイトはこちら。ブログはこちら。ツイッターはこちら。インスタグラムはこちら

 

3月17日のヨーロッパリーグ・ラウンド16第2戦、トッテナム(イングランド)と対戦。
香川選手は、ベンチスタートとなり、71分から出場。
試合は、2-1で勝利。
2戦2勝で準々決勝に進出。

準々決勝の組合せ抽選が行われ、対戦相手がクロップ監督率いるリバプールに決定。
第1戦が4月7日、第2戦が4月14日に開催されます。

 

3月20日のブンデスリーガ第27節、アウクスブルクと対戦。
香川選手は、スタメン出場、62分に交代。
試合は、3-1で勝利。

ブンデスリーガ27試合を終えて、20勝4分け3敗の勝ち点64、順位は首位バイエルンと勝ち点差5の2位。

 

 〔香川選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦22試合(スタメン20試合・フル出場9試合)5ゴール・6アシスト
  ○ カップ戦4試合(スタメン2試合・フル出場0試合)1ゴール・2アシスト
  ○ ヨーロッパリーグ11試合(スタメン7試合・フル出場4試合)3ゴール・2アシスト

 〔香川選手の関連記事〕

  〇 スポーツニッポン 香川選手関連記事
  ○ 日刊スポーツ 香川選手関連記事
  〇 サンケイスポーツ 香川選手関連記事
  〇 ブンデスリーガ公式サイト(ドルトムント)

 

 

《乾貴士選手(スペイン エイバル)》 背番号8

   ※乾選手のオフィシャルブログはこちら。ツイッターはこちら。インスタグラムはこちら。エイバル公式ツイッターはこちら

 

3月18日のリーガ・エスパニョーラ1部第30節、ヘタフェと対戦。
乾選手は、スタメンフル出場。
1点を追う87分、乾選手が左サイドを駆け上がってエリア内に入り相手DFを引き付けてから中央へクロス、これをボルハ選手がヒールシュートを決めて土壇場で追いつく。
試合は、1-1で引分け。

リーガ・エスパニョーラ1部30試合を終えて、10勝8分け12敗の勝ち点38、順位は9位。

 

 〔乾選手の今季出場状況〕

 (スペイン)
  ○ リーグ戦22試合(スタメン15試合・フル出場5試合)3ゴール・3アシスト
  ○ カップ戦2試合(スタメン1試合・フル出場1試合)0ゴール・1アシスト

 (ドイツ)
  ○ リーグ戦1試合(スタメン1試合・フル出場0試合)0ゴール・0アシスト
  ○ カップ戦1試合(スタメン1試合・フル出場0試合)0ゴール・0アシスト

 〔乾選手の関連記事〕 

  〇 スポーツニッポン 乾選手関連記事
  〇 サンケイスポーツ 乾選手関連記事

 

 

《清武弘嗣選手(ドイツ ハノーファー)》 背番号10

   ※清武選手のオフィシャルブログはこちら

 

3月19日のブンデスリーガ第27節、フランクフルトと対戦。
清武選手は、スタメンフル出場。
試合は、0-1で敗戦。

ブンデスリーガ27試合を終えて、5勝2分け20敗の勝ち点17で、順位は18位、勝ち点差は残留圏の15位、プレーオフ出場の16位、さらには同じく自動降格圏の17位といずれも10。

 

 〔清武選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦15試合(スタメン14試合・フル出場8試合)3ゴール・5アシスト
  ○ カップ戦0試合(スタメン0試合・フル出場0試合)0ゴール・0アシスト

 〔清武選手の関連記事〕  

  〇 スポーツニッポン 清武選手関連記事
  〇 サンケイスポーツ 清武選手関連記事
  〇 ブンデスリーガ公式サイト(ハノーファー)

 

 

《キムボギョン選手(韓国 全北現代モータース)》 背番号13

   ※キムボギョン選手のツイッターはこちら

 

3月15日のACLグループリーグ第3節、ビンズオンと対戦。
キムボギョン選手は、ベンチ外。
試合は、2-0で勝利。

グループリーグ3試合を終えて、2勝1敗の勝ち点6で首位。 

 

3月20日のKリーグクラシック第2節、蔚山現代FCと対戦。
キムボギョン選手は、ベンチ外。
試合は、0-0で勝利。

Kリーグクラシック2試合を終えて、1勝1分けの勝ち点4。

 

 〔キムボギョン選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦0試合(スタメン0試合・フル出場0試合)0ゴール
  ○ ACL2試合(スタメン2試合・フル出場0試合)0ゴール

 

 

《南野拓実選手(オーストリア ザルツブルク)》 背番号18

   ※南野選手のツイッターはこちら

 

3月19日のオーストリア・ブンデスリーガ第28節、マッターズブルクと対戦。
南野選手は、ベンチスタートとなり、68分から出場。
試合は、2-1で勝利。

オーストリア・ブンデスリーガ28試合を終えて、15勝9分け4敗の勝ち点54で、首位。

 

 〔南野選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦26試合(スタメン17試合・フル出場7試合)9ゴール・2アシスト
  ○ カップ戦4試合(スタメン3試合・フル出場1試合)2ゴール・1アシスト
  ○ チャンピオンズリーグ0試合(スタメン0試合・フル出場0試合)0ゴール・0アシスト
  ○ ヨーロッパリーグ2試合(スタメン2試合・フル出場1試合)1ゴール・1アシスト

 〔南野選手の関連記事〕

  ○ スポーツニッポン南野選手関連記事
  ○ サンケイスポーツ南野選手関連記事

 

 

《長谷川アーリアジャスール選手(未定)》 背番号

   ※長谷川選手のツイッターはこちら

 

先週のウェブ記事によると、長谷川選手は、フィンランド1部に所属しているSJKのスペインキャンプに参加。

現時点で新たなチームの決定に関するニュースは目にしていませんが、新たな活躍の場が早く決まることを願っています。

 

 〔長谷川選手の今季出場状況〕

 (スペイン)
  ○ リーグ戦8試合(スタメン5試合・フル出場1試合)0ゴール
  ○ カップ戦1試合(スタメン1試合・フル出場0試合)0ゴール

 〔長谷川選手の関連記事〕

  ○ サンケイスポーツ長谷川選手関連記事 

 

 

《平野甲斐選手(タイ アーミー・ユナイテッド)》 背番号19

   ※平野選手のツイッターはこちら

 

3月16日のタイ・リーグ第4節、バンコク・ユナイテッドと対戦。
平野選手は、スタメン出場、63分に交代。
ペナルティエリア外からミドルシュートを突き刺し、今季初出場で初得点を決めました。
試合は、3-4で敗戦。

タイ・リーグ4試合を終えて、1勝3敗の勝ち点3で、順位は17位。

 

 〔平野選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦1試合(スタメン1試合・フル出場0試合)1ゴール
  ○ カップ戦 試合(スタメン 試合・フル出場 試合) ゴール

 〔平野選手の関連記事〕

  ○ タイプレミアリーグへ行こう!

 

 

《山口蛍選手(ドイツ ハノーファー)》 背番号16

   ※山口選手のオフィシャルブログはこちら。ツイッターはこちら

 

3月19日のブンデスリーガ第27節、フランクフルトと対戦。
山口選手は、スタメン出場、69分に交代。
試合は、0-1で敗戦。

ブンデスリーガ27試合を終えて、5勝2分け20敗の勝ち点17で、順位は18位、勝ち点差は残留圏の15位、プレーオフ出場の16位、さらには同じく自動降格圏の17位といずれも10。

 

 〔山口選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦6試合(スタメン6試合・フル出場3試合)0ゴール・0アシスト

 〔山口選手の関連記事〕

  〇 スポーツニッポン 山口選手関連記事
  〇 サンケイスポーツ 山口選手関連記事
  〇 ブンデスリーガ公式サイト(ハノーファー)

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

2016年3月21日 (月)

土壇場、田代ゴール!4連続完封で開幕4連勝!~2016年J2リーグ第4節セレッソ大阪vsモンテディオ山形~

 

「2016明治安田生命J2リーグ」を戦うセレッソ大阪。

昨年J1復帰を逃したセレッソとしては、今年こそはJ1復帰を勝ち取らねばなりません。

前週のザスパクサツ戦では、柿谷選手のゴラッソを守り切り、開幕3連勝。

 

続いて3月20日のJ2リーグ第4節、セレッソ大阪はモンテディオ山形とアウェイで対戦しました。

J1復帰に向けてさらに勝ち点3を積み上げたいこの試合、結果は1-0で勝利!

セレッソ大阪オフィシャルサイトの試合記録は、こちら

 

スタメンは4戦連続同じメンバーで、GKキムジンヒョン、DF丸橋、茂庭、山下、松田、MFソウザ、山村、ブルーノ メネゲウ、柿谷、FW杉本、リカルド サントス。

サブは、丹野、田中、中澤、関口、橋本、田代、澤上。

得点は、90分田代(1点目)。

セレッソの選手交代は、60分ブルーノ メネゲウ→関口、70分杉本→澤上、77分リカルド サントス→田代。

シュートは、セレッソ14本、モンテディオ6本。

 

仕事を終えてから結果を確認してガッツポーズ!

帰宅後、セレッソオフィシャルサイト、まいど!セレッソ~マイセレ~、ダイジェスト映像などでチェック。

 

田代選手が土壇場で決めてくれました!

クリアボールを拾ったソウザ選手がパス、これを田代選手がピタっとトラップ、すぐさま左足で蹴り込んでゴール!

練習試合などでも好調を維持してきた田代選手、ここぞという場面でまさしく値千金となる決勝弾となりました。

昨年の公式戦全45試合でセレッソが挙げたのは59得点で、そのうち途中交代選手が決めたのはわずか2得点。

これは交代選手だけの問題ではなくチーム全体として上手く行っていなかったということですが、今年、豊富な攻撃陣が高いレベルの競争をして、ゴールをどんどん生み出してもらいたいです。

次の試合こそは、複数得点をぜひともお願いしたいです。

 

守備は、4戦連続完封。

終盤に失点が多かった昨年の課題を引続き意識して、無失点を継続してもらいたいです。

 

セレッソにとっては、今季3試合目の「アウェイチームにとっての開幕戦」。

この試合も1万人超え、多くの観衆の前での開幕戦でモチベーションが特に高まっているであろう相手に勝ち切れたのは、評価されます。

開幕4連勝のセレッソは、単独首位に。

セレッソの開幕4連勝は、J2では、2009年の5連勝に次いで2度目。

まずは次も勝利して、これに並んでもらいたいです。

 

セレッソの次戦は、3月26日(土)の第5節、ツエーゲン金沢とホーム・キンチョウスタジアムで対戦。

ホーム絶対勝利、さらにはツエーゲンには昨年連敗を喫しており、今年借りを返さなければなりません。

インフルエンザの影響でメンバーの変更が見込まれますが、全員で勝利を掴み取ってもらいたいです。

何が何でも勝ち点3!!!

そして、5連勝!!!

がんばれ、セレッソ大阪!!!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

2016年3月15日 (火)

世界で羽ばたけ!桜の戦士たち!2015-2016 vol.19

 

セレッソ大阪から海外のクラブへ移籍した、香川真司選手、乾貴士選手、清武弘嗣選手、キムボギョン選手、南野拓実選手、長谷川アーリアジャスール選手、平野甲斐選手(期限付き)、山口蛍選手。

彼らの選手たちの活躍を願って、試合出場をはじめとするニュースを掲載しています。

vol.19の今回は、3月7日から3月14日までについて書いていきます。

 

香川選手がリーグ戦11試合ぶり、今年初ゴールを決めて勝利に貢献。

押し込むだけだったとはいえゴールはゴール、これをきっかけにして調子を戻してもらいたいです。

ハノーファーは、残留争いで非常に厳しい状況に。

とにかく、まずは次の試合に勝つことに集中して臨んでもらいたいです。

 

13日の試合中、ドルトムントサポーターの方がお亡くなりになったというニュースが。

ご冥福をお祈りいたします。

 

 

《香川真司選手(ドイツ ボルシア・ドルトムント(日本語))》 背番号23

   ※香川選手のオフィシャルサイトはこちら。ブログはこちら。ツイッターはこちら。インスタグラムはこちら

 

3月10日のヨーロッパリーグ・ラウンド16第1戦、トッテナム(イングランド)と対戦。
香川選手は、ベンチスタートとなり、82分から出場。
試合は、3-0で先勝。
第2戦は、3月17日に行われます。

 

3月13日のブンデスリーガ第26節、マインツと対戦。
香川選手は、スタメンフル出場。
1-0で迎えた73分、オーバメヤン選手のクロスを押し込んで追加点。
試合は、2-0で勝利。

ブンデスリーガ26試合を終えて、19勝4分け3敗の勝ち点61、順位は首位バイエルンと勝ち点差5の2位。

 

 〔香川選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦21試合(スタメン19試合・フル出場9試合)5ゴール・6アシスト
  ○ カップ戦4試合(スタメン2試合・フル出場0試合)1ゴール・2アシスト
  ○ ヨーロッパリーグ10試合(スタメン7試合・フル出場4試合)3ゴール・2アシスト

 〔香川選手の関連記事〕

  〇 スポーツニッポン 香川選手関連記事
  ○ 日刊スポーツ 香川選手関連記事
  〇 サンケイスポーツ 香川選手関連記事
  〇 ブンデスリーガ公式サイト(ドルトムント)

 

 

《乾貴士選手(スペイン エイバル)》 背番号8

   ※乾選手のオフィシャルブログはこちら。ツイッターはこちら。インスタグラムはこちら。エイバル公式ツイッターはこちら

 

3月12日のリーガ・エスパニョーラ1部第29節、バジェカノと対戦。
乾選手は、スタメン出場、89分に交代。
試合は、1-1で引分け。

リーガ・エスパニョーラ1部29試合を終えて、10勝7分け12敗の勝ち点37、順位は8位。

 

 〔乾選手の今季出場状況〕

 (スペイン)
  ○ リーグ戦21試合(スタメン14試合・フル出場4試合)3ゴール・2アシスト
  ○ カップ戦2試合(スタメン1試合・フル出場1試合)0ゴール・1アシスト

 (ドイツ)
  ○ リーグ戦1試合(スタメン1試合・フル出場0試合)0ゴール・0アシスト
  ○ カップ戦1試合(スタメン1試合・フル出場0試合)0ゴール・0アシスト

 〔乾選手の関連記事〕 

  〇 スポーツニッポン 乾選手関連記事
  〇 サンケイスポーツ 乾選手関連記事

 

 

《清武弘嗣選手(ドイツ ハノーファー)》 背番号10

   ※清武選手のオフィシャルブログはこちら

 

3月12日のブンデスリーガ第26節、ケルンと対戦。
清武選手は、スタメンフル出場。
試合は、0-2で敗戦。

ブンデスリーガ26試合を終えて、5勝2分け19敗の勝ち点17で、順位は18位、勝ち点差は残留圏の15位とは10、プレーオフ出場の16位とは7。

 

 〔清武選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦14試合(スタメン13試合・フル出場7試合)3ゴール・5アシスト
  ○ カップ戦0試合(スタメン0試合・フル出場0試合)0ゴール・0アシスト

 〔清武選手の関連記事〕  

  〇 スポーツニッポン 清武選手関連記事
  〇 サンケイスポーツ 清武選手関連記事
  〇 ブンデスリーガ公式サイト(ハノーファー)

 

 

《キムボギョン選手(韓国 全北現代モータース)》 背番号13

   ※キムボギョン選手のツイッターはこちら

 

Kリーグクラシックが開幕。

3月12日の第1節、FCソウルと対戦。
キムボギョン選手は、ベンチ外。
試合は、1-0で勝利。

 

14日に発表された、今月のW杯アジア2次予選と国際親善試合に出場する韓国代表には選出されず。

韓国は既に最終予選進出を決めており、9月から始まる最終予選で選出されるよう頑張ってほしいです。

 

 〔キムボギョン選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦0試合(スタメン0試合・フル出場0試合)0ゴール
  ○ ACL2試合(スタメン2試合・フル出場0試合)0ゴール

 

 

《南野拓実選手(オーストリア ザルツブルク)》 背番号18

   ※南野選手のツイッターはこちら

 

3月12日のオーストリア・ブンデスリーガ第27節、ボルフスベルクと対戦。
南野選手は、ベンチスタートとなり、55分から出場。
試合は、1-1で引分け。

オーストリア・ブンデスリーガ27試合を終えて、14勝9分け4敗の勝ち点51で、首位。

 

 〔南野選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦25試合(スタメン17試合・フル出場7試合)9ゴール・2アシスト
  ○ カップ戦4試合(スタメン3試合・フル出場1試合)2ゴール・1アシスト
  ○ チャンピオンズリーグ0試合(スタメン0試合・フル出場0試合)0ゴール・0アシスト
  ○ ヨーロッパリーグ2試合(スタメン2試合・フル出場1試合)1ゴール・1アシスト

 〔南野選手の関連記事〕

  ○ スポーツニッポン南野選手関連記事
  ○ サンケイスポーツ南野選手関連記事

 

 

《長谷川アーリアジャスール選手(未定)》 背番号

   ※長谷川選手のツイッターはこちら

 

ウェブ記事によると、長谷川選手は、フィンランド1部に所属しているSJKのスペインキャンプに参加している、とのこと。

新たなチームが早く決まるよう応援しています。

がんばれ、アーリア!!!

 

 〔長谷川選手の今季出場状況〕

 (スペイン)
  ○ リーグ戦8試合(スタメン5試合・フル出場1試合)0ゴール
  ○ カップ戦1試合(スタメン1試合・フル出場0試合)0ゴール

 〔長谷川選手の関連記事〕

  ○ サンケイスポーツ長谷川選手関連記事 

 

 

《平野甲斐選手(タイ アーミー・ユナイテッド)》 背番号19

   ※平野選手のツイッターはこちら

 

3月9日のタイ・リーグ第2節、ラチャブリーFCと対戦。
平野選手は、出場なし。
試合は、1-3で敗戦。

3月13日のタイ・リーグ第3節、バンコク・グラスFCと対戦。
平野選手は、出場なし。
試合は、0-2で敗戦。

タイ・リーグ3試合を終えて、1勝2敗の勝ち点3。

 

 〔平野選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦0試合(スタメン0試合・フル出場0試合)0ゴール
  ○ カップ戦 試合(スタメン 試合・フル出場 試合) ゴール

 〔平野選手の関連記事〕

  ○ タイプレミアリーグへ行こう!

 

 

《山口蛍選手(ドイツ ハノーファー)》 背番号16

   ※山口選手のオフィシャルブログはこちら。ツイッターはこちら

 

3月12日のブンデスリーガ第26節、ケルンと対戦。
山口選手は、ベンチスタートとなり、出場なし。
試合は、0-2で敗戦。

ブンデスリーガ26試合を終えて、5勝2分け19敗の勝ち点17で、順位は18位、勝ち点差は残留圏の15位とは10、プレーオフ出場の16位とは7。

 

 〔山口選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦5試合(スタメン5試合・フル出場3試合)0ゴール・0アシスト

 〔山口選手の関連記事〕

  〇 スポーツニッポン 山口選手関連記事
  〇 サンケイスポーツ 山口選手関連記事
  〇 ブンデスリーガ公式サイト(ハノーファー)

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

2016年3月14日 (月)

ゴールならず、初黒星。~2016年J3リーグ第2節セレッソ大阪U-23vs藤枝MYFC~

 

「2016明治安田生命J3リーグ」に今年から参戦するセレッソ大阪U-23。

若手選手を公式戦の場で成長させてトップチームに上げることを主目的としながら、トップチームで出場機会が少ない選手の実戦の場ともなります。

リーグ戦に参戦するからには、育成と勝利の両立を果たしてもらいたいところです。

 

セレッソ大阪U-23は、前週の開幕戦、清原選手と米澤選手のゴールによりグルージャ盛岡に勝利し、J3リーグ初戦を白星で飾りました。

続いて、3月13日のJ3リーグ第2節、藤枝MYFCとアウェイで対戦。

試合結果は、0-1で敗戦。

セレッソ大阪オフィシャルサイトの試合記録は、こちら

 

開幕戦と違ってJ2と同日開催とあり、メンバーはダブらず完全に2チームに分かれることとなります。

北野選手、秋山選手、沖野選手が初スタメン、山田選手、松岡選手が初のベンチ入り。

スタメンは、GK北野、DF小谷、小暮、温井、森下、MF清原、秋山、木本、西本、FW沖野、米澤。

サブは、武田、舩木、斧澤、上畑、山田、松岡。

この試合では18名フルメンバー、U-23対象が14名(うち2種登録6名)、オーバーエイジ4名となりました。

得点は、34分藤枝MYFC。

セレッソの選手交代は、61分秋山→斧澤、85分西本→舩木。

シュートは、セレッソ3本、藤枝MYFC10本。

 

仕事を終えて結果を確認、帰宅後、セレッソオフィシャルサイト、まいど!セレッソ~マイセレ~、ダイジェスト映像などでチェック。

もちろん失点を喫することはありますが、今回、失点を防ぐための最大限のプレーをしたのか、改めて見直してほしいです。

また、攻撃面では、この試合のように少ないチャンスでも決め切れるかが大切なので、改めて普段から集中力を持ってトレーニングに励んでほしいです。

 

セレッソ大阪U-23の次戦は、4月2日(土)の第3節、FC琉球とホーム・キンチョウスタジアムで対戦。

なお、トップチームのJ2リーグ第6節は、翌日の4月3日(日)で、同じくキンチョウスタジアム開催となっています。

どんどんアピール!!!

目指せ、勝利!!!

がんばれ、セレッソ大阪U-23!!!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

清原&米澤ゴール!白星発進!~2016年J3リーグ第1節セレッソ大阪U-23vsグルージャ盛岡~

 

「2016明治安田生命J3リーグ」に今年から参戦するセレッソ大阪U-23。

若手選手を公式戦の場で成長させてトップチームに上げることを主目的としながら、トップチームで出場機会が少ない選手の実戦の場ともなります。

リーグ戦に参戦するからには、育成と勝利の両立を果たしてもらいたいところです。

 

J3リーグが、3月13日開幕。

セレッソ大阪U-23は、J3リーグ第1節、グルージャ盛岡とホーム・キンチョウスタジアムで対戦。

試合結果は、2-0で勝利!

セレッソ大阪オフィシャルサイトの試合記録は、こちら

 

スタメンは、GK丹野、DF小谷、小暮、温井、森下、MF清原、木本、西本、斧澤、FW澤上、米澤。

サブは、武田、舩木、秋山、上畑、沖野。

得点は、42分清原(1点目)、86分米澤(1点目)。

セレッソの選手交代は、51分丹野→武田、71分斧澤→秋山、85分西本→沖野。

シュートは、セレッソ13本、グルージャ12本。

入場者数は、1,869人。

 

仕事を終えて結果を確認、帰宅後、セレッソオフィシャルサイト、まいど!セレッソ~マイセレ~、ダイジェスト映像などでチェック。

J3も18名までベンチ入り可能ですが、この試合では16名、U-23対象が12名(うち2種登録4名)、オーバーエイジ4名。

前日のJ2リーグ戦において、ベンチに入っていた丹野選手がスタメン(途中交代)、途中出場の澤上選手がフル出場となりました。

 

1点目は、温井選手のCKを清原選手が頭で合わせたもの。

2点目は、清原選手が相手DFの寄せもモノともせず絶妙のラストパス、これを米澤選手が落ち着いて流し込んだもの。

清原選手は1ゴール&1アシストとさすがの活躍、昨年ブラウブリッツ秋田で武者修行してきた米澤選手も負けじとアピール、攻撃の選手層が分厚いですが、トップチームでのプレーを見たいですね。

もちろん、他の選手たちも、J3リーグでどんどんアピールして、トップチームに上がってきてもらいたいです。

後半途中、相手選手との接触により負傷退場となった丹野選手ですが、昨日のセレッソ公式ツイッターでトレーニングを行う写真がアップされていたので、大丈夫そうで良かったです。

 

なお、同じく13日、トップチームのサブ組が、昨季の関西社会人リーグ1部優勝、全国社会人サッカー選手権大会優勝のアルテリーヴォ和歌山と対戦。

関口選手、田中選手、田代選手、玉田選手などのゴールにより、6-1で勝利。

開幕当初なのでメンバーを固定しながら戦うことになると思われますが、J3や練習試合で大きくアピールした選手は、J2リーグ戦のメンバーに入れるなどモチベーションの維持を図ってもらいたいです。

 

セレッソ大阪U-23の次戦は、3月20日(日)の第2節、藤枝MYFCとアウェイで対戦。

開幕戦と違ってJ2と同じ日程であり、メンバーはダブらずに2チームに分かれることとなります。

どんどんアピール!!!

目指せ、連勝!!!

がんばれ、セレッソ大阪U-23!!!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

2016年3月13日 (日)

柿谷ゴラッソ!開幕3連勝!~2016年J2リーグ第3節セレッソ大阪vsザスパクサツ群馬~

 

「2016明治安田生命J2リーグ」を戦うセレッソ大阪。

昨年J1復帰を逃したセレッソとしては、今年こそはJ1復帰を勝ち取らねばなりません。

前週のホーリーホック戦では、ジンヒョン選手→柿谷選手のホットラインで決めたゴールを守り切り、開幕2連勝。

 

続いて3月12日のJ2リーグ第3節は、セレッソ大阪のホーム開幕戦、ザスパクサツ群馬をキンチョウスタジアムに迎えました。

ザスパクサツとの昨年の対戦成績は2連敗と、痛い敗戦を喫した相手。

J1復帰に向けて勝ち点3を積み上げたいこの試合、結果は1-0で勝利!

セレッソ大阪オフィシャルサイトの試合記録は、こちら

 

スタメンは、3戦連続同じメンバーで、GKキムジンヒョン、DF丸橋、茂庭、山下、松田、MFソウザ、山村、ブルーノ メネゲウ、柿谷、FW杉本、リカルド サントス。

サブは、丹野、中澤、椋原、関口、橋本、玉田、澤上。

得点は、59分柿谷(2点目)。

セレッソの選手交代は、71分ブルーノ メネゲウ→関口、81分リカルド サントス→澤上、888分ソウザ→中澤。

シュートは、セレッソ20本、ザスパクサツ11本。

入場者数は、13,495人。

 

仕事のためスタジアムには行けず、終えてから結果を確認してガッツポーズ!

帰宅後、セレッソオフィシャルサイト、まいど!セレッソ~マイセレ~、ダイジェスト映像などでチェック。

まず、何といっても、柿谷選手!

ブルーノ選手のクロスをリカルド選手が頭で落とし、これを柿谷選手はゴールを背にしながら右足でワンタッチ、左足ヒールで鮮やかに決めて、セレッソ先制!

反転シュートでは相手DFにブロックされたり、GKに待ち構えられるところを、柿谷選手らしい見事な反応で相手の虚を突きました。

まさしく、ゴラッソ! 

ブルーノ選手、リカルド選手と新戦力が絡んでのゴールとなったのも、良かったです。

 

シュート20本とチャンスは多く作っていたようでしたが、相手GKのファインセーブ連発はありつつも、やはり追加点は欲しかったところ。

次の試合では、複数得点をぜひともお願いしたいです。

ブルーノ選手は、またも惜しいところで初ゴールなりませんでしたが、調子は良さそうなので、次は決めてくれるでしょう!

ルーキー澤上選手が3戦目でプロデビュー、次はプロ初ゴールを期待してます。

 

守備面では、3戦連続完封。

3試合とも最少リードを守る展開となりましたが、ジンヒョン選手、茂庭選手、山下選手を中心に、最後までゴールを許さず。

今季始まったばかりではありますが、終盤に失点が多かった昨年の反省を生かせています。

 

開幕3連勝のセレッソは、ロアッソ熊本と並んで首位タイ。 

セレッソの開幕3連勝は、J1での2013年以来3年ぶり。

過去通算5シーズンのJ2では、開幕3連勝は2度、2002年が3連勝、2009年が5連勝。

いずれもJ1復帰を決めており、縁起が良いだけでなく、スタートダッシュの大切さも物語っています。

 

セレッソの次戦は、3月20日(日)の第4節、モンテディオ山形とアウェイで対戦。

1年でのJ1復帰を目指すモンテディオにとって、これがホーム開幕戦となり、気合十分で臨んでくるでしょう。

セレッソとしては、これを上回る気持ちと集中力を見せて、勝ち点3を勝ち取って大阪に戻ってきてもらいたいです。

何が何でも勝ち点3!!!

そして、4連勝!!!

がんばれ、セレッソ大阪!!!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

2016年3月 7日 (月)

攻守にジンヒョン!柿谷復帰後初ゴール!開幕2連勝!~2016年J2リーグ第2節セレッソ大阪vs水戸ホーリーホック~

 

「2016明治安田生命J2リーグ」を戦うセレッソ大阪。

昨年J1復帰を逃したセレッソとしては、今年こそはJ1復帰を勝ち取らねばなりません。

前週の開幕戦・ゼルビア戦では、苦しみながらも山村選手のゴールを守り切り、何とか開幕白星発進。

 

続いて3月6日のJ2リーグ第2節、セレッソ大阪は、水戸ホーリーホックとアウェイで対戦。

ホーリーホックとの昨年の対戦成績は、2引分けでした。

J1復帰に向けて勝ち点3を積み上げたいこの試合、結果は1-0で勝利!

セレッソ大阪オフィシャルサイトの試合記録は、こちら

 

スタメンは、開幕戦と同じメンバーで、GKキムジンヒョン、DF丸橋、茂庭、山下、松田、MFソウザ、山村、ブルーノ メネゲウ、柿谷、FW杉本、リカルド サントス。

サブは、丹野、田中、中澤、関口、橋本、田代、玉田。

得点は、46分柿谷(1点目)。

セレッソの選手交代は、66分ブルーノ メネゲウ→関口、80分リカルド サントス→田代。

シュートは、セレッソ9本、ホーリーホック6本。

 

仕事を終えてから結果を確認、帰宅後、セレッソオフィシャルサイト、まいど!セレッソ~マイセレ~、ダイジェストなどでチェックしました。

なので、試合全体を通して見たわけではありませんが、まずは、先制&決勝点シーン。

風上側を利用してジンヒョン選手が素早くロングフィード、これに反応した柿谷選手が、体のポジションをうまく持っていきながらノートラップで蹴り込みました。

ジンヒョン選手のロングフィードはゼルビア戦でも1本ありましたが、早速貴重なゴールを生み出してくれました。

柿谷選手は、練習試合も含めてセレッソ復帰後初ゴール、早い段階でゴールを決められて必要以上に力が入り過ぎることもなくなると思うので、これからさらに期待できそうですね。

前半は、ゼルビア戦と違って、サイドや中央から幾つもチャンスを作り出しました。

もちろん決めてもらいたかったですが、中でもブルーノ選手の動きが良い感じなので、次節こちらも期待大です。

後半、杉本選手が、関口選手のクロスからの決定的なチャンスに決め切れなかったのは残念。

ですが、いろいろ見てると、守備面ではかなり貢献していたというのも見ますし、もちろん勝利に直結するゴール&アシストを期待しますが、杉本選手の評価についてはしっかり全体を見ていきたいと思います。

守備面では、2戦連続完封。

ただ、後半、ジンヒョン選手のナイスブロックで事なきを得ましたが、あのパスミスはいただけません。

あのワンプレーで勝ち点を失っていたかもしれませんし、これは山下選手だけでなく、すべての選手が肝に銘じてこれからの戦いに臨んでもらいたいです。

この他にもまだまだ様々な課題はありますが、勝ち点3を積み上げたうえで前向きに取り組めるのが何よりですね。

なお、入場者数は10,420人で、ホーリーホックでのホーム戦最多となった、とのことです。

 

今週末、いよいよセレッソのホーム開幕戦。

3月12日(土)の第3節、ザスパクサツ群馬をキンチョウスタジアムに迎えます。

ザスパクサツも開幕2連勝、得点6・失点1と良い状態で乗り込んできますが、セレッソは、決して気持ちで負けることなく、最後まで集中力を持って戦い抜いてもらいたいです。

ましてや昨年2連敗を喫している相手ですから、今年その借りを返してもらいたいです。

僕は残念ながら仕事のため行けませんが、お時間が合う方は、キンチョウスタジアムに駆けつけて、セレッソ勝利のため後押しをよろしくお願いします!

ホーム絶対勝利!!!

3連勝あるのみ!!!

がんばれ、セレッソ大阪!!!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

世界で羽ばたけ!桜の戦士たち!2015-2016 vol.18

 

セレッソ大阪から海外のクラブへ移籍した、香川真司選手、乾貴士選手、清武弘嗣選手、キムボギョン選手、南野拓実選手、長谷川アーリアジャスール選手、平野甲斐選手(期限付き)、山口蛍選手。

彼らの選手たちの活躍を願って、試合出場をはじめとするニュースを掲載しています。

vol.18の今回は、2月29日から3月6日までについて書いていきます。

 

南野選手が勝利に貢献するゴールを決め、リーグ戦2ケタゴールまであと1つ!

しかし、元セレッソの海外組は全体的に厳しい状況となっているので、今一度強い気持ちを持って戦いに挑んでもらいたい!

みんな、がんばれ!!!

 

《香川真司選手(ドイツ ボルシア・ドルトムント(日本語))》 背番号23

   ※香川選手のオフィシャルサイトはこちら。ブログはこちら。ツイッターはこちら。インスタグラムはこちら

 

3月2日のブンデスリーガ第24節、ダルムシュタットと対戦。
香川選手は、ベンチスタートとなり、出場なし。
試合は、2-0で勝利。

3月5日のブンデスリーガ第25節、バイエルンと対戦。
香川選手は、ベンチ外。
試合は、0-0で引分け。

ブンデスリーガ25試合を終えて、18勝4分け3敗の勝ち点58、順位は首位バイエルンと勝ち点差5の2位。

 

 〔香川選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦20試合(スタメン18試合・フル出場8試合)4ゴール・6アシスト
  ○ カップ戦4試合(スタメン2試合・フル出場0試合)1ゴール・2アシスト
  ○ ヨーロッパリーグ9試合(スタメン7試合・フル出場4試合)3ゴール・2アシスト

 〔香川選手の関連記事〕

  〇 スポーツニッポン 香川選手関連記事
  ○ 日刊スポーツ 香川選手関連記事
  〇 サンケイスポーツ 香川選手関連記事
  〇 ブンデスリーガ公式サイト(ドルトムント)

 

 

《乾貴士選手(スペイン エイバル)》 背番号8

   ※乾選手のオフィシャルブログはこちら。ツイッターはこちら。インスタグラムはこちら。エイバル公式ツイッターはこちら

 

3月2日のリーガ・エスパニョーラ1部第27節、セビージャと対戦。
乾選手は、ベンチスタートとなり、出場なし。
試合は、0-1で敗戦。

3月6日のリーガ・エスパニョーラ1部第28節、バルセロナと対戦。
乾選手は、ベンチスタートとなり、89分から出場。
試合は、0-4で敗戦、4連敗。

リーガ・エスパニョーラ1部28試合を終えて、10勝6分け12敗の勝ち点36、順位は8位。

 

 〔乾選手の今季出場状況〕

 (スペイン)
  ○ リーグ戦20試合(スタメン13試合・フル出場4試合)3ゴール・2アシスト
  ○ カップ戦2試合(スタメン1試合・フル出場1試合)0ゴール・1アシスト

 (ドイツ)
  ○ リーグ戦1試合(スタメン1試合・フル出場0試合)0ゴール・0アシスト
  ○ カップ戦1試合(スタメン1試合・フル出場0試合)0ゴール・0アシスト

 〔乾選手の関連記事〕 

  〇 スポーツニッポン 乾選手関連記事
  〇 サンケイスポーツ 乾選手関連記事

 

 

《清武弘嗣選手(ドイツ ハノーファー)》 背番号10

   ※清武選手のオフィシャルブログはこちら

 

3月1日のブンデスリーガ第24節、ウォルフスブルクと対戦。
清武選手は、スタメンフル出場。
試合は、0-4で敗戦。

3月5日のブンデスリーガ第25節、ブレーメンと対戦。
清武選手は、スタメンフル出場。
2点を追う前半終了間際、清武選手のCKから最後はカラマン選手が決めて1点を返す。
しかし試合は、1-4で敗戦。

ブンデスリーガ25試合を終えて、5勝2分け18敗の勝ち点17で、順位は18位、勝ち点差は残留圏の15位とは8、プレーオフ出場の16位とは7。

 

 〔清武選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦13試合(スタメン12試合・フル出場6試合)3ゴール・5アシスト
  ○ カップ戦0試合(スタメン0試合・フル出場0試合)0ゴール・0アシスト

 〔清武選手の関連記事〕  

  〇 スポーツニッポン 清武選手関連記事
  〇 サンケイスポーツ 清武選手関連記事
  〇 ブンデスリーガ公式サイト(ハノーファー)

 

 

《キムボギョン選手(韓国 全北現代モータース)》 背番号13

   ※キムボギョン選手のツイッターはこちら

 

3月1日のACLグループステージ第2節、江蘇蘇寧と対戦。
キムボギョン選手は、スタメン出場、67分に交代。
試合は、2-3で敗戦。

2試合を終えて、1勝1敗の勝ち点3で2位。

 

Kリーグクラシック開幕戦は、3月12日vsFCソウルとなっています。

 

 〔キムボギョン選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦 試合(スタメン 試合・フル出場 試合) ゴール
  ○ ACL2試合(スタメン2試合・フル出場0試合)0ゴール

 

 

《南野拓実選手(オーストリア ザルツブルク)》 背番号18

   ※南野選手のツイッターはこちら

 

3月2日のオーストリア・ブンデスリーガ第25節、シュトゥルム・グラーツと対戦。
南野選手は、ベンチスタートとなり、出場なし。
試合は、0-0で引分け。

3月5日のオーストリア・ブンデスリーガ第26節、グレーディヒと対戦。
南野選手は、スタメン出場、80分に交代。
1点リードの54分、味方のクロスを左足でダイレクトできっちり合わせてゴール。
今季リーグ戦9ゴール目。
試合は、3-0で勝利。

オーストリア・ブンデスリーガ26試合を終えて、14勝8分け4敗の勝ち点50で、首位。

 

 〔南野選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦24試合(スタメン17試合・フル出場7試合)9ゴール・2アシスト
  ○ カップ戦4試合(スタメン3試合・フル出場1試合)2ゴール・1アシスト
  ○ チャンピオンズリーグ0試合(スタメン0試合・フル出場0試合)0ゴール・0アシスト
  ○ ヨーロッパリーグ2試合(スタメン2試合・フル出場1試合)1ゴール・1アシスト

 〔南野選手の関連記事〕

  ○ スポーツニッポン南野選手関連記事
  ○ サンケイスポーツ南野選手関連記事

 

 

《長谷川アーリアジャスール選手(未定)》 背番号

   ※長谷川選手のツイッターはこちら

 

長谷川選手のツイッターでメッセージ。

サラゴサに住みながら次のチームを探しており、決まったら報告したい、とのこと。

新しいチームが早く決まることを願っております。

 

 〔長谷川選手の今季出場状況〕

 (スペイン)
  ○ リーグ戦8試合(スタメン5試合・フル出場1試合)0ゴール
  ○ カップ戦1試合(スタメン1試合・フル出場0試合)0ゴール

 〔長谷川選手の関連記事〕

  ○ サンケイスポーツ長谷川選手関連記事 

 

 

《平野甲斐選手(タイ アーミー・ユナイテッド)》 背番号19

   ※平野選手のツイッターはこちら

 

タイ・リーグが開幕。

3月5日のタイ・リーグ第1節、BECテロサーサナFCと対戦。
平野選手は、出場なし。
試合は、2-1で勝利。

 

 〔平野選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦0試合(スタメン0試合・フル出場0試合)0ゴール
  ○ カップ戦 試合(スタメン 試合・フル出場 試合) ゴール

 〔平野選手の関連記事〕

  ○ タイプレミアリーグへ行こう!

 

 

《山口蛍選手(ドイツ ハノーファー)》 背番号16

   ※山口選手のオフィシャルブログはこちら。ツイッターはこちら

 

3月1日のブンデスリーガ第24節、ウォルフスブルクと対戦。
山口選手は、スタメンフル出場。
試合は、0-4で敗戦。

3月5日のブンデスリーガ第25節、ブレーメンと対戦。
山口選手は、スタメン出場、36分に交代。
試合は、1-4で敗戦。

ブンデスリーガ25試合を終えて、5勝2分け18敗の勝ち点17で、順位は18位、勝ち点差は残留圏の15位とは8、プレーオフ出場の16位とは7。

 

 〔山口選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦5試合(スタメン5試合・フル出場3試合)0ゴール・0アシスト

 〔山口選手の関連記事〕

  〇 スポーツニッポン 山口選手関連記事
  〇 サンケイスポーツ 山口選手関連記事
  〇 ブンデスリーガ公式サイト(ハノーファー)

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

2016年3月 1日 (火)

3年ぶり開幕勝利!これから連携と精度を高めていこう!~2016年J2リーグ第1節セレッソ大阪vsFC町田ゼルビア~

 

「2016明治安田生命J2リーグ」を戦うセレッソ大阪。

昨年J1復帰を逃したセレッソとしては、今年こそはJ1復帰を勝ち取らねばなりません。

2月28日待ちに待ったJ2リーグが開幕。

J2リーグ第1節、セレッソ大阪は、4年ぶりJ2復帰のFC町田ゼルビアとアウェイで対戦。

その結果は1-0で勝利、セレッソとしては、3年ぶりの開幕戦勝利となりました。

セレッソ大阪オフィシャルサイトの試合記録は、こちら

 

スタメンは新加入・復帰選手7名が入り、4-4-2でスタート。

GKキムジンヒョン、DF丸橋、茂庭、山下、松田、MFソウザ、山村、ブルーノ メネゲウ、柿谷、FW杉本、リカルド サントス。

サブは、丹野、田中、中澤、扇原、関口、橋本、玉田。

得点は、71分山村(1点目)。

セレッソの選手交代は、80分ブルーノ メネゲウ→関口、89分ソウザ→中澤。

シュートは、セレッソ7本、ゼルビア16本。

 

仕事を終えてから結果をチェック、帰宅後、セレッソオフィシャルサイト、まいど!セレッソ~マイセレ~、skyAの録画などを見ました。

前半の半ばから、ゼルビアに押されっぱなしの展開。

特にボランチから前の連携が、なかなか上手く行っていなかった印象。

もっとリカルド選手にボールを出していってもよかったのでは、相手守備にもっと警戒させないと、あれでは相手にとって怖さも感じられなかったと思います。

シュートを多く打たれるのは良いことではないのですけど、ジンヒョン選手がしっかりとセーブ、さらには茂庭選手がきっちり相手のシュートコースを限定していた動きが良かったです。

 

後半は、柿谷選手がトップ下、杉本選手が右、ブルーノ選手が左とポジション変更。

ここからセレッソは盛り返して、チャンスを作れるようになりました。

71分、リカルド選手の右CKから山村選手が飛び込みながら頭で合わせて、セレッソ先制!

その後、追加点を取れれば言うことなしでしたが、試合終盤、バタバタすることなく対応。

試合は、そのまま1-0でセレッソが逃げ切り勝利!

 

まずは、勝ち点3を取れたのは良かったです。

ジンヒョン選手のセーブ、動きの良さが光りました。

全体としては、もちろんまだまだクオリティを高めていく必要はあります。

特に、ボランチから前の連携と精度を、どんどんどんどん高めていかねばなりません。

でも局面的には、ゴールを決めた山村選手の高さのほか、ブルーノ選手の動きとセットプレー、ソウザ選手の展開力、ジンヒョン選手のロングフィードなどが見られましたので、これらの武器も駆使しつつ、ゴールを量産してもらいたいです。

あと、僕的には、大熊監督の選手起用については、試合全部を見て、大熊監督の試合後コメントも見ると、その意図が理解できるもので、評価したいと思います。

 

入場者数は10,112人で、ゼルビアホーム戦最多とのこと。

セレッソのホームゲームは、3月12日(土)の第3節・ザスパクサツ群馬戦。

キンチョウスタジアムにたくさんの観客が訪れるよう、セレッソにも頑張ってもらいたいです。

 

その前に、第2節の3月6日(日)、水戸ホーリーホックとアウェイで対戦。

昨年の対戦成績は、2引分けと厳しい戦いでした。

水戸にとってのホーム開幕戦で、相手もモチベーションが相当高いと思いますが、セレッソは、決して気持ちで負けることなく、最後まで集中力を持って戦い抜いてもらいたいです。

連勝あるのみ!!!

がんばれ、セレッソ大阪!!!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ