« 世界で羽ばたけ!桜の戦士たち!2015-2016 vol.26 | トップページ | 阪本のJ初ゴールで追いつくも、2戦連続ドロー。~2016年J3リーグ第8節セレッソ大阪U-23vs福島ユナイテッドFC~ »

2016年5月 8日 (日)

決定機に決め切れずスコアレスドロー。~2016年J2リーグ第12節セレッソ大阪vs愛媛FC~

 

「2016明治安田生命J2リーグ」を戦うセレッソ大阪。

昨年J1復帰を逃したセレッソとしては、今年こそはJ1復帰を勝ち取らねばなりません。

前週の松本山雅FC戦、柿谷選手のゴールを守り切って、4試合ぶりの勝利。

続いて、5月7日のJ2リーグ第12節、セレッソ大阪は、愛媛FCとアウェイで対戦しました。

さらに勝ち点3を積み重ねていきたいところでしたが、試合結果は、0-0で引分け。

セレッソ大阪オフィシャルサイトの試合記録は、こちら

 

GW連戦の最終戦でしたが、スタメンは前戦と変更なく、GKキムジンヒョン、DF丸橋、田中、山下、松田、MFソウザ、山村、ブルーノ メネゲウ、FW柿谷、杉本、リカルド サントス。

サブは、丹野、茂庭、椋原、関口、橋本、玉田、澤上。

得点は、なし。

セレッソの選手交代は、72分ブルーノ メネゲウ→関口、84分杉本→澤上。

シュートは、セレッソ11本、愛媛9本。

 

仕事の合間に随時経過を確認。

帰宅後、セレッソオフィシャルサイト、まいど!セレッソ~マイセレ~、ダイジェスト映像、ウェブなどでチェック。

 

相手GKのファインセーブ、相手DFのゴールマウス前でのブロックもありましたが、それでも、それらをこじ開けてゴールを奪ってほしかった。

交代カードを1枚使わなかったのは、0-0で迎えた終盤、攻撃的になり過ぎることで勝ち点を失うリスクを考慮したものと予想されます。

が、守備の枚数を減らすのではなく、攻撃の選手を入れ替えることで、フレッシュな選手が相手守備にプレッシャーをかけながらゴールも狙う、という一手を打ってもらいたかった。

玉田選手ほどの選手なら、言うまでもなく、状況に応じたプレーをしてくれるはず。

無得点はもちろん残念でしたが、チャンスは作れていたので、サンガ戦、松本山雅戦よりは少し改善が見られたのでは、とは思います。

 

守備は、2戦連続無失点。

ここまで12戦で7失点、無失点7試合は十分評価できる数字で、終盤における失点は2というのは、最後まで集中力を高く保っているといえるでしょう。

 

守備陣の頑張りに比べて、やはり得点力不足が目立ちます。

12戦で12得点、とりわけ最近5試合ではわずか2。

僕としては、J2を勝ち上がるためには、全員にハードワークを求める大熊監督のサッカーは、守備面で大きく改善されているので、基本的には賛成。

もちろん勝ち点3を奪うにはゴールが必要なので、そのバランスを崩すことなく、攻撃面の改善を早急に図ってもらいたい。

ただ、攻撃のバリエーションを増やして得点力を挙げていくのは必要ですが、スペクタクルなサッカーにする必要はないと思うので、攻守とも堅実さは失わないでもらいたいです。

スタメンに新加入選手が多く、開幕当初はメンバーを固定するのはセオリー。

でも、もう10試合以上が経過しましたし、練習試合やJ3、トレーニングで好調な選手を起用して、チーム内の競争を高めながら、攻撃力のアップにつなげてもらいたいですね。

 

柿谷選手のワントップ起用については、相手によってはありだとは思いますが、人数をかけてしっかり守ってくる相手には果たしてどうでしょうか。

カウンターのチャンスは少なくなるでしょうし、最前線でのタメ、ボールキープ、クロスの際の競り合いを考えると、リカルド選手or澤上選手(復帰したら田代選手)かな、と。

個人的には、柿谷選手をトップ下のまま、2列目にスタメンから玉田選手もしくは清原選手を入れる布陣で一度臨んでもらいたい。

もしくは、リカルド選手or澤上選手と玉田選手の2トップにして、玉田選手と柿谷選手のポジションを流動的に入れ替える、とか。

いずれにしても、大熊監督には、これだけ力のある選手が豊富に揃っているのですから、そして、彼らの能力を信じて、最大限に生かす選手起用をしてくれるよう、切に願うばかりです。

 

セレッソは、12試合を終えて、7勝3分け2敗の勝ち点24で暫定2位のまま。

単純割戻し計算では、年間84点ペースと悪くはないですが、90点ペースに上げていきたいところですね。

 

セレッソの次戦は、5月15日(日)の第13節、レノファ山口FCとホーム・キンチョウスタジアムで対戦。

レノファは、J2初昇格の今シーズンここまで暫定5位、総得点17はリーグ2位。

この攻撃力を抑えつつ、勝ち点3を取るためにゴールをもぎ取らなければなりません。

ホーム絶対勝利!!!

決めろ、曜一朗!!!

がんばれ、セレッソ大阪!!!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

« 世界で羽ばたけ!桜の戦士たち!2015-2016 vol.26 | トップページ | 阪本のJ初ゴールで追いつくも、2戦連続ドロー。~2016年J3リーグ第8節セレッソ大阪U-23vs福島ユナイテッドFC~ »

セレッソ大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5841/71077745

この記事へのトラックバック一覧です: 決定機に決め切れずスコアレスドロー。~2016年J2リーグ第12節セレッソ大阪vs愛媛FC~:

« 世界で羽ばたけ!桜の戦士たち!2015-2016 vol.26 | トップページ | 阪本のJ初ゴールで追いつくも、2戦連続ドロー。~2016年J3リーグ第8節セレッソ大阪U-23vs福島ユナイテッドFC~ »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ