« リカルドのゴールで、今季最多タイの4連勝!~2016年J2リーグ第20節セレッソ大阪vs東京ヴェルディ(生観戦)~ | トップページ | ソウザゴールで延長戦制して、3回戦へ。~第96回天皇杯 2回戦 セレッソ大阪vs京都サンガF.C.~ »

2016年9月 2日 (金)

今季最多5得点!今季最多5連勝!~2016年J2リーグ第21節セレッソ大阪vsロアッソ熊本~

 

「2016明治安田生命J2リーグ」を戦うセレッソ大阪。

昨年J1復帰を逃したセレッソとしては、今年こそはJ1復帰を勝ち取らねばなりません。

7月3日のJ2リーグ第21節、セレッソ大阪は、ロアッソ熊本とアウェイで対戦しました。

試合結果は、5-1で勝利!

セレッソ大阪オフィシャルサイトの試合記録は、こちら

 

ブルーノ選手が出場停止明け、そしてセレッソ復帰の山口選手が選手登録後即スタメン。

スタメンは、GKキムジンヒョン、DF丸橋、田中、山下、松田、MFソウザ、山口、清原、FW杉本、ブルーノ メネゲウ、リカルド サントス。

サブは、丹野、藤本、関口、山村、田代、玉田、澤上。

得点は、8分ロアッソ、13分清原(2点目)、27分ブルーノ メネゲウ(6点目)、35分リカルド サントス(4点目)、64分杉本(3点目)、91分リカルド サントス(5点目)。

セレッソの選手交代は、70分杉本→関口、75分丸橋→藤本、83分ブルーノ メネゲウ→玉田。

シュートは、セレッソ20本、ロアッソ9本。

 

開始早々、ロアッソに先制されてしまうセレッソ。

しかしすぐさま反撃、ブルーノ選手のCKから杉本選手、最後は清原選手が押し込んで同点に追いつく。

ここですぐ追いついたのが、大きかった。

続いて、ドリブル突破したリカルド選手がエリア内で倒されPK獲得、これをブルーノ選手が決めて、逆転に成功。

相手の退場で数的優位に立ったセレッソは、さらに、ブルーノ選手のスルーパスから、リカルド選手が1度ポストを叩くも跳ね返りを押し込み、2試合連続ゴール。

 

後半、相手ボールをカットしたソウザ選手がパス、これを受けた杉本選手が鮮やかなミドルシュートを決める。

ロスタイムには、玉田選手がスルーパス、左サイドを駆け上がった田中選手がセンタリング、最後はリカルド選手がこの日2得点目となるゴールを決めて、ダメ押し。

今季最多の5得点で快勝、そして、今季初の5連勝となりました。

 

この試合が、ロアッソにとって、ホームスタジアム復帰戦。

しばらく大きな地震がありませんでしたが、8月31日に最大震度5弱の地震が発生。

復旧復興はまだまだこれから、僕も微力ではありますが復興支援につながるよう心がけたいと思います。

 

セレッソは、前半戦21試合を終えて、13勝4分け4敗の勝ち点43、順位は2位。

次戦は、7月9日(土)の第22節、北海道コンサドーレ札幌とのホーム戦(@キンチョウスタジアム)。

5連勝で前半戦の勝ち点が試合数×2を上回り、次はホームで首位との直接対決で、これに勝てば首位浮上!

という絶好の舞台だったのですが・・・・・・。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

« リカルドのゴールで、今季最多タイの4連勝!~2016年J2リーグ第20節セレッソ大阪vs東京ヴェルディ(生観戦)~ | トップページ | ソウザゴールで延長戦制して、3回戦へ。~第96回天皇杯 2回戦 セレッソ大阪vs京都サンガF.C.~ »

セレッソ大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5841/70253437

この記事へのトラックバック一覧です: 今季最多5得点!今季最多5連勝!~2016年J2リーグ第21節セレッソ大阪vsロアッソ熊本~:

« リカルドのゴールで、今季最多タイの4連勝!~2016年J2リーグ第20節セレッソ大阪vs東京ヴェルディ(生観戦)~ | トップページ | ソウザゴールで延長戦制して、3回戦へ。~第96回天皇杯 2回戦 セレッソ大阪vs京都サンガF.C.~ »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ