« ソウザのゴールで先制も追いつかれ、自動昇格圏がまたまた遠のく・・・。~2016年J2リーグ第36節セレッソ大阪vsファジアーノ岡山~ | トップページ | 西本&斧澤のゴールで逆転も追いつかれ、ドロー~2016年J3リーグ第27節セレッソ大阪U-23vs福島ユナイテッドFC~ »

2016年10月27日 (木)

山村の土壇場ゴールで辛うじて引分け。2位と詰められず逆に4位転落。次こそは勝とう!~2016年J2リーグ第37節セレッソ大阪vsモンテディオ山形(生観戦)~

 

「2016明治安田生命J2リーグ」を戦うセレッソ大阪。

昨年J1復帰を逃したセレッソとしては、今年こそはJ1復帰を勝ち取らねばなりません。

10月23日のJ2リーグ第37節、セレッソ大阪は、モンテディオ山形とホーム・キンチョウスタジアムで対戦しました。

試合結果は、2-2で引分け。

セレッソ大阪オフィシャルサイトの試合記録は、こちら

 

スタメンは前節と同じく、GKキムジンヒョン、DF田中、藤本、山下、MF丸橋、松田、山口、ソウザ、杉本、清原、FW玉田。

サブは、丹野、茂庭、酒本、椋原、山村、リカルド サントス、澤上。

得点は、46分玉田(3点目)、61分、76分モンテディオ、94分山村(6点目)。

セレッソの選手交代は、62分玉田→酒本、72分田中→山村、78分清原→澤上。

シュートは、セレッソ15本、モンテディオ10本。

入場者数は、10,025人。(ホーム平均入場者数12,949人〈J2 3位〉)

 

前半アディショナルタイム、松田選手がクロス、これをゴール前に詰めていた玉田選手がダイレクトで合わせて、セレッソ先制。

しかし後半、大黒選手にロビングボールを決められると、さらにソウザ選手がエリア内で相手を倒してPK、これも決められ逆転を許してしまう。

敗戦迫る後半アディショナルタイム、山村選手が決めて土壇場で追いつく。

辛うじて勝ち点1は獲得するも、絶対に欲しかった勝ち点3を取れず。

松本山雅との差を詰められず、エスパルスに抜かれ4位転落となってしまいました。

 

前半、セレッソが優位に進めるも、だんだんと攻撃が手詰まりとなりセレッソが押される展開に。

玉田選手のゴールでリードして折り返し、モンテディオは決定機があったものの攻撃力の強さはさほど感じなかったので、この試合に関しては先にもう1点取れば勝てる!

と思ったのですが、後半連続失点で逆転を許す。

失点シーンやPKを与えたシーンもさることながら、その直前のプレー、いずれも左サイドの守備が非常に拙く、これらが失点につながってしまいました。

土壇場、途中出場の山村が、勝ち点1をもたらすゴール。

山村は、スタメン起用はもちろん、途中からでもちゃんと使っていれば、このシュート力と抜群の高さがあるので、今頃2ケタ得点いってたのではないでしょうか。

ゴールを決めた玉田選手、山村選手の他では、清原選手の攻守にわたっての動きの良さが目をひきました。

でも、清原選手については、もっと攻撃面で活かすべき。

相手が人数をかけて守ってスペースが無い時間帯が多かったですけど、それでも清原選手をスペースに走り込ませるパスを出したり、位置取りや体の入れ方が上手い清原選手が前線に上がっている時に早いクロスを入れるとか。

セレッソのエース・杉本選手は、この試合では、あまり良くなかったように見えました。

さすがに疲労が蓄積してるのか、もしや痛みを抱えているのか、その辺りは分かりませんが、まぁ良くない日もあるでしょう。

次のホーリーホック戦では、ゴールを期待です!

最後にもう1つ、見ていて気になったシーン。

前半、丸橋選手のシュートでゴールキックと思いきや判定はセレッソのコーナー。

すぐ気づいてコーナーに走ったのが清原選手、ショートコーナーに対応しようと動いたのが玉田選手、でも他の選手は動きが無かったように見えました。

早いリスタートでなくとも、判定に不満な意識を持ちながら守備に入る相手の隙を突くチャンスだったわけで、チャンスを逃さない集中力を選手たち皆が今一度しっかりと持ってもらいたいです。

これで僕の今季生観戦時戦績は、3勝2分け3敗となりました。

 

セレッソは、J2リーグ戦37試合を終えて、20勝8分け9敗の勝ち点68、得点56・失点40・得失点差+16、順位は1つ下げて4位。

首位コンサドーレは負けて勝ち点78、2位松本山雅は引分け勝ち点72、3位エスパルスは勝って勝ち点69。

5位ファジアーノは勝ち点63、6位サンガは勝ち点60。

 

セレッソの次戦は、10月30日のJ2リーグ第38節、水戸ホーリーホックとホーム・キンチョウスタジアムで対戦。

残り5試合で2位松本山雅と勝ち点差4、さらには好調エスパルスに上に行かれてしまい、逆転自動昇格はさらに厳しくなりましたが、まずはセレッソが勝って他チームの取りこぼしを待つしかありません。

やはり、まずは先制点、さらに追加点を奪ってもらいたい!

僕的には、攻撃陣のスタメンは、同じく玉田選手&杉本選手&清原選手、そして後半には田代選手を使ってもらいたい!

今度こそ、今度こそは勝ち点3!!!

がんばれ、セレッソ大阪!!!

 

201610232

Img_20161023_160419

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

« ソウザのゴールで先制も追いつかれ、自動昇格圏がまたまた遠のく・・・。~2016年J2リーグ第36節セレッソ大阪vsファジアーノ岡山~ | トップページ | 西本&斧澤のゴールで逆転も追いつかれ、ドロー~2016年J3リーグ第27節セレッソ大阪U-23vs福島ユナイテッドFC~ »

セレッソ大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5841/70251599

この記事へのトラックバック一覧です: 山村の土壇場ゴールで辛うじて引分け。2位と詰められず逆に4位転落。次こそは勝とう!~2016年J2リーグ第37節セレッソ大阪vsモンテディオ山形(生観戦)~:

« ソウザのゴールで先制も追いつかれ、自動昇格圏がまたまた遠のく・・・。~2016年J2リーグ第36節セレッソ大阪vsファジアーノ岡山~ | トップページ | 西本&斧澤のゴールで逆転も追いつかれ、ドロー~2016年J3リーグ第27節セレッソ大阪U-23vs福島ユナイテッドFC~ »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ