« 世界で羽ばたけ!桜の戦士たち!2016-2017 vol.11 | トップページ | ソウザ先制弾、田代復帰弾で連勝。最終節は勝利も内容も!~2016年J2リーグ第41節セレッソ大阪vs東京ヴェルディ~ »

2016年11月 7日 (月)

ラッキーゴールながらも5試合ぶりの勝利。昇格プレーオフまで勝ち続けてJ1復帰を掴み取ろう!~2016年J2リーグ第40節セレッソ大阪vs愛媛FC(生観戦)~

 

「2016明治安田生命J2リーグ」を戦うセレッソ大阪。

昨年J1復帰を逃したセレッソとしては、今年こそはJ1復帰を勝ち取らねばなりません。

11月6日のJ2リーグ第40節、セレッソ大阪は、愛媛FCとホーム・キンチョウスタジアムで対戦しました。

試合結果は、1-0で勝利。

セレッソ大阪オフィシャルサイトの試合記録は、こちら

 

スタメンは、山下選手が引続き欠場で茂庭選手が入り、シャドーには清原選手、サブには負傷から復帰の田代選手、柿谷選手が久々のメンバー入り。

GKキムジンヒョン、DF田中、藤本、茂庭、MF丸橋、松田、山口、ソウザ、杉本、清原、FW澤上。

サブは、丹野、酒本、庄司、関口、山村、柿谷、田代。

得点は、58分杉本(13点目)。

セレッソの選手交代は、29分茂庭→山村、56分澤上→酒本、81分清原→柿谷。

シュートは、セレッソ10本、愛媛FC 9本。

入場者数は、8,714人。(ホーム平均入場者数12,562人<J2 3位>)

 

立ち上がりから愛媛のプレスに苦しめられる。

しかしながら、昨日は、各選手、前へ縦へと狙う動きが見られ、チャンスを作っていく。

29分、茂庭選手は痛みを訴え交代、山村選手はそのまま最終ライン左に入る。

前半は、杉本選手、清原選手が惜しいシュートを放つも、相手GKのナイスセーブに阻まれ、スコアレスで折り返し。

ソウザ選手は、上手くバランスを取りながら配球するなど、効果的な動きを見せる。

前節は攻守とも惨たんたる内容でしたが、昨日は守備の意識が高く、ゴールが奪えなかったものの、攻撃も良い形を見せていました。

 

しかし、後半は、カウンターからチャンスは作るものの、攻撃は膠着状態に。

56分、澤上選手に代わって酒本選手が入り、杉本選手がワントップのポジションに。

酒本選手が、田中選手のパスを受けて切り込みシュートもサイドネット。

セレッソの先制点は、思わぬ形で生まれる。

愛媛DFが味方のパスを受ける際に自ら転倒、杉本選手がこれを逃さずゴールに流し込む。

完全にラッキーゴールでしたが、欲しかった先制点が手に入りました。

杉本選手は、5試合ぶりとなる今季13ゴール目。

先制してから愛媛に押し込まれる場面が続くと、杉本選手が相手にプレッシャーをかけていくよう味方に促す。

カウンターで絶好のチャンスを迎えるも、杉本選手のシュートは枠を捕らえられず。

直後のピンチは、田中選手が体を張ってシュートを防ぐ。 

その後も、セレッソはなかなかチャンスを作れず。

81分、清原選手に代わって柿谷選手がピッチへ。

桜の8番が、6月8日第17節以来、約5か月ぶりとなる復帰、キャプテンマークをキムジンヒョン選手から渡され左腕に。

ポジションは、ワントップではなく、そのままシャドーの左へ。

終了間際、杉本選手のパスからソウザ選手が抜け出し、相手GKに倒されたかに見えましたがノーファウルの判定。

試合は、そのまま1-0で勝利。

5試合ぶりの勝利、ホームでは3試合ぶりの勝利となりました。

 

まずは、前節の崩れた守備を建て直すことができたのは良かった。

実に7試合ぶりとなる無失点ゲーム。

田中選手をはじめ藤本選手、山村選手、山口選手など、体を張った守備で最後まで集中して対応、これを次以降も続けてもらいたいです。

攻撃面では、結局崩してのゴールは生まれず、まだまだ物足りません。

特に後半は、カウンター以外ではこれといったチャンスも作れず。

クロスの数も少なかったですし、クロスやCKの精度の悪さが目に付いたので、今一度意識して臨んでもらいたいです。

 

決勝ゴールを決めた杉本選手。

このところ以前の負傷や疲労の影響があったのか、ちょっと調子を落としていましたが、昨日の90分のプレーを見た印象としては、調子は上向きに感じました。

次の試合でも、健勇ゴールに期待したいと思います。

 

久々に復帰の柿谷選手。

先週のスポーツ紙報道を見ていても、まだ復帰は早いんじゃないか、もしまた悪化したら取り返しがつかなくなる、と思い、僕としてはもう少し様子をみるべき、と思っていました。

昨日は10分余りのプレー、見る限りでは普通にプレー出来ていたので、思っていたより状態は良さそう。

試合後、負傷箇所に痛みがぶり返していないことを祈りつつ、リーグ戦の残り2試合で徐々に慣らして行って、昇格プレーオフにより良い状態で臨めるよう願っています。

ただ、曜一朗には、本当に無理してほしくないので、コンディションの見極めはしっかりと行ってもらいたいです。

 

これにより、今季の生観戦時の戦績は4勝2分け3敗。

6月26日の第20節以来、久々の生勝利となりました☆

Img_20161106_205647_2

Img_20161106_210928_2

 

 

セレッソは、J2リーグ戦40試合を終えて、21勝9分け10敗の勝ち点72、得点59(リーグ3位)・失点45(リーグ10位タイ)・得失点差+14、順位は4位で変わらず。

首位コンサドーレが負けて勝ち点81、2位松本山雅は勝って勝ち点81、3位エスパルスも勝って勝ち点78。

5位サンガは勝ち点66、6位ファジアーノは勝ち点64、7位ゼルビアは勝ち点59、8位横浜FCは勝ち点58。(セルビアはJ1ライセンス未取得)

この結果、セレッソの自動昇格は完全消滅、3位も得失点差からしてほぼ消滅。

一方、前節でJ1昇格プレーオフ出場は決めており、さらに昨日の結果により、4位キープに大きく前進。

 

セレッソの次戦は、今日11月12日のJ2リーグ第41節、東京ヴェルディとアウェイで対戦。

キムジンヒョン選手と山口選手が、代表招集により離脱。

さらに、山下選手に加え茂庭選手のコンディションも心配ですが、最後まで集中を切らす事無く、全員で勝利を掴み取ってもらいたいです。

上昇ムードでJ1昇格プレーオフに挑むため、勝ちを積み上げていこう!

がんばれ、セレッソ大阪!!!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

« 世界で羽ばたけ!桜の戦士たち!2016-2017 vol.11 | トップページ | ソウザ先制弾、田代復帰弾で連勝。最終節は勝利も内容も!~2016年J2リーグ第41節セレッソ大阪vs東京ヴェルディ~ »

セレッソ大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5841/70251640

この記事へのトラックバック一覧です: ラッキーゴールながらも5試合ぶりの勝利。昇格プレーオフまで勝ち続けてJ1復帰を掴み取ろう!~2016年J2リーグ第40節セレッソ大阪vs愛媛FC(生観戦)~:

« 世界で羽ばたけ!桜の戦士たち!2016-2017 vol.11 | トップページ | ソウザ先制弾、田代復帰弾で連勝。最終節は勝利も内容も!~2016年J2リーグ第41節セレッソ大阪vs東京ヴェルディ~ »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ