« 2017年ルヴァンカップ グループステージ第3節~セレッソ大阪vsサガン鳥栖~ | トップページ | 2017年J3リーグ第6節~セレッソ大阪U-23vs栃木SC~ »

2017年5月 1日 (月)

世界で羽ばたけ!桜の戦士たち!2016-2017 vol.26

 

セレッソ大阪から海外のクラブへ移籍した、香川真司選手、乾貴士選手、キムボギョン選手、南野拓実選手、平野甲斐選手、池田樹雷人選手(期限付き移籍)、田代有三選手、およびセレッソからサガンを経て海外のクラブに移籍した楠神順平選手。

彼らの選手たちの活躍を願って、試合出場をはじめとするニュースを掲載する当シリーズ。

今回は、4月18日から4月30日まで。

 

 

南野選手、楠神選手、田代選手がゴール!そして、キムボキョン選手がアシスト!

 

 

《香川真司選手(ドイツ ボルシア・ドルトムント(日本語))》 背番号23

   ※香川選手のオフィシャルサイトはこちら。ブログはこちら。ツイッターはこちら。インスタグラムはこちら

 

4月22日のブンデスリーガ第30節、ボルシアMGと対戦。
香川選手は、ベンチスタートとなり、出場なし。
試合は、3-2で勝利。

4月29日のブンデスリーガ第31節、ケルンと対戦。
香川選手は、スタメン出場、66分に交代。
試合は、0-0で引分け。

ブンデスリーガ31試合を終えて、16勝9分け6敗の勝ち点57、順位は3位。
4位以上が確定し、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場が決定。

 

ドイツカップ。

4月26日のドイツカップ準決勝、バイエルンと対戦。
香川選手は、ベンチスタートとなり、出場なし。
試合は、3-2で勝利。

決勝は、5月27日、フランクフルトと対戦します。

 

チャンピオンズリーグ。

4月19日のチャンピオンズリーグ・準々決勝第2戦、モナコ(フランス)と対戦。
香川選手は、スタメンフル出場。
試合は、1-3で敗戦。

2戦合計3-6で敗れ、準決勝進出ならず。

 

 〔香川選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦18試合(スタメン11試合・フル出場6試合)1ゴール・4アシスト
  ○ カップ戦2試合(スタメン2試合・フル出場2試合)2ゴール・0アシスト
  ○ スーパーカップ1試合(スタメン1試合・フル出場1試合)0ゴール・0アシスト
  ○ CL5試合(スタメン4試合・フル出場4試合)3ゴール・2アシスト

 

 

《乾貴士選手(スペイン エイバル)》 背番号8

   ※乾選手のオフィシャルブログはこちら。ツイッターはこちら。インスタグラムはこちら

 

4月24日のリーガ・エスパニョーラ1部第33節、アスレチック・ビルバオと対戦。
乾選手は、スタメン出場、59分に交代。
試合は、0-1で敗戦。

4月27日のリーガ・エスパニョーラ1部第34節、アラベスと対戦。
乾選手は、スタメンフル出場。
試合は、0-0で引分け。

4月30日のリーガ・エスパニョーラ1部第35節、レガネスと対戦。
乾選手は、スタメンフル出場。
試合は、2-0で勝利。

リーガ・エスパニョーラ1部35試合を終えて、15勝9分け11敗の勝ち点54、順位は8位。

 

 〔乾選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦25試合(スタメン23試合・フル出場6試合)1ゴール・2アシスト
  ○ カップ戦2試合(スタメン1試合・フル出場0試合)0ゴール・0アシスト

 

 

《キムボギョン選手(韓国 全北現代モータース)》 背番号13

   ※キムボギョン選手のツイッターはこちら

 

4月23日のKリーグクラシック第7節、浦項スティーラーズと対戦。
キムボギョン選手は、スタメンフル出場。
1-0で迎えた56分、キムボキョン選手がアシストを決めました。
試合は、2-0で勝利。

4月30日のKリーグクラシック第8節、光州と対戦。
キムボギョン選手は、スタメンフル出場。
試合は、0-1で敗戦。

Kリーグクラシック8試合を終えて、5勝2分け1敗の勝ち点17、順位は首位。

 

 〔キムボギョン選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦8試合(スタメン8試合・フル出場8試合)1ゴール・2アシスト
  ○ FAカップ 試合(スタメン 試合・フル出場 試合)

 

 

《南野拓実選手(オーストリア ザルツブルク)》 背番号18

   ※南野選手のツイッターはこちら

4月22日のオーストリア・ブンデスリーガ第30節、ザンクト・ペルテンと対戦。
南野選手は、ベンチスタートとなり、出場なし。
試合は、2-1で勝利。

4月29日のオーストリア・ブンデスリーガ第31節、リートと対戦。
南野選手は、スタメンフル出場。
試合は、1-1で引分け。

オーストリア・ブンデスリーガ31試合を終えて、21勝6分け4敗の勝ち点69、順位は首位。

 

オーストリアカップ。

4月26日のオーストリアカップ準決勝、アドミラ・ヴァッカーと対戦。
南野選手は、スタメンフル出場。
7分、スルーパスに抜け出し、右足でゴールに突き刺して先制。
87分、前線へ柔らかなパス、ヒチャン選手のシュートは阻まれるも、ヒチャン選手からのラストパスを南野選手がきっちり押し込んで、ダメ押し。
試合は、5-0で勝利。

決勝は、6月1日、ラピド・ウィーンと対戦します。

 

 〔南野選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦16試合(スタメン8試合・フル出場5試合)11ゴール・2アシスト
  ○ カップ戦4試合(スタメン4試合・フル出場3試合)3ゴール・0アシスト
  ○ チャンピオンズリーグ1試合(スタメン0試合・フル出場0試合)0ゴール・0アシスト
  ○ ヨーロッパリーグ4試合(スタメン2試合・フル出場2試合)0ゴール・0アシスト

 

 

《平野甲斐選手(タイ アーミー・ユナイテッド)》 背番号19

   ※平野選手のツイッターはこちら

 

4月18日のタイ・リーグ(T2)第11節、トラートFCと対戦。
平野選手は、出場なし。
試合は、2-3で敗戦。

4月29日のタイ・リーグ(T2)第12節、バンコクFCと対戦。
平野選手は、出場なし。
試合は、1-0で勝利。

タイ・リーグ2(T2)12試合を終えて、4勝4分け4敗の勝ち点16、順位は9位。

 

リーグカップ。

4月22日のリーグカップ・予選プレーオフ、BTUユナイテッドと対戦。
平野選手の出場状況は不明。
試合は、2-1で勝利。

 

 〔平野選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦6試合(スタメン6試合・フル出場4試合)1ゴール
  ○ カップ戦?試合(スタメン?試合・フル出場?試合)
  ○ FAカップ?試合(スタメン?試合・フル出場?試合)

 

 

《池田樹雷人選手(タイ バンコク・グラスFC》 背番号3

   ※池田選手のツイッターはこちら。インスタグラムはこちら

 

4月19日のタイ・リーグ(T1)第9節、ポートFCと対戦。
池田選手は、スタメンフル出場。
試合は、3-0で勝利。

4月22日のタイ・リーグ(T1)第10節、ウボン・UMT・ユナイテッドと対戦。
池田選手は、スタメンフル出場。
試合は、1-0で勝利。

4月30日のタイ・リーグ(T1)第11節、チェンライ・ユナイテッドと対戦。
池田選手は、ベンチスタートとなり、88分から出場。
試合は、0-3で敗戦。

タイ・リーグ(T1)11試合を終えて、6勝2分け3敗の勝ち点20、順位は4位。

 

 〔池田選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦8試合(スタメン3試合・フル出場3試合)0ゴール
  ○ カップ戦 試合(スタメン 試合・フル出場 試合)
  ○ FAカップ 試合(スタメン 試合・フル出場 試合)

 

 

《田代有三選手(オーストラリア ウーロンゴン・ウルブス)》 背番号30

   ※田代選手のインスタグラムはこちら

 

4月23日のオーストラリア ナショナル・プレミアリーグ・ニューサウスウェールズ第7節、Hakoah Sydney City East FCと対戦。
田代選手は、スタメンフル出場。
0-0で迎えた16分、田代選手がCKを頭で合わせて先制ゴール。
試合は、2-0で勝利。

4月29日のオーストラリア ナショナル・プレミアリーグ・ニューサウスウェールズ第8節、Sutherland Sharks FCと対戦。
田代選手は、スタメンフル出場。
7分、クロスを田代選手が右足で合わせてゴールに流し込むも、記録はなぜかO.G.に。
66分、味方が得たPKを田代選手が決めて、2点リード。
さらに、88分、FKを田代選手がニアで合わせて、ダメ押し。
試合は、3-0で勝利。

リーグ戦8試合を終えて、3勝1分け4敗の勝ち点10、順位は7位。

 

 〔田代選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦8試合(スタメン8試合・フル出場8試合)5ゴール

 

 

《楠神順平選手(オーストラリア ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC)》 背番号14

   ※楠神選手のインスタグラムはこちら

 

オーストラリア・Aリーグのレギュラーシーズン27試合を、8勝12分け7敗の勝ち点36、順位は6位でファイナル・シリーズへ。

4月21日のファイナル・シリーズ初戦のエリミネーション・ファイナル、ブリスベン・ロアーFCと対戦。
楠神選手は、スタメンフル出場。
試合は、1-1(SO 5-6)で敗戦、セミ・ファイナル進出なりませんでした。

 

ACLは、グループFに入り、FCソウル(韓国)、浦和レッズ、上海上港(中国)と同組。

4月26日のACLグループリーグ第5節、浦和レッズと対戦。
楠神選手は、スタメン出場、73分に交代。
0-3で迎えた66分、エリア外中央でボールを受けた楠神選手は、自らドリブルでエリア内に持ち込み、相手GKの頭上を越す技ありゴール。
試合は、1-6で敗戦。

ACLグループリーグ5試合を終えて、1勝0分け4敗の勝ち点3、順位は4位、グループリーグ敗退となりました。

 

 〔楠神選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦26試合(スタメン21試合・フル出場16試合)3ゴール
  ○ ACL4試合(スタメン3試合・フル出場2試合)1ゴール

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

« 2017年ルヴァンカップ グループステージ第3節~セレッソ大阪vsサガン鳥栖~ | トップページ | 2017年J3リーグ第6節~セレッソ大阪U-23vs栃木SC~ »

世界で羽ばたけ!桜の戦士たち!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5841/70293729

この記事へのトラックバック一覧です: 世界で羽ばたけ!桜の戦士たち!2016-2017 vol.26:

« 2017年ルヴァンカップ グループステージ第3節~セレッソ大阪vsサガン鳥栖~ | トップページ | 2017年J3リーグ第6節~セレッソ大阪U-23vs栃木SC~ »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ