« セレッソ大阪の日本代表(各世代)選出状況(2006~2017)。 | トップページ | 世界で羽ばたけ!桜の戦士たち!2017-2018 vol.3 »

2017年8月15日 (火)

2017年J1リーグ第21節~セレッソ大阪vs清水エスパルス~

 

「2017明治安田生命J1リーグ」を戦うセレッソ大阪。

8月9日のJ1リーグ第21節、清水エスパルスとアウェイで対戦。

試合結果は、2-3で敗戦。

セレッソ大阪オフィシャルサイトの試合記録は、こちら

 

山村選手がスタメン、山下選手がサブで復帰。

スタメンは、GKキムジンヒョン、DF丸橋、マテイ ヨニッチ、木本、田中、MFソウザ、山口、山村、水沼、FW柿谷、杉本。

サブは、丹野、松田、藤本、関口、福満、秋山、リカルド サントス。

得点は、24分山村(8点目)、33分木本(2点目)、51分、60分、73分エスパルス。

セレッソの選手交代は、65分ソウザ、柿谷→秋山、関口、76分山村→リカルド サントス。

シュートは、セレッソ9本、エスパルス10本。

 

24分、ソウザ選手がCK、ファーサイドの田中選手が競り合いながら頭で折り返し、山村選手がダイレクトボレーでセレッソ先制。

33分、丸橋選手のFKを、木本選手がニアに走り込みながら頭で合わせて、追加点。

前半、2-0で折り返し、勝ち点3に向けてとても良い展開だったのですが・・・。

後半エスパルスに3失点を喫し、あまりにも残念でもったいない逆転負け。

これまで先行逃げ切りパターンで勝ち点を積み上げて来たセレッソでしたが、ダービーに続いての逆転負け。

劣勢になった時に立て直せずズルズルと、そして点を奪いに行く時の攻撃の多彩さがまだまだなのを痛感。

酷暑での厳しい連戦ではありましたが、この試合での課題をしっかりと次の戦いに生かしてもらいたいです。

 

J1リーグ戦22試合を終えて、13勝5分4敗の勝ち点44、得点45・失点25・得失点差+20。

鹿島が勝ったため、約1か月ぶりに首位の座を譲り、2位に。

セレッソが先に試合を終えていた第22節で、首位・アントラーズが敗れ、セレッソとの勝ち点差は2で変わらず。

 

セレッソの次戦は、8月19日のJ1リーグ第23節、ジュビロ磐田とアウェイで対戦。

こちらも今季前半戦で勝てなかった相手、今度は勝ち点3を奪わなければなりません。

今年のセレッソ躍進の原動力となってきた山村選手の負傷はとても痛いけど、総力戦で乗り切ろう!

一戦一戦全力で挑んで、勝ち点3を勝ち取ろう!

頑張れ、セレッソ大阪!!!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

« セレッソ大阪の日本代表(各世代)選出状況(2006~2017)。 | トップページ | 世界で羽ばたけ!桜の戦士たち!2017-2018 vol.3 »

セレッソ大阪」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5841/71360800

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年J1リーグ第21節~セレッソ大阪vs清水エスパルス~:

« セレッソ大阪の日本代表(各世代)選出状況(2006~2017)。 | トップページ | 世界で羽ばたけ!桜の戦士たち!2017-2018 vol.3 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ