« 2017年ルヴァンカップ 準決勝第1戦~セレッソ大阪vsガンバ大阪(生観戦)~ | トップページ | 2017年J1リーグ第29節~セレッソ大阪vsサガン鳥栖~ »

2017年12月30日 (土)

2017年ルヴァンカップ 準決勝第2戦~セレッソ大阪vsガンバ大阪~

 

今年3年ぶりJ1復帰のセレッソ大阪は、カップ戦も3年ぶり。

グループステージは、4勝2分け0敗の勝ち点14でグループB2位となり、今季から新設されたプレーオフステージを勝ち上がって、準々決勝進出。

さらに、準々決勝では浦和レッズと対戦、2戦合計2-2、アウェイゴールにより初の準決勝進出を決めました。

準決勝は、ガンバ大阪との大阪ダービー。

ホーム・ヤンマースタジアム長居で行われた第1戦は、2-2で引分け。

そして、10月8日にアウェイで行われた第2戦は、アディショナルタイム、木本選手の劇的ゴールで勝利!!!

セレッソの1勝1分け、トータルスコア4-3で、クラブ史上初の決勝進出を決めました!!!

セレッソ大阪オフィシャルサイトの試合記録は、こちら

 

今回は、キムジンヒョン選手、山口選手、杉本選手が代表へ、第1戦から丹野選手、木本選手、秋山選手、斧澤選手以外の7人スタメンを入替え、木本選手はセンターバックに。

スタメンは、GK丹野、DF田中、マテイ ヨニッチ、木本、松田、MFソウザ、秋山、斧澤、水沼、FW柿谷、澤上。

サブは、圍、丸橋、山下、関口、福満、清武、リカルド サントス。

うちU-21は、スタメンに斧澤。

得点は、15分柿谷(1点目)、60分ガンバ、95分木本(3点目)。

セレッソの選手交代は、72分斧澤→福満、78分澤上→リカルド サントス、81分松田→丸橋。

シュートは、セレッソ19本、ガンバ7本。

 

15分、秋山選手のパスを受けた柿谷選手が、ペナルティーエリア内で上手く相手のディフェンスを外し左足で決めて、セレッソ先制。

その後も相手に対して圧力をかけて追加点を奪うチャンスを作るも、決め切れず。

すると60分に同点に追い付かれ、このままではアウェイゴールにより敗退となってしまう。

勝ち越すしかないセレッソでしたが、ゴールは奪えずアディショナルタイムに。

そのアディショナルタイムも経過し、まさに終了のホイッスル間際の95分。

ソウザ選手から福満選手、田中選手がダイレクトで右サイドへ、水沼選手がダイレクトクロス、これをゴール前に上がっていた木本選手が頭で合わせて、勝ち越し!!!

土壇場の土壇場で勝利を掴み取った!!!

最後まで諦めない気持ちでクラブ初となる決勝進出を勝ち取った!!!

素晴らしい!!!

 

この勝利により、ルヴァンカップ7勝5分けで無敗継続。

クラブ初タイトルが懸かる決勝は一発勝負、11月4日、vs川崎フロンターレ(@埼玉スタジアム2002)。

 

次の記事は、10月15日のJ1リーグ第29節、サガン鳥栖とのアウェイ戦です。

 

 

【セレッソサイト】

 

セレッソ大阪オフィシャルサイトは、こちら

セレッソ大阪公式ファンサイト「まいど!セレッソ~マイセレ~」は、こちら

セレッソ大阪スポーツクラブホームページは、こちら

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

« 2017年ルヴァンカップ 準決勝第1戦~セレッソ大阪vsガンバ大阪(生観戦)~ | トップページ | 2017年J1リーグ第29節~セレッソ大阪vsサガン鳥栖~ »

セレッソ大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017年ルヴァンカップ 準決勝第2戦~セレッソ大阪vsガンバ大阪~:

« 2017年ルヴァンカップ 準決勝第1戦~セレッソ大阪vsガンバ大阪(生観戦)~ | トップページ | 2017年J1リーグ第29節~セレッソ大阪vsサガン鳥栖~ »

最近のトラックバック

最近のコメント

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ