« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月の4件の記事

2018年1月15日 (月)

【最終】セレッソ大阪アカデミーに在籍した事があるJリーガーの一覧 【2018年】

 

セレッソ大阪のアカデミー(育成組織)に在籍した事がある選手の中で、現在Jリーガーとなっている選手について、昨年に続いて当ブログでまとめてみました。

契約に関するリリースが発表後、随時追記していきます。

なお、JFL、地域リーグについては、把握している範囲で掲載していきたいと思います。

 ※太字が契約更新・移籍発表済、通常字が現時点で未発表、()が現時点で契約満了のみ発表

 

 

○現在セレッソに在籍している選手(14名)

  柿谷 曜一朗
   (セレッソ大阪U-12-セレッソ大阪U-15-セレッソ大阪U-18-セレッソ大阪-徳島ヴォルティス-セレッソ大阪-FCバーゼル<スイス>-セレッソ大阪)

  山口 蛍
   (セレッソ大阪U-15-セレッソ大阪U-18-セレッソ大阪-ハノーファー96<ドイツ>-セレッソ大阪)

  丸橋 祐介
   (セレッソ大阪U-15-セレッソ大阪U-18-セレッソ大阪)

  杉本 健勇
   (セレッソ大阪U-15-セレッソ大阪U-18-セレッソ大阪-東京ヴェルディ-セレッソ大阪-川崎フロンターレ-セレッソ大阪)

  秋山 大地
   (セレッソ大阪U-15-セレッソ大阪U-18-セレッソ大阪-愛媛FC-セレッソ大阪)

  沖野 将基
   (セレッソ大阪U-18-セレッソ大阪)

  西本 雅崇
   (セレッソ大阪U-12-セレッソ大阪U-15-セレッソ大阪U-18-セレッソ大阪)

  斧澤 隼輝
   (セレッソ大阪U-18-セレッソ大阪)

  舩木 翔
   (セレッソ大阪U-12-セレッソ大阪U-15-セレッソ大阪U-18-セレッソ大阪)

  森下 怜哉
   (セレッソ大阪U-18-セレッソ大阪)

  中島 元彦 ※2018年新加入
   (セレッソ大阪U-18-セレッソ大阪)

  山田 寛人 ※2018年新加入
   (セレッソ大阪U-18-セレッソ大阪)

  喜田 陽 ※2018年プロ登録
   (セレッソ大阪U-15-セレッソ大阪U-18-セレッソ大阪)

  瀬古 歩夢 ※2018年プロ登録
   (セレッソ大阪U-12-セレッソ大阪U-15-セレッソ大阪U-18-セレッソ大阪)

 

 

○セレッソトップチーム在籍後、他チームに移籍した選手(13名)

【J1】

  北海道コンサドーレ札幌・ク ソンユン
   (セレッソ大阪U-18-セレッソ大阪-北海道コンサドーレ札幌)

  横浜F・マリノス・扇原 貴宏
   (セレッソ大阪U-15-セレッソ大阪U-18-セレッソ大阪-名古屋グランパス-横浜F・マリノス)

 

【J2】

  水戸ホーリーホック・岸本 武流 ※2018年育成型期限付き移籍
   (セレッソ大阪U-18-セレッソ大阪-水戸ホーリーホック)

  栃木SC・夛田 凌輔
   (セレッソ大阪U-18-セレッソ大阪-大分トリニータ-ザスパクサツ群馬-AC長野パルセイロ-栃木SC)

  栃木SC・温井 駿斗 ※2018年完全移籍
   (セレッソ大阪U-18-セレッソ大阪-FC鈴鹿ランポーレ-セレッソ大阪-栃木SC)

  松本山雅FC・永井 龍 ※2018年完全移籍
   (セレッソ大阪U-15-セレッソ大阪U-18-セレッソ大阪-パース・グローリーFC<オーストラリア>-セレッソ大阪-大分トリニータ-セレッソ大阪-V・ファーレン長崎-名古屋グランパス-松本山雅FC)

  ツエーゲン金沢・庄司 朋乃也 ※育成型期限付き移籍(延長)
   (セレッソ大阪U-18-セレッソ大阪-ツエーゲン金沢)

  レノファ山口FC・丸岡 満 ※2018年期限付き移籍
  (セレッソ大阪U-18-セレッソ大阪-ボルシア・ドルトムント<ドイツ>-セレッソ大阪-V・ファーレン長崎-レノファ山口FC)

  徳島ヴォルティス・前川 大河 ※期限付き移籍(延長)
   (セレッソ大阪U-18-セレッソ大阪-徳島ヴォルティス)

  愛媛FC・小暮 大器
   (セレッソ大阪U-18-セレッソ大阪-徳島ヴォルティス-セレッソ大阪-愛媛FC)

  ロアッソ熊本・小谷 祐喜
   (セレッソ大阪U-15-関西大学第一高校-関西大学-セレッソ大阪-SC相模原-セレッソ大阪-ロアッソ熊本)

 

【J3】

  ガイナーレ鳥取・魚里 直哉 ※2018年新加入→完全移籍
   (セレッソ大阪U-18-関西学院大学-セレッソ大阪-ガイナーレ鳥取)

  鹿児島ユナイテッドFC・阪本 将基 ※2018年完全移籍
   (セレッソ大阪西U-15-セレッソ大阪U-18-セレッソ大阪-鹿児島ユナイテッドFC)

 

 

○セレッソのトップチームを経ずにJリーガーとなった選手(17名)

【J1】

 

 

【J2】

  モンテディオ山形・松岡 亮輔
   (セレッソ大阪ジュニアユース-セレッソ大阪ユース-阪南大学-ヴィッセル神戸-ジュビロ磐田-モンテディオ山形)

  モンテディオ山形・射場 康太朗 ※2018年新加入(アマチュア契約)
   (セレッソ大阪U-18-京都産業大学-モンテディオ山形)

  水戸ホーリーホック・福井 諒司
   (セレッソ大阪U-15-セレッソ大阪U-18-福岡大学-東京ヴェルディ-ギラヴァンツ北九州-柏レイソル-東京ヴェルディ-レノファ山口FC-水戸ホーリーホック)

  水戸ホーリーホック・伊藤 涼太郎 ※2018年育成型期限付き移籍(延長)
   (セレッソ大阪U-15-作陽高校-浦和レッズ-水戸ホーリーホック)

  大宮アルディージャ・河面 旺成
   (セレッソ大阪U-12-セレッソ大阪西U-15-作陽高校-明治大学-大宮アルディージャ)

  横浜FC・田所 諒
   (セレッソ大阪U-15-セレッソ大阪U-18-大阪体育大学-ファジアーノ岡山-横浜FC)

  アルビレックス新潟・河田 篤秀
   (セレッソ大阪U-15-阪南大学高校-阪南大学-アルビレックス新潟シンガポール-アルビレックス新潟)

  ツエーゲン金沢・島津 頼盛 ※2018年新加入
   (セレッソ大阪U-15-興國高校-ツエーゲン金沢)

  ファジアーノ岡山・一森 純
   (セレッソ大阪U-15-セレッソ大阪U-18-関西学院大学-レノファ山口FC-ファジアーノ岡山)

  カマタマーレ讃岐・岡村 和哉
   (セレッソ大阪U-15-セレッソ大阪U-18-大阪学院大学-ロアッソ熊本-V・ファーレン長崎-カマタマーレ讃岐)

  アビスパ福岡・篠原 弘次郎 ※2018年完全移籍
   (セレッソ大阪U-15-セレッソ大阪U-18-東福岡高校-ファジアーノ岡山-ファジアーノ岡山ネクスト-ファジアーノ岡山-ロアッソ熊本-ファジアーノ岡山-アビスパ福岡)

  大分トリニータ・福森 直也
   (セレッソ大阪U-15-金光大阪高校-関西学院大学-大分トリニータ)

 

【J3】

  福島ユナイテッドFC・宇佐美 宏和 ※2018年加入
   (セレッソ大阪U-12-セレッソ大阪U-15-セレッソ大阪U-18-関西大学-栃木SC-湘南ベルマーレ-モンテディオ山形-福島ユナイテッドFC)

  福島ユナイテッドFC・池田 昌生 ※2018年新加入
   (セレッソ大阪U-12-セレッソ大阪U-15-東山高校-福島ユナイテッドFC)

  ザスパクサツ群馬・藤原 雅斗 ※2018年復帰
   (セレッソ大阪U-15-セレッソ大阪U-18-流通経済大学-ザスパクサツ群馬-tonan前橋-ザスパクサツ群馬)

  AC長野パルセイロ・堂安 憂  ※2018年新加入
   (セレッソ大阪西U-15-創造学園高校-びわこ成蹊スポーツ大学-AC長野パルセイロ)

  藤枝MYSC・齊藤 隆成 ※2018年完全移籍
   (セレッソ大阪U-15-藤陽FC-京都サンガF.C.U-18-京都サンガF.C.-佐川印刷京都サッカークラブ-京都サンガF.C.-FC大阪-京都サンガF.C.-水戸ホーリーホック-藤枝MYSC)

 

 

○現在海外チームに在籍している選手(2名)

【オーストリア ブンデスリーガ】

  レッドブル・ザルツブルク・南野 拓実
   (セレッソ大阪U-15-セレッソ大阪U-18-セレッソ大阪-レッドブル・ザルツブルク)

【オーストラリア Illawarra Premier League】

  Corrimal Rangers FC・岡田 武瑠 ※2018年加入
   (セレッソ大阪U-15-セレッソ大阪U-18-セレッソ大阪-FC TIAMO枚方-GKSベウハトゥフ<ポーランド>-FC TIAMO枚方-Corrimal Rangers FC<オーストラリア>)

 

 

○現在JFL、地域リーグのチームに在籍している選手

【JFL】

  ヴィアティン三重・道上 隼人
   (セレッソ大阪U-18-桃山学院大学-松本山雅FC-アスルクラロ沼津-ヴィアティン三重)

  奈良クラブ・山田 晃平 ※2018年加入
   (セレッソ大阪U-15-野洲高校-大阪経済大学-ザスパ草津-コロラド・ラピッズ<アメリカ>-V・ファーレン長崎-AC長野パルセイロ-FC岐阜-奈良クラブ)

  奈良クラブ・大津 耀成 ※2018年完全移籍
   (セレッソ大阪U-15-セレッソ大阪U-18-ザスパクサツ群馬-大分トリニータ-SC相模原-奈良クラブ)

  ホンダロックSC・鶴崎 智貴
   (セレッソ大阪U-18-ホンダロックSC)

  ホンダロックSC・長谷川 将
   (セレッソ大阪西U-15-セレッソ大阪U-18-関西大学-ホンダロックSC)

 

【地域リーグ】

 (関東サッカーリーグ1部)

  栃木ウーヴァFC・森島 康仁 ※2018年完全移籍
   (セレッソ大阪U-15-滝川第二高校-セレッソ大阪-大分トリニータ-川崎フロンターレ-ジュビロ磐田-テゲバジャーロ宮崎-栃木ウーヴァFC)

 (北信越フットボールリーグ)

  サウルコス福井・山城 純也
   (セレッソ大阪U-18-セレッソ大阪-サガン鳥栖-V・ファーレン長崎-ツエーゲン金沢-JAPANサッカーカレッジ-サウルコス福井)

 (関西サッカーリーグ Division1)

  FC TIAMO枚方・堀之内 義博
   (セレッソ大阪ジュニアユース-セレッソ大阪U-18-同志社大学-AC長野パルセイロ-FC TIAMO枚方)

 

 

○現役引退

  徳島ヴォルティス・濱田 武
   (セレッソ大阪ユース-セレッソ大阪-サガン鳥栖-セレッソ大阪-徳島ヴォルティス)
   ※セレッソ大阪サッカースクールコーチ

  アルビレックス新潟・稲田 康志
   (セレッソ大阪U-15-セレッソ大阪U-18-大阪学院大学-ロアッソ熊本-柏レイソル-アルビレックス新潟-)
   ※ベガルタ仙台スクールコーチ

  藤枝MYFC・福王 忠世
   (セレッソ大阪ジュニアユース-セレッソユース-セレッソ大阪-ロアッソ熊本-ガイナーレ鳥取-藤枝MYFC)
  ※清水エスパルスサッカー普及部コーチ

 

 

 

※2019シーズン新加入内定選選手

  愛媛FC・中川 裕仁
   (セレッソ大阪和歌山U-15-セレッソ大阪U-18-興國高校-愛媛FC)

  ツエーゲン金沢・石尾 崚雅
   (セレッソ大阪和歌山U-15-セレッソ大阪U-18-ツエーゲン金沢)

  湘南ベルマーレ・鈴木 冬一
   (セレッソ大阪U-12 -セレッソ大阪U-15-セレッソ大阪U-18-長崎総合科学大学附属-湘南ベルマーレ)

 

 

 

【セレッソサイト】

セレッソ大阪オフィシャルサイトは、こちら

セレッソ大阪公式ファンサイト「まいど!セレッソ~マイセレ~」は、こちら

セレッソ大阪スポーツクラブホームページは、こちら

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

2018年1月11日 (木)

世界で羽ばたけ!桜の戦士たち!2017-2018 vol.7

 

セレッソ大阪から海外のクラブへ移籍した、香川真司選手、乾貴士選手、南野拓実選手、平野甲斐選手、池田樹雷人選手(期限付き移籍)、田代有三選手、およびセレッソからサガンを経て海外のクラブに移籍した楠神順平選手。

彼らの活躍を願って、試合出場をはじめとするニュースを掲載する当シリーズ。

vol.7は、9月29日から1月1日まで。

 

 

《日本代表》

10月の国際親善試合。

香川選手、乾選手が選出、またセレッソから山口選手、杉本選手が選出されました。

10月6日に行われたニュージーランド代表戦の結果は、2-1で勝利。
香川選手はスタメン出場し60分に交代、乾選手はベンチスタートで70分から出場。
セレッソ・山口選手はスタメン出場し93分に交代、杉本選手はベンチスタートで60分から出場。

10月10日に行われたハイチ代表戦の結果は、3-3で引分け。
香川選手はベンチスタートで59分から出場、土壇場で同点ゴール、乾選手はスタメン出場し80分に交代。
セレッソ・山口選手は出場なし、杉本選手はスタメン出場、代表初ゴールを決め、64分に交代。

 

11月の国際親善試合。

乾選手が選出、香川選手は選出されず、またセレッソから山口選手、杉本選手が選出されました。

11月10日に行われたブラジル代表戦の結果は、1-3で敗戦。
乾選手はベンチスタートで70分から出場。
セレッソ・山口選手はスタメンフル出場、杉本選手はベンチスタートで80分から出場。

11月14日に行われたベルギー代表戦の結果は、0-1で敗戦。
乾選手はベンチスタートで78分から出場。
セレッソ・山口選手はスタメンフル出場、杉本選手はベンチスタートで73分から出場。

 

12月のEAAF E-1サッカー選手権2017 決勝大会。

国内組のみ招集、香川選手、乾選手は選出なし、またセレッソから山口選手は負傷のため選出なし、清武選手、杉本選手は選出されましたが負傷により途中離脱。

12月9日の北朝鮮代表戦は1-0で勝利、12日の中国代表戦は2-1で勝利、16日の韓国代表戦は1-4で敗戦。
日本代表は、2勝1敗の勝ち点6で2位。

 

 

《香川真司選手(ドイツ ボルシア・ドルトムント(日本語))》 背番号23

   ※香川選手のオフィシャルサイトはこちら。ブログはこちら。ツイッターはこちら。インスタグラムはこちら

 

9月30日のブンデスリーガ第7節、アウクスブルクと対戦。
香川選手は、スタメン出場、81分に交代。
1-1で迎えた23分、香川選手のゴールで勝ち越し。
試合は、2-1で勝利。

10月14日のブンデスリーガ第8節、ライプツィヒと対戦。
香川選手は、ベンチスタート、出場なし。
試合は、2-3で敗戦。

10月21日のブンデスリーガ第9節、フランクフルトと対戦。
香川選手は、ベンチスタート、58分から出場。
試合は、2-2で引分け。

10月28日のブンデスリーガ第10節、ハノーファーと対戦。
香川選手は、ベンチスタート、46分から出場。
試合は、2-4で敗戦。

11月4日のブンデスリーガ第11節、バイエルンと対戦。
香川選手は、スタメン出場、68分に交代。
試合は、1-3で敗戦。

11月17日のブンデスリーガ第12節、シュトゥットガルトと対戦。
香川選手は、スタメン出場、63分に交代。
試合は、1-2で敗戦。

11月25日のブンデスリーガ第13節、シャルケと対戦。
香川選手は、ベンチスタート、出場なし。
試合は、4-4で引分け。

12月2日のブンデスリーガ第14節、レバークーゼンと対戦。
香川選手は、ベンチスタート、44分から出場。
試合は、1-1で引分け。

12月9日のブンデスリーガ第15節、ブレーメンと対戦。
香川選手は、スタメンフル出場。
1点を追う57分、香川選手がアシスト。
試合は、1-2で敗戦。

12月12日のブンデスリーガ第16節、マインツと対戦。
香川選手は、スタメンフル出場。
89分、香川選手が勝負を決定づけるゴール。
試合は、2-0で勝利。

12月16日のブンデスリーガ第17節、ホッフェンハイムと対戦。
香川選手は、スタメンフル出場。
1点を追う後半、香川選手がPKをゲット。
さらに、89分、決勝ゴールをアシスト。
試合は、2-1で勝利。

17試合を終えて、8勝4分け5敗の勝ち点28、順位は3位。

 

10月24日のドイツカップ2回戦、マクデブルクと対戦。
香川選手は、スタメンフル出場。
79分、香川選手が4点目をアシスト。
さらに90分、自らゴールを決めてダメ押し。
試合は5-0で勝利。

12月20日のドイツカップ3回戦、バイエルンと対戦。
香川選手は、スタメンフル出場。
2点を追う77分、香川選手がアシスト。
試合は1-2で敗戦。

 

チャンピオンズリーグは、グループHでレアル・マドリード(スペイン)、トッテナム(イングランド)、アポル(ギリシャ)と同組。

10月17日のチャンピオンズリーグ・グループリーグ第3節、アポエルと対戦。
香川選手は、スタメンフル出場。
試合は、1-1で引分け。

11月1日のチャンピオンズリーグ・グループリーグ第4節、アポエルと対戦。
香川選手は、スタメンフル出場。
29分、香川選手は先制点をアシスト。
試合は、1-1で引分け。

11月21日のチャンピオンズリーグ・グループリーグ第5節、トッテナムと対戦。
香川選手は、スタメン出場、66分に交代。
試合は、1-2で敗戦。

12月6日のチャンピオンズリーグ・グループリーグ第6節、レアル・マドリードと対戦。
香川選手は、スタメン出場、92分に交代。
試合は、2-3で敗戦。

グループリーグ6試合を終えて、0勝2分け4敗の勝ち点2、順位は3位。

この結果によりチャンピオンズリーグの決勝トーナメント進出はならず、辛うじてヨーロッパリーグへ滑り込み。

 

 〔香川選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦13試合(スタメン7試合・フル出場3試合)3ゴール・2アシスト
  ○ カップ戦3試合(スタメン2試合・フル出場2試合)1ゴール・2アシスト
  ○ スーパーカップ0試合(スタメン0試合・フル出場 試合)0ゴール・0アシスト
  ○ CL5試合(スタメン5試合・フル出場2試合)0ゴール・2アシスト
  ○ EL 試合(スタメン 試合・フル出場 試合) ゴール・ アシスト

 

 

《乾貴士選手(スペイン エイバル)》 背番号8

   ※乾選手のオフィシャルブログはこちら。ツイッターはこちら。インスタグラムはこちら

 

10月1日のラ・リーガ第7節、ビジャレアルと対戦。
乾選手はスタメンフル出場。
試合は、0-3で敗戦。

10月15日のラ・リーガ第8節、デポルティーボと対戦。
乾選手は、ベンチ外。
試合は、0-0で引分け。

10月22日のラ・リーガ第9節、レアル・マドリードと対戦。
乾選手はスタメンフル出場。
試合は、0-3で敗戦。

10月29日のラ・リーガ第10節、レバンテと対戦。
乾選手は、スタメンフル出場。
試合は、2-2で引分け。

11月5日のラ・リーガ第11節、レアル・ソシエダードと対戦。
乾選手はスタメンフル出場。
試合は、1-3で敗戦。

11月20日のラ・リーガ第12節、ベティスと対戦。
乾選手は、スタメンフル出場。
試合は、5-0で勝利。

11月25日のラ・リーガ第13節、アラベスと対戦。
乾選手は、スタメン出場、86分に交代。
試合は、2-1で勝利。

12月3日のラ・リーガ第14節、エスパニョールと対戦。
乾選手は、スタメンフル出場。
試合は、3-1で勝利。

12月9日のラ・リーガ第15節、ヘタフェと対戦。
乾選手は、スタメン出場、63分に交代。
試合は、0-0で引分け。

12月16日のラ・リーガ第16節、バレンシアと対戦。
乾選手は、スタメンフル出場。
49分、乾選手が先制ゴール。
これが、乾選手にとって今季初ゴール。
試合は、2-1で勝利。

12月21日のラ・リーガ第17節、ジローナと対戦。
乾選手は、スタメンフル出場。
開始早々の1分、乾選手が電光石火の先制ゴール。
2-1で迎えた54分、乾選手がこの日2点目となるゴール、これがラ・リーガ通算7万ゴールのメモリアル弾。
スペインでは、2017年5月のバルセロナ戦に続いての1試合2ゴール。
試合は、4-1で勝利。

17試合を終えて、7勝3分け7敗の勝ち点24、順位は7位。

 

スペイン国王杯4回戦、セルタと対戦。

10月25日の第1戦。
乾選手は、ベンチスタート、73分から出場。
試合は1-2で敗戦。

11月28日の第2戦。
乾選手は、ベンチスタート、出場なし。
試合は0-1で敗戦。

2戦2敗となり、4回戦敗退。

 

 〔乾選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦16試合(スタメン16試合・フル出場11試合)3ゴール・1アシスト
  ○ カップ戦1試合(スタメン0試合・フル出場0試合)0ゴール・0アシスト

 

 

《南野拓実選手(オーストリア ザルツブルク)》 背番号18

   ※南野選手のツイッターはこちら

 

10月1日のオーストリア・ブンデスリーガ第10節、ヴォルフスベルガーと対戦。
南野選手は、負傷のためベンチ外。
試合は、2-1で勝利。

10月14日のオーストリア・ブンデスリーガ第11節、ラスクと対戦。
南野選手は、負傷から復帰してベンチスタート、81分から出場。
試合は、3-1で勝利。

10月21日のオーストリア・ブンデスリーガ第12節、アドミラと対戦。
南野選手は、ベンチスタート、57分から出場。
試合は、1-1で引分け。

10月28日のオーストリア・ブンデスリーガ第13節、アルタッハと対戦。
南野選手は、ベンチスタート、67分から出場。
1点リードの81分、南野選手は、追加点をアシスト。
試合は、2-0で勝利。

11月5日のオーストリア・ブンデスリーガ第14節、ザンクト・ペルテンと対戦。
南野選手は、スタメン出場、81分に交代。
35分、南野選手が先制ゴール。
さらに、2-1で迎えた80分、南野選手がこの日2点目となるゴールを決めて追加点。
試合は、3-1で勝利。

11月19日のオーストリア・ブンデスリーガ第15節、ストゥーム・グラーツと対戦。
南野選手は、ベンチスタート、62分から出場。
試合は、5-0で勝利。

11月26日のオーストリア・ブンデスリーガ第16節、ラピード・ウィーンと対戦。
南野選手は、スタメン出場、71分に交代。
試合は、3-2で勝利。

11月29日のオーストリア・ブンデスリーガ第17節、マッターズブルクと対戦。
南野選手は、ベンチスタート、71分から出場。
1点リードの92分、南野選手がダメ押しゴール。
試合は、2-0で勝利。

12月3日のオーストリア・ブンデスリーガ第18節、オーストリア・ウィーンと対戦。
南野選手は、スタメン出場、74分に交代。
試合は、1-1で引分け。

12月10日のオーストリア・ブンデスリーガ第19節、ヴォルフスベルガーと対戦。
南野選手は、スタメン出場、69分に交代。
試合は、0-0で引分け。

12月16日のオーストリア・ブンデスリーガ第20節、ラスクと対戦。
南野選手は、スタメン出場、60分に交代。
試合は、0-0で引分け。

20試合を終えて、12勝7分け1敗の勝ち点43、順位は2位。

 

10月25日のオーストリアカップ3回戦、バートグライヘンベルクと対戦。
南野選手は、スタメン出場、77分に交代。
試合は3-0で勝利。

 

ヨーロッパリーグは、グループIでマルセイユ(フランス)、ヴィトーリア(ポルトガル)、コンヤスポル(トルコ)と同組。

10月19日のヨーロッパリーグ・グループリーグ第3節、コンヤスポルと対戦。
南野選手は、ベンチスタート、77分から出場。
直後の80分、南野選手は、追加点をアシスト。
試合は、2-0で勝利。

11月2日のヨーロッパリーグ・グループリーグ第4節、コンヤスポルと対戦。
南野選手は、ベンチスタート、69分から出場。
試合は、0-0で引分け。

11月23日のヨーロッパリーグ・グループリーグ第5節、ヴィトーリアと対戦。
南野選手は、ベンチ外。
試合は、3-0で勝利。

12月7日のヨーロッパリーグ・グループリーグ第6節、マルセイユと対戦。
南野選手は、ベンチスタート、出場なし。
試合は、0-0で引分け。

グループリーグ6試合を終えて、3勝3分け0敗の勝ち点12、順位は1位で決勝トーナメント進出。

 

 〔南野選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦14試合(スタメン8試合・フル出場1試合)4ゴール・2アシスト
  ○ カップ戦2試合(スタメン2試合・フル出場0試合)1ゴール・0アシスト
  ○ チャンピオンズリーグ3試合(スタメン3試合・フル出場1試合)1ゴール・0アシスト
  ○ ヨーロッパリーグ3試合(スタメン0試合・フル出場0試合)0ゴール・1アシスト

 

 

《平野甲斐選手(タイ ランパーンFC)》 背番号8

   ※平野選手のツイッターはこちら

 

10月8日のタイ・リーグ(T2)第32節、カセサートFCと対戦。
平野選手は、スタメンフル出場。
試合は、5-3で勝利。

10月15日のタイ・リーグ(T2)第33節、チェンマイFCと対戦。
平野選手は、スタメンフル出場。
試合は、1-3で敗戦。

10月21日のタイ・リーグ(T2)第34節、サムットソンクレーム RエアラインFCと対戦。
平野選手は、出場なし。
試合は、0-1で敗戦。

タイ・リーグ2(T2)32試合を終えて、13勝8分け11敗の勝ち点47、順位は6位。

 

 〔平野選手の今季出場状況〕

 (ランパーンFC)

  ○ リーグ戦14試合(スタメン12試合・フル出場9試合)0ゴール
  ○ カップ戦?試合(スタメン?試合・フル出場?試合)
  ○ FAカップ?試合(スタメン?試合・フル出場?試合)

 (アーミー・ユナイテッド)

  ○ リーグ戦10試合(スタメン8試合・フル出場6試合)1ゴール
  ○ カップ戦?試合(スタメン?試合・フル出場?試合)
  ○ FAカップ?試合(スタメン?試合・フル出場?試合)

 

 

《池田樹雷人選手(タイ バンコク・グラスFC》 背番号3

   ※池田選手のツイッターはこちら。インスタグラムはこちら

 

10月14日のタイ・リーグ(T1)第30節、ポリス・テロFCと対戦。
池田選手は、スタメンフル出場。
試合は、4-0で勝利。

10月22日のタイ・リーグ(T1)第31節、チョンブリーFCと対戦。
池田選手は、出場なし。
試合は、1-1で引分け。

11月8日のタイ・リーグ(T1)第32節、パタヤ・ユナイテッドと対戦。
池田選手は、出場なし。
試合は、2-5で敗戦。

11月12日のタイ・リーグ(T1)第33節、ナコンラチャシマーFCと対戦。
池田選手は、スタメンフル出場。
試合は、1-2で敗戦。

11月18日のタイ・リーグ(T1)第34節、SCGムアントン・ユナイテッドと対戦。
池田選手は、スタメン出場、68分に交代。
試合は、0-2で敗戦。

タイ・リーグ(T1)34試合を終えて、16勝8分け10敗の勝ち点56、順位は5位。

 

池田選手は、バンコク・グラスFCとの期限付き移籍終了とともに、セレッソ大阪との契約も満了となり、2018年、愛媛FCへの完全移籍となりました。

新天地でレギュラーとなって活躍できるよう頑張れ、樹雷人!!!

 

 〔池田選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦24試合(スタメン18試合・フル出場16試合)0ゴール
  ○ カップ戦 試合(スタメン 試合・フル出場 試合)
  ○ FAカップ?試合(スタメン?試合・フル出場?試合)

 

 

《田代有三選手(オーストラリア ウーロンゴン・ウルブス)》 背番号30

   ※田代選手のインスタグラムはこちら

 

オーストラリア ナショナル・プレミアリーグ・ニューサウスウェールズ。

リーグ戦22試合を終えて、12勝1分け9敗の勝ち点37、順位は6位。

ファイナルシリーズ進出ならず、シーズン日程終了。

田代選手は、リーグのベストイレブンに選出。

 

田代選手は、2018シーズンも引続きウーロンゴンウルブスでプレーすることが決定。

有三、2018も頑張れ! 応援してるよ!!!

 

 〔田代選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦21試合(スタメン20試合・フル出場17試合)10ゴール

 

 

《楠神順平選手(オーストラリア ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC)》 背番号14

   ※楠神選手のインスタグラムはこちら

 

2017-2018オーストラリア・Aリーグは10月6日開幕。

10月8日のオーストラリア・Aリーグ第1節、パース・グローリーと対戦。
楠神選手はスタメンフル出場。
1点リードの46分、楠神選手が追加点となるゴール。
試合は、2-1で勝利。

10月14日のAリーグ第2節、セントラル・コースト・マリナーズと対戦。
楠神選手は、スタメン出場、64分に交代。
試合は、2-2で引分け。

10月21日のAリーグ第3節、シドニーFCと対戦。
楠神選手はベンチスタート、出場なし。
試合は、2-2で引分け。

10月29日のAリーグ第4節、ニューキャッスル・ジェッツと対戦。
楠神選手は、スタメンフル出場。
試合は、1-1で引分け。

11月6日のAリーグ第5節、メルボルン・ヴィクトリーと対戦。
楠神選手はスタメンフル出場。
試合は、1-1で引分け。

11月12日のAリーグ第6節、メルボルン・シティFCと対戦。
楠神選手は、スタメン出場、60分に交代。
試合は、1-1で引分け。

11月26日のAリーグ第8節、アデレード・ユナイテッドと対戦。
楠神選手は、スタメン出場、64分に交代。
試合は、0-2で敗戦。

12月2日のAリーグ第9節、ブリスベン・ロアーFCと対戦。
楠神選手は、スタメンフル出場。
試合は、0-2で敗戦。

12月9日のAリーグ第10節、シドニーFCと対戦。
楠神選手は、ベンチスタート、57分から出場。
試合は、0-2で敗戦。

12月16日のAリーグ第11節、セントラル・コースト・マリナーズと対戦。
楠神選手は、スタメン出場、83分に交代。
試合は、2-0で勝利。

12月22日のAリーグ第12節、ニューキャッスル・ジェッツと対戦。
楠神選手は、スタメンフル出場。
試合は、0-2で敗戦。

1月1日のAリーグ第13節、メルボルン・シティFCと対戦。
楠神選手は、ベンチスタート、10分から出場、85分に交代。
試合は、2-1で勝利。

12試合を終えて、3勝5分け4敗の勝ち点14。

 

10月24日のFFAカップ 準決勝、アデレード・ユナイテッドと対戦。
楠神選手は、スタメン出場、80分に交代。
試合は1-2で敗戦。

 

 〔楠神選手の今季出場状況〕

  ○ リーグ戦11試合(スタメン9試合・フル出場5試合)1ゴール
  ○ カップ戦4試合(スタメン4試合・フル出場1試合)0ゴール

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

2018年1月 2日 (火)

第97回天皇杯 決勝~セレッソ大阪vs横浜F・マリノス(生観戦)~

 

「第97回天皇杯」は、4月22日開幕。

J1のセレッソ大阪は2回戦から登場、2回戦で新潟医療福祉大学、3回戦でアルビレックス新潟、4回戦で名古屋グランパスに勝利して、3年ぶりの準々決勝進出。

準々決勝では大宮アルディージャに勝利して、6年ぶりの準決勝進出。

準決勝ではヴィッセル神戸に勝利して、セレッソとして14年ぶり4度目の決勝進出。

そして迎えた元日決戦、1月1日の天皇杯決勝、横浜F・マリノスと埼玉スタジアム2002で対戦しました。

試合結果は、延長戦の末、2-1で逆転勝利!

天皇杯、セレッソとして、ついに初の頂点に!!!!!

ルヴァンカップに続き、二冠の快挙!!!!!

やったーーーーー!!!!!

セレッソ大阪オフィシャルサイトの試合記録は、こちら

 

スタメンは、GKキムジンヒョン、DF丸橋、マテイ ヨニッチ、木本、松田、MFソウザ、山口、清武、水沼、FW柿谷、山村。

サブは、丹野、田中、山下、福満、酒本、秋山、リカルド サントス。

得点は、8分F・マリノス、65分山村(1点目)、95分水沼(3点目)。

セレッソの選手交代は、77分丸橋→田中、80分柿谷→リカルド サントス、119分ソウザ→秋山。

シュートは、セレッソ16本、F・マリノス15本。

 

第74回、第81回、第83回と過去3度、決勝で涙を飲んだセレッソ。

セレッソとして初の天皇杯獲得!!!!!

クラブ初タイトルとなったルヴァンカップと合わせて二冠!!!!!

最高ーーーーーーーー!!!

 

今季生観戦時の戦績は、10勝3分け2敗となりました☆☆

Img_20180101_142552

Img_20180101_140628

Img_20180101_143206

Img_20180101_143413

180101_165833_ed

180101_171634_ed

180101_171840_ed

180101_172951_ed

180101_174007_ed

180101_174159_ed

180101_174230_ed

180101_174454_ed

【最終】2017年セレッソ大阪 時間帯別得失点。(2018年1月1日現在)

 

2017年、ユンジョンファン監督の下、3年ぶりのJ1を戦っているセレッソ大阪。

ここでは、時間帯別得点・失点について、まとめていきます。

 

 計53試合(J1 34試合・ルヴァン13試合・天皇杯6試合)

 《時間帯別得点》 98(65+20+13)

   ○ ~15分 13(6+5+2)

   ○16~30分 13(9+2+2)

   ○31~HT  12(8+4+0)

   ○HT~60分 16(11+3+2)

   ○61~75分 21(18+2+1)

   ○76~FT  18(13+4+1)

   ○91~105   3(0+0+3) 天皇杯延長戦

   ○106~FT   2(0+0+2) 天皇杯延長戦

 

 《時間帯別失点》 56(43+9+4)

   ○ ~15分  5(4+0+1)

   ○16~30分  8(5+2+1)

   ○31~HT   9 (7+2+0)

   ○HT~60分 10(8+2+0)

   ○61~75分 11(9+2+0)

   ○76~FT  12(10+1+1)

   ○91~105   1(0+0+1) 天皇杯延長戦

   ○106~FT   0(0+0+0) 天皇杯延長戦

 

 

セレッソ大阪U-23の時間帯別得点・失点について。

 

 J3 32試合

 《時間帯別得点》 39

   ○ ~15分  2

   ○16~30分  5

   ○31~HT   4

   ○HT~60分  9

   ○61~75分  7

   ○76~FT  12

 

 《時間帯別失点》 43

   ○ ~15分  3

   ○16~30分  4

   ○31~HT   5

   ○HT~60分 12

   ○61~75分 10

   ○76~FT   9

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ